全国水源林造林協議会連合会総会

◎5月16日(水)                             コメント
 
 
 
◎全国水源林造林協議会連合会総会

第55回全国水源林造林協議会連合会通常総会に出席しました。

福岡県水源林造林協議会の会長は、加治前香春町長が務められて

いましたが、勇退されましたので、私が、後継として会長となり、

初めて全国水源林造林協議会連合会総会に参加してまいりました。

提案された議案は、総会において全て了承され終了しました。


総会終了後、説明会が開催され、林野庁から「森林環境税(仮称)及

び新たな森林管理システム」についての説明が行われました。

政府は、森林整備等の財源として、森林環境税(仮称)及び森林

環境譲与税(仮称)を創設し、新たな森林管理システムの構築を

目指しているということでした。

国土保全や水源の確保、更には森林の整備を行う事は、地球温暖

化防止にもつながるものだと考えます。

また、この法律が施行され、新たな森林管理システムが構築され

ると、地方自治体の森林管理への役割が、大きく様変わりをして

きます。

これからは、この法律の中身をしっかり勉強し、森林活性化に務め

てまいる所存です。
 
 
 
zen1.jpg  zn2.jpg
 
講演終了後、懇親会が行われましたが、明日の補正予算査定会議出席のため

会式後退席させて頂き、帰路につきました。

 
 
 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by Movable Type 5.04