2011年12月アーカイブ

いよいよ12月も押し迫った25日、うっすらと雪が積もった寒い朝になりましたが、
年末恒例の行事として、村の神様にしめ縄と門松を飾り付けました。


PC250008 (2) (350x263).jpgPC250010 (2) (300x225).jpg


お宮の境内を掃き清めて門松を飾り、神社の鳥居や拝殿などにしめ縄を飾り付けると、
日ごろ見慣れた神社も清々しくなり、新年をお迎えする雰囲気になりました。


PC250016 (2) (300x225).jpgPC250011 (2) (350x263).jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
正月の行事は、年神様を迎えて実り豊かな年であることを願うための行事です。
門松飾りは年神様がおりてくる目印であり、しめ飾りは年神様をお迎えする場所を
清めるための飾りといわれています。

飾り付けの日までに門松用の竹を切り揃えて準備し、この年採れた稲わらと松や梅の枝を持ち寄って、
村の有志で飾り付けをします。

縁起物の南天や千両を彩りよく添えて、見栄えよく仕上げました。


PC250023 (2) (300x400).jpg

よってこ四季犀館では、今日からクリスマス恒例の「から揚げ実演販売」が行なわれています。

毎年クリスマスに四季犀館の店頭で行なわれている「クリスマスチキン」の揚げたて即売イベントです。
今年もエトウ唐揚店のご主人夫婦が、手際よくから揚げを揚げていました。

PC230004-1.JPGPC230010-1.JPG

四季犀館に買い物に訪れたお客様は、あたりに漂うから上げの香りに「美味しそうだね」
と言いながら、足を止めて揚げたてのから揚げを買い求めていました。

大変美味しいから揚げなのでお勧めです。


PC230017-1.JPGPC230014-1.JPG

まだ味わったことのない方、ぜひ「よってこ四季犀館」へよってこ!!

今年のから揚げ実演販売は23日、24日、25日です。

gouranndo-2.JPG
先月26日「サングレートみやこ」で、みやこ町古墳フォーラムが開催されました。


fo-ramu-2.JPG
勝山黒田にある綾塚古墳の実測図が、ロンドンの大英博物館に保存されているそうです。

明治5年から大阪造幣寮に技師として滞在していたウイリアム・ゴーランドが、日本からイギリスに送った資料です。
ウイリアム・ゴーランドは日本の古墳研究の先駆者ですが、同時に日本アルプスの命名者としても知られています。

昨年の4月みやこ町呰見で呰見大塚古墳が発掘され、6世紀後半頃の装飾古墳として公開されました。

azami-2-2.JPG


装飾古墳は京築地方では初めての発見です。
ootika-4-2.JPGootuka-5-2.JPG

貴重な遺跡と判明する前は、古墳の内部を自由に撮影させてもらえましたが、側壁に装飾が確認されたために立ち入り禁止になりました。

ootuka-2-2.JPGazami-1-2.JPG


現場は、東九州自動車道豊津インター建設の予定地で、工事も少しずつ進んでいますが、
古墳は遺跡として何らかの方法で保存するそうです。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04