◎11月17日(金)                             コメント
 
 
◎航空幕僚長感謝状贈呈式

防衛省航空幕僚長から感謝状を贈呈されるということで、

早朝から東京に向かいました。

贈呈式は防衛省近くのホテルで行われ、全国各地から

個人表彰は20名、団体表彰は10団体が出席されていました。

贈呈式では、航空幕僚長の岩杉山良行氏から一人ひとりに

感謝状と記念品が手渡されました。

今回の表彰は私にとっては大変名誉な事であり、国の防衛と

自衛隊の任務の重要性について再認識するとともに、

今後とも航空自衛隊の発展に寄与してまいりたいと心を新たにしたところです。

明日はわが町の産業祭がありますので、贈呈式終了後、

羽田空港へ向かい帰路に着きました。

_H291118 ko (01).jpg  _H291118 ko (4).jpg

_H291118 ko (16).jpg  _H291118 ko (25).jpg

環境作文入賞者表彰式

◎11月16日(木)                             コメント


◎決裁

今日は決裁日でしたので、各課の事務進捗状況を確認しながら、

決裁を行いました。
 
 
 
◎表敬訪問:韓日親善文化交流会

韓国ソウル市から韓日親善文化交流会の千光男会長始め5名の方が

みやこ町を訪問下さいました。

今回はみやこ町豊津囲碁クラブとの囲碁を通じた交流会です。

私も囲碁を愛好していますので出席し、歓迎とお礼のご挨拶を申し上げました。

メンバーの一人、韓永信先生は日本語力がとても高く俳句を詠まれる程です。

また、皆さんと話す中で、日本文化にとても関心を持たれていると感じました。

近年、政治外交課題を抱えている日韓関係は厳しい面もありますが、

過去は過去として捉え、今を生きている私たちは未来志向にならなければならない

と思っています。

今後とも、こうした草の根交流を続けながら親睦を深めていきたいと考えています。

参加下さいました関係者を始め、今回のお世話をして下さいました渡辺氏、矢野氏に

厚くお礼申し上げます。
 
H291116 ka (1).jpg  H291116 ka (2).jpg

H291116 igo (1).jpg  H291116 igo (2).jpg


◎正副議長との打ち合わせ

12月議会に向け、正副議長らに議案の説明を行いました。
 
 
 
◎職員組合団体交渉

先般、みやこ町職員組合から要望書の提出がありましたので、

本日は、その回答を行いました。

効率的・効果的な行政サービスが提供できるように、今後も

組合と協議しながら働きやすい職場環境の整備に努めて

参りたいと思っています。



◎環境作文入賞者表彰式

みやこ町では、将来を担う子供たちに「環境」について関心を持ってもらう

ことを目的として、毎年、環境作文コンクールを行っています。

今年は6月の環境月間に合わせて募集したところ124点もの応募が

ありました。

応募いただきまして誠にありがとうございます。

本日は、その中から入賞された4名の表彰式を行いました。

 最優秀賞には、白川里奈さん(勝山中学校2年)

 優秀賞には、奥村麻琴さん(育徳館中学校3年)

 佳作には、小松義隆さん(勝山中学校1年)、岡野菜月さん(犀川中学校3年)

が選ばれました。

どの生徒の作品も実に見事に書いていました。

本町は、自然豊かな環境に恵まれています。

当たり前のように思っているこの環境も、実はかけがえのないものであり、

私たちの行動一つで良くも悪くもなります。

いつまでも自然豊かなみやこ町でありつづけるためには、私たち一人ひとりが

環境保全に努めて行かなければなりません。

できることから実行し、環境保全の輪が広がっていくことを期待しています。

なお、最優秀賞の白川さんの作文は広報みやこっちゃの12月へ掲載されます

ので是非、皆さんもご一読をお願いします。 → 「広報みやこっちゃPDF版」

H291116hyo (01).jpg  H291116hyo (02).jpg

H291116hyo (03).jpg  H291116hyo (4) - コピー.jpg


県庁要望活動

◎11月15日(水)                             コメント


◎福岡県町村会理事会

福岡県町村会理事会に出席のため、今日も福岡市まで出かけました。

高速道路ができたと雖も、やはり長距離移動は疲れます。
 
 
午前中の理事会では、来年2月に開催予定である福岡県町村長セミナー、

並びに福岡県町村会定期総会の日程について協議しました。

協議の結果、福岡県町村長セミナーは2月9日に、

福岡県町村会定期総会は2月28日に開催することが決まりました。

尚、次回の理事会は12月5日開催予定です。
 
 
   
