2013年4月アーカイブ

会津を舞台に、NHK大河ドラマ「八重の桜」が放映されています。

戊辰戦争で明治新政府軍に敗れた会津では、その責任を取って会津藩家老:萱野権兵衛が切腹しました。
萱野権兵衛の次男:郡長正もまた、留学先の豊津藩校育徳館で自刃しています。

会津藩を支えた会津武士道とは一体何だったのでしょうか。   CIMG2080 (2) (900x675).jpg
みやこ町中央図書館に、漫画で表した「郡長正物語」があります。


この、会津藩校日新館発行の冊子には、見出しのページに次のように
記述されています。

美しい自然と清澄な空気に包まれて広がる会津。
この静かな故郷で、
約百二十年前、
貴い生命のいくたが 無残にも散っていったと
誰が想像できるでしょうか。
会津藩家老・萱野権兵衛は、
いわれなき逆賊の汚名を一身に負って
世を去りました。
郡長正はその父を、
そして会津藩を 最後まで誇りとしていました。

郡長正ら7人の少年が留学した豊津藩校・育徳館には、
今でも 当時の校門が残されています。
長正たちは、
どんな感慨を抱いて この門をくぐったのでしょうか。
それは「会津武士の代表としての
誇りと責任感」だったに違いありません。
郡長正は、
白虎隊が 天下に示した会津武士道を、
故郷を遠く離れた九州の地で
見事に受け継いだのです。

・郡長正公墓前法要は、5月1日、午前11時から豊津甲塚墓所で執り行われます。

・関連記事「京築まるごとナビ」をご覧ください 

昨年までの蛇渕キャンプ場山開きは、
いつも雨が降っていました。


DSC06583 (2) (900x598).jpg


今年は週間天気予報によると、雨は降らない様です。
たぶん大丈夫です。

先日、取材を兼ねてキャンプ場によりましたが、
早くも淡いピンクのシャクナゲが咲きはじめていました。
山開きの当日には、五分ぐらいは咲いているのではないでしょうか。


DSC06573 (2) (900x598).jpg


春の陽気と共に木々の新芽が湧きたつ季節、
山あいの蛇渕キャンプ場に降り立っただけで、心が洗われる気分です。


DSC06580 (2) (900x598).jpg


4月27日は、鶯がさえずる蛇渕キャンプ場の山開きに寄ってみませんか。

関連記事は、京築まるごとナビ

つい先ごろまで開花を待ちわびていた桜もいつしか散ってしまい、
早くも若葉がきらめく新緑の季節が訪れようとしています。

活気みなぎる4月は、社会生活の中で新しい出発の月として色々な儀式が執り行われます。

平成25年度の「京築応援団便り」も新年度を迎え、第1回編集会議が豊前総合庁舎会議室で開かれました。


CIMG2043 (2) (900x675).jpg


会場には2市5町の行政担当者と民間ボランティアの編集委員が集い、
福岡県広域地域振興課:地域企画監の石田氏による挨拶と、編集委員任命式に続き、
むこう1年間の編集スケジュールについて協議が行われました。


CIMG2050 (2) (900x675).jpg  CIMG2055 (2) (900x675).jpg


編集に取り掛かる「京築応援団便り」夏号は