2011年9月アーカイブ

今日9月20日あいにくの雨の中、みやこ町井上町長及び担当者と福岡県からご来宅いただき、
母へのお祝いの言葉とともに長寿祝いを戴きました。

P9200005-1.JPG


お祝い状は、みやこ町井上幸春町長、福岡県小川洋県知事、野田佳彦内閣総理大臣からです。

P9200009-1.JPG


母は1912年(明治45年)1月6日生まれで、来年の1月に百歳になります。
多少背中は曲がりましたが足腰は達者で、今日まで病気らしい病気をしたことも無く、
来客にもしっかりした会話が出来ています。

今年の夏の暑さにも負けず、早朝に庭や畑の草取りをしたり、道路の落ち葉を掃いたり、
日照りが続くと水道のホースで庭木に水遣りもします。

母は、「たいした病気もせずにきたので、今日まで生きてこれた。
お蔭でみやこ町や福岡県や総理大臣からお祝いをもらえた。」と喜んでいました。

思いもかけない人たちからお祝いをしてもらったことで、今日が生涯の中で一つの節目になり、
またこれからの励みにもなったことと思います。

みやこ町役場の関係者の方々ありがとうございました。

毘沙門の丘

| コメント(0) | トラックバック(0)

暑い夏の日でしたが、犀川に出かけたついでに寄り道をして、毘沙門の丘に登ってみました。

犀川駅から木井馬場に向かって牛切峠を越えて下っていくと、道沿いの左側に稜線が木井馬場の集落にせり出したような雑木が茂った丘があります。
登り口に「毘沙門天」と書いた赤い鳥居が建っています。

毘沙門の丘
P5090062.JPGbisya-torii.JPG


1185年、関東武家の宇都宮信房は、鎌倉幕府の命によって九州に下り、今井の港から上陸して木井馬場の神楽山城を居城としました。

神楽山
P5090001.JPGkagurajyou.JPG


神楽山城の鬼門に当たるこの丘に、守護神として毘沙門天を祀り、記念に松の木を植えたそうです。

bisya-kannban.JPG


以前は丘の上に、ひと際高く数本の松の木がそびえ、地元の人達に「信房お手植えの松」として親しまれていたそうですが、昭和51年頃に松くい虫によってことごとく枯れ死しています。

丘の上には、当時をしのぶように大きな松の切り株が所々に残っています。

毘沙門社
bisyamon-hokora.JPGbisyamon-kabu.JPG


今でも地元の人達は、丘の上の毘沙門社で毎年祀りの神事を行なっているそうです

今日9月13日、みやこ町議会定例会本会議一般質問を傍聴に行きました。
午前中は原田議員、飯本議員が質問に立ち、井上町長との白熱したやり取りを傍聴することができました。

一緒に傍聴に行った先輩が"仲秋の十五夜に里芋を掘って供えた"と言ったので、ハッと思って調べてみました。
仲秋の十五夜には、古来季節の農作物として収穫した里芋をお供えする風習があるそうです。
里芋は子芋、孫芋をどんどん増やすことから、縁起物としてお祝い事に使われてきたとのことです。

みやこ町では犀川鐙畑で「あぶみの里いも」というブランドの里芋を生産していますので、早速鐙畑の緒方久志さん宅を訪ねました。
緒方さん宅では9月初めから里芋の出荷をしているとの事で、作業場に出荷待ちの里芋が並んでいました。

P9130009.JPGP9130018.JPG


若いお嫁さんが丁度里芋が煮あがったとの事で、出来たての温かい煮っころがしをご馳走になりました。
鐙畑の里芋はしっかりしていて、薄く切っても煮崩れしないとの事で、食べてみると程よい歯ごたえで、独特の食感があり美味しく戴きました。
(里芋の煮っころがしは、食べるのに夢中で写真に撮るのを忘れました。)

鐙畑は土壌がよいことと一日の温度差が大きいことが、美味しい里芋が育つ要素との事でした。

P9130024.JPG


間もなくみやこ町の直売所にも、犀川鐙畑産の「あぶみの里いも」がお目見えすることと思います。

今秋、蛇渕キャンプ場で国際交流イベントを計画していますので、
設備などの見学とキャンプ場の説明を聞くために、現地に行ってきました。

夏休みを過ぎたキャンプ場はひっそりとして、辺りの空気がさわやかで、
森林の静けさを取り戻していました。

キャンプ場案内所.-1JPG.JPGキャンプ場コテージー2-1.JPG


こだま荘の研修施設やコテージなどを視察しましたが、
平成21年にリニューアルオープンしたキャンプ場は、すべての施設が真新しく、
布団などの備品も充分整っていて、大いに利用しなければもったいない気がします。

キャンプ場室内ー1-1.JPGキャンプ場室内ー2-1.JPG


イベントはこれから色々と案を練って、楽しい催しを計画したいと思っていますので、
具体的に決まれば皆様にもご案内したいと考えています。

キャンプ場こだま荘-1.JPGこだま荘ロビー-1.JPG