第34回歯と口の健康フェア

◎6月4日(日)                             コメント
  
 
本日「第34回歯と口の健康フェア」がサン・グレートみやこで開催されました。

フェアの開催に向け多大なご尽力をいただきました京都歯科医師会の皆さま、

並びに関係各位のご協力に感謝申し上げます。

館内では歯と口の健康に関する様々な催しのほか、80歳になっても自分の歯を

20本以上持っている方々や、標語入賞者、川柳入賞者、よい歯の児童生徒ら、

そして図画・ポスター入賞者らの表彰が行われました。

標語の最優秀賞は森早希さん(仲津中)の「はみがきは 自分みがきの 第一歩」でした。

川柳の最優秀賞は渡会克男さんの「写メに撮り 孫の歯並び 成長期」でした。

優秀賞の中には「歯と髪の 残りを競う 同窓会」という川柳もありましたが、どちらも分か

る歳になりました...。

また、多くの児童生徒らから図画・ポスターを応募して戴きました。

ここに厚くお礼申し上げます。

我々が健康で暮らしていくためには、食事をする時、しっかり噛み、食さなければいけません。

そのためには健康な歯が大切です。

また、歯と口の健康を保つことは、体の健康を保つとこにも結び付きます。

皆さん、歯を磨き、歯を大事にし、元気に過ごしましょう‼︎
 
H290604hato (2).jpg  H290604hato (1).jpg  

H290604hato (3).jpg  H290604hato (4).jpg

H290604hato (7).jpg  H290604hato (8).jpg

H290604hato (0).jpg  H290604hato (6).jpg


 

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Powered by Movable Type 5.04