◎知事・県幹部と町村会理事との協議会

午後は、最初に福岡県県土整備部に対して道路関係等の要望活動を行いました。

次に小川知事を始めとする県執行部全員が出席される中、福岡県町村会の

要望活動を行いました。

各地域の実情をご理解戴き、要望事項が早期に実現するようお願い致します。
 
23511291_1263715243732312_7587290480519372537_o.jpg


◎11月14日(火)                             コメント
 
 
 
◎来客

今朝は京築広域圏消防本部の緒方消防長らが決裁に見えました。
 
 
その後、時事通信社から専門情報誌「地方行政」の原稿執筆の

依頼に見えました。

冊子には町の紹介を掲載して頂けるということでしたので依頼を

引き受けました。

これから原稿の準備したいと思います。
 
 
 
◎福岡県固定資産評価審議会

午後からは、福岡県庁内で開催された福岡県固定資産評価審議会委員に

出席しました。

本審議会は、固定資産評価基準の内容またはその実施細目について、

県知事の諮問に応ずるために設置された機関です。

福岡県町村会の推薦により今年度から、本審議会委員に就任しています。

本日の審議会では「平成30年度分の固定資産税に係る基準値価格(案)

について」審議しました。

固定資産税は、住民税と並んで市町村の歳入の大きな部分を占めており、

住民税に比べて、景気に左右されない安定的な財源です。

固定資産税の基礎となる重要な事項ですので、評価の適正化に資するよう

慎重に審議いたしました。

 
 
会議終了後、帰庁し、夕方からは愛郷音楽祭に向けてのコーラスに参加しました。
 
 23519249_1527189377372068_72425437295442361_n.jpg
 

◎イベントのご案内です!

第12回みやこ町産業祭よってこ犀祭inみやこ

今週18日(土)、19日(日)みやこ町産業祭「よってこ犀祭」が行われます。

 会場:みやこ町役場犀川支所前広場(福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646)

皆様のご来場をお待ちしております。

よってこ犀祭H291118~1119.jpg

行政改革推進本部会議

◎11月13日(月)                             コメント
 
 
◎行政改革推進本部会議

本町は他の自治体に比べ合併の影響で公共施設の数が多い自治体です。

これをどのように統廃合すればいいのか悩ましい問題です。

もし、これを看過してしまうと、その「つけ」は必ず後で回ってきて、

財政(赤字)再建団体へと転落してしまう危険性があります。

そのようになってからでは遅いので、先を見据えた行財政改革を進めてまいり

たいと考えています。


◎京築広域市町村圏事務組合

本日午後からは豊前市役所内で京築広域市町村圏事務組合理事会並びに

組合議会定例会が開催されました。

理事会並びに組合議会定例会では、いずれの議案も了承され閉会しました。



みやこ町公民館まつり

◎11月12日(日)                             コメント
 
 
◎ みやこ町公民館まつり

本日は、第12回みやこ町公民館祭りが関係者の皆様の

ご協力の下、中央公民館で開催されました。

まつりでは子ども達に、コマまわしなどの昔ながらの遊びの体験や、

実際に竹や木等を使って工作し、竹とんぼやゴム鉄砲、竹笛等のおもちゃを

作るコーナなどが準備されていました。

また、西日本工業大学の学生らも参加し、バルーンアートによる可愛い作品で

会場を盛り上げてくださいました。
 
 
午後からは科学実験教室が開かれました。

実験では光の屈折により、色が変化している様子を子供らは真剣な眼差しで

見つめ先生の話に聞き入っていました。


昔は、今のようにお金を払えば何でも買えるという訳ではなく

自分たちで身近な自然や手作りの道具を使い、ルールや遊び方も自分達で

想像力を膨らませて創意工夫をすることで遊びの楽しみを広げていました。

本日の体験が創造力や、創意工夫する力などを刺激し、子ども達の将来に

少しでも役に立てばと思っています。

開催にあたり、ご協力くださっています関係者にお礼申し上げます。
 
23434952_1260983930672110_7939224137669760666_n.jpg  ko2.jpg


◎11月11日(土)                             コメント
 
 
 
