2012年10月アーカイブ

クマワリファームでは、糸島市、北九州市、にて研修視察を実施しました。ジャンボタニシの活用農法や、ビオトープ採りくもや、活用等の実例。日本一といわれる、伊都菜々の見学などとても充実した2日間でした。RIMG5460.JPGRIMG5462.JPG組合員の集合写真と、ネギの売り場を研修する組合員。

くまわりファームでは、毎年年3回のくまわり祭りで、昼食を兼ねた試食会を開催し大熊の美味しい米をPRしていますが、美味しい交流会兼試食会の模様をアップします。RIMG5427.JPG今回は秋の新米試食会でしたが、恒例のオニギリと地域の野菜がふんだんに入った、豚汁でした。漬物や梅干も皆さんに好評でした。

昨日餅の刈り取りが終わりました。今週末はくまわりファーム恒例の研修視察です。今年は糸島地方の農家での勉強会です。午前中に響灘ビオトープを視察します。大掛かりなビオトープですが私たちの活動に取り入れる何かがあればと思っています。佐渡島の朱鷺、豊岡市のコウノトリと日本を代表する生き物を農業に取り入れるプロジェクトの聖地に、昨年その前年といってきましたが、早くからビオトープの創設やその概念をとりいれている、くまわりファームですが今年は響灘ビオトープというタイムリーな視察先がありラッキーです。

秋晴れのもとくまわり祭りは大盛会でした。RIMG5394.JPG初めてネギを収穫しました。祭り用です。
RIMG5412.JPGRIMG5435.JPG

10月21日日曜日、各地でいろいろなイベントや催しがありますが、私たちの組合も地域のイベントとして、恒例のくまわり稲刈り祭りを開催します。今年で14年目の開催です。毎年年3回のイベントを開催していますので41回目のくまわり祭りとなります。今年は天気もよいようなので楽しい農業体験や、大熊の自然を満喫できると思います。RIMG4352.JPG昨年の様子です。

ネギがすくすくと成長している隣の圃場で、今年はキャベツと白菜を栽培しています。その植え付け後の状態を報告します。雨が降らない日が続きとても心配しましたが、組合員の皆さんがみずやりなどをしていただいたお陰で、元気に根付いたように思います。今日はキャベツや白菜の上をたくさんのモンシロチョウが飛んでいました。風景としてはとても良いものでしたが、おそらく青虫の発生が予想されます。結局今後の手入れが必要と思います。RIMG5391.JPGRIMG5392.JPGRIMG5393.JPG

久しぶりにネギの圃場。隣に白菜とキャベツを植えました。くまわりファームは野菜部会を設立し、野菜作りに足を入れました。RIMG5388.JPGRIMG5389.JPG

RIMG5390.JPG久しぶりにネギの圃場。隣に白菜とキャベツを植えました。くまわりファームは野菜部会を設立し、野菜作りに足を入れました。RIMG5389.JPG