平成30年 新年のご挨拶

◎1月1日 (月)  元旦                         コメント
 
 
        縁起の良い門松のイラスト.jpg

新年あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、夢と希望に満ちた平成30年の新春を健やかに

お迎えのことと心からお慶び申し上げます。また、平素より町政運営に

格別のご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 
 
さて、本年は、干支で言えば「戌年」です。

賢く愛らしく、周りの人々を幸せな気持ちにしてくれる犬は昔から縁起

の良い、幸せを運ぶ動物と言われています。どうか今年一年、皆様の元

に幸せがワンさか集まりますことをお祈りいたします。
 
  
少し、昨年を振り返ってみますと、本町にとっては、収穫の多い年で

あったと思っています。

2月には、みやこ町と西日本工業大学とが、地域の発展と人材の育成な

どを目的とした連携協定を締結することができました。

4月には、町内5つの神楽団体が「福岡県豊前神楽保存連合会」に加入

し、国の重要無形民俗文化財となるという嬉しいニュースもありました。

6月には、囲碁の七大タイトル戦の一つ、もっとも歴史のあるタイトル

とも言われている本因坊戦をみやこ町で開催して頂き、大盛況のうちに

幕を閉じることができました。

12月には、2020年東京オリンピックの開催に向け、本町と公益財団

日本オリンピック委員会(JOC)、オセアニアオリンピック委員会(ONOC)

との間で、2020年東京オリンピック事前キャンプ実施に係る基本合

意書の調印を行いました。この機会を活かして、今後は町の魅力を世界

中の方に知っていただけるように繋げて参りたいと思っています。

また、長年かかった伊良原ダムもようやく堤体が完成し、既に試験

湛水が始まっています。ダム完成に合わせて周辺整備も着々と進ん

でおり、新たな観光交流集客施設として期待しているところです。
 
 
本町には、素晴らしい人材、豊かな自然と歴史、そして文化があります。

こうした、みやこ町にしかないオンリーワンを活かしながら、今年は

昨年以上に、全員全力でみやこ町を盛り上げ、実りの多い年にしていき

たいと思っています。ふるさとみやこに住んで本当によかったと実感し

ていただけるようなまちづくりを目指し、身を引き締め、誠意をもって

取り組んでまいりますので、町政発展に向け変わらぬご理解、ご協力を

賜りますようよろしくお願いいたします。
 
 
結びに、本年が皆様にとって、健康で幸多き一年となりますよう心から

お祈り申し上げ、年頭の挨拶といたします。


                  平成30年1月1日
   
                    みやこ町長 井上 幸春


                H300101 sin10.png



2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.04