「全国国分寺サミット2017in伊賀国分寺」二日目の本日は伊賀市内の

国史跡を見学しました。

伊賀市は京都や奈良に近く、古くから尾張(名古屋市)へ通じる大事な

要所として栄えてきました。市内には文化遺産も多く存在し、それらは

京都、奈良文化の影響を受けているようです。
 
 
下の写真は伊賀市の「だんじり」です。

「だんじり」と云うと大阪府岸和田市で行われる「岸和田だんじり祭」

をイメージしてしまいますが、伊賀市の「だんじり」は優雅で、京都の

山鉾に似ているような気がします。

この「だんじり」を用いた「上野天神祭のダンジリ行事」は、平成14年2月に

国の重要無形民俗文化財に指定され、昨年11月にはユネスコ無形文化遺産

「山・鉾・屋台行事」に登録されています。

いつの日にか、ゆっくり見学してみたいものです。

また、伊賀といえば忍者の里としても有名です。

街中には忍者に扮して闊歩する人がいたり、市内の至る所に忍者アイテムが

あったりと、忍者で地域おこしに力を入れています。

今回のサミットで伊賀市を訪れ、多くのこと学びました。これらのことを

みやこ町の活性化やPRにも繋がるようにしたいと思っています。

iga1.jpg  iga4.jpg
 
iga2.jpg  iga3.jpg
 
 
◎小倉駅での出来事

国分寺サミットの帰りに小倉駅のホームで電車を待っていると、

私の前で話しをしていた高齢者グループの中の一人が突然倒れて

線路へ転落してしまいました。

突然の出来事で驚きましたが、咄嗟に私と随行の木村君、そして周り

にいた数名が線路へ飛び降り、偶然にも転落された近くにあった

ホーム下の避難所へ移し、大事には至りませんでした。

駅のホームから線路へ降りたのは初めてのことです。

飛び降りた時は高さを感じませんでしたが、いざ上へあがろうとすると

自力では上がることができない程の高さで、上から手を引っ張てもらい

やっとのことで上がることができました。

転落された方は、線路近くで話しており、眩暈をおこして転落したようです。

我々も年齢を重ねるとこのようなことが起るのかもしれません。

もしこれが車の運転中だったらと考えると、本当に怖いものがあります。

普段からの体調管理には気を付けようと思います。

転落された方の無事を祈りながら帰路につきました。


◎11月10日(金)                             コメント
 
 
第11回全国国分寺サミット2017に出席のため、三重県伊賀市に

来ています。
 
この国分寺サミットは、全国の国分寺、国分寺跡を持つ自治体が集まり、

これらの保存や活用といった課題について情報交換し、地域の魅力の

1つとして情報発信すことと、併せて全国の国分寺、国分寺跡所在の

自治体と交流を深め、文化財を活かしたまちづくりや観光に寄与する

ことを目的に開催されています。

本日のサミットでは、最初に岡本栄伊賀市長の歓迎のご挨拶に始まり、

参加市町と国分寺の紹介がありました。

次に、梶原義実名古屋大学大学院准教授から

「国分寺の造営と『地域力』」と題し、基調講演が行われました。

23380366_1259591754144661_938213595882020697_n.jpg  23472211_1259591810811322_6917818668815431232_n.jpg

講演終了後は、パネルデスカッションが行われました。

みやこ町は第1回目の国分寺サミット開催地ということで、私も

パネリストとして登壇し、本町のPRと、町における国分寺への

取り組み等について紹介しました。

その後、参加市町によるサミット宣言が行われ、最後に全体を通じて

近江俊秀文化庁文化財調査官から本日のサミットに対する論評がありました。

23434749_1259591760811327_2271242528651591964_n.jpg  23434869_1259591757477994_3210145047726190450_n.jpg


