平成筑豊鉄道の維持と再生に向けて

◎6月3日(土)                             コメント
 
 
◎平筑役員会・経営会議

平成筑豊鉄道株式会社取締役会・役員会及び経営会議が福智町公民館

金田分館で行われました。

平成筑豊鉄道の経営状況は、人口減少や少子高齢化の進展、自動車利

用者の増加などの影響により、乗車数が年々減っており大変厳しくなっています。

今後10年間をどのように対応するのか。

これまでも様々な努力と工夫で改善を図ってまいりました。

経営立て直しのために、社長を公募し、再建を図ることも考えています。

一度、廃止になると復活することは難しいものがあります。

維持していくためには今一度、多くの皆様にこの現状を知って戴き、

応援して戴くことが一番だと考えます。

私も利用できるときは利用し、また、周りの人にもそうした声掛けをして

います。

皆さん「乗って残そう平成筑豊鉄道」です。

応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

yjimage.jpg  電車.jpg
 
 
◎平成筑豊鉄道の社長公募をしたところ約90名の応募があったと報告を受けました。

経営手腕があり、平成筑豊鉄道への情熱がある方に社長に就任して戴き、

元気な平成筑豊鉄道へと生まれ変わるよう願っています。

我々としても最大限の応援をし、再建していきたいと考えています。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Powered by Movable Type 5.04