国分寺は、聖武天皇(天平741年)の時代に、仏教により国家の安寧を

目指し、全国に68か所に建立されたもので、これらの地域は国分寺とともに

発展して来たと思います。

現在では建物そのものが残っている所は少ないようですが、

幸いにもみやこ町には立派な国分寺が残っています。

今後も地域のシンボルであり貴重な歴史的価値があるこの国分寺を

町民の皆様とともに大切にし、更なる文化の推進に努力したいと思った次第です。

豊津平成学級

◎11月9日(木)                             コメント


◎豊津平成学級

午前中は、豊津平成学級の講師として

「みやこ町の歴史、みやこ町の現状、未来を創るための行財政改革」について、

1時間半、お話をさせて戴きました。


我が町の置かれている状況を考えてみると、人口減、少子高齢化、国から

の交付税削減、公共施設維持管理等、多くの難問を抱えています。

しかし、未来を担う子どもたちの将来に禍根を残すことはできません。

今日は、現在起きている問題や、今後起こりうる様々な問題について説明し、

これらの問題に対し、皆さんと一緒に力を合わせて取り組み、

元気なみやこ町にしていきたいと申し上げました。

まずは、行財政改革をしっかり行って参りたいと考えています。

H291109 to.JPG
 
 
 
◎講座終了後、京都の銀閣寺へ向かいました。

みやこ町と銀閣寺とは、5年前、銀閣寺に伝わる「無雙真古流」

という華道の宗家がみやこ町勝山の木村家であったことが分かった

ことから交流のご縁をいただいています。

今回、銀閣寺の「無雙真古流」等の学習講座開設にあたりご案内を

いただきましたので、当時の役員の方も代わられたこともあり、

今後の交流についてのお願いを兼ねて、ご挨拶に伺いました。

日本が誇る世界遺産である銀閣寺とみやこ町との交流がこれを機に

更に深まることを願っています。
 
23435477_1258832454220591_52815159_n.jpg  23476942_1258832474220589_1595431668_n.jpg

本日は千客万来

◎11月8日(水)                             コメント
 
 
 
◎来客:竹下国土交通省北九州国道事務所長

先日、竹下国土交通省北九州国土事務所長へのアポイントを

お願いしたところ、こちらへ来る用事があるということで

本日は所長がわざわざ役場までお越しくださいました。

町内には国道201号と国道496号の2つの国道が通っています。

国道201号は、福岡県を東西に横断し、福岡都市圏から筑豊

地域を経由して苅田町へ至る唯一の大動脈であり、北部九州

全体の経済発展の一翼を担う重要な基幹道路です。

飯塚市から香春町にかけてはバイパス化、拡幅整備が進んでいますが、

みやこ町区間については、未だ路線決定されていない状況です。

国道496号は、大分県から英彦山野峠を越えて、祓川沿いに、みやこ町

犀川帆柱から行橋まで延びる国道です。

伊良原ダム建設に伴い、一部は整備されていますが、依然として狭隘な

部分が多く、交通に支障をきたしいる状態です。

これらの道路改良についてのお願いをしました。
 
 
 
◎来客

福岡県河川開発課長、ダム事務所長らが今後のスケジュール等の

説明に見えました。
 
 
 
◎決裁

今日は決裁日ですので、事務の進捗状況を確認し、決裁を

行いました。
 
 
 
◎来客

福岡県市町村支援課の職員が、来週14日に開催される

福岡県固定資産評価審査会の事前説明に来られました。
 
 
 
◎来客:吉廣啓子苅田町長

苅田町の吉廣啓子町長が、退任の挨拶に来られました。

吉廣町長は今週末の11月12日に任期満了を迎えます。

平成17年11月13日に就任して以来、苅田町の発展に

力を注ぎ3期12年間を無事勤めあげられましたことを

心よりお祝い申し上げます。

今後の躍進とさらなるご発展を心よりお祈りいたします。

お身体には十分お気を付け下さい。

お疲れさまでした。


◎表敬訪問

町内の若竹クラブ(バドミントン)に所属している小学校6年生の

楠森美羽さん(町内在住)と、黒田小学校4年生の梅林智哉君が

バドミントンの全国大会に出場することが決まったということで

表敬訪問に来られました。

10月21日~22日に開催された第34回全九州小学生

バドミントン選手権大会において、楠森美羽さんは、同クラブの

川野楓華さんとペアを組み6年生以下女子ダブルスの部で準優勝を、

梅林智哉君は吉元颯汰君(泉小)とペアを組み5位入賞を果たし、

いずれも全国大会出場の切符を手にしました。

全国大会は、平成29年12月22日(金)~26日(火) 

広島県立総合体育館で行われます。

日頃の練習の成果を出し切って、優勝を目指して欲しいと思っています。

H291108 ba.JPG

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by Movable Type 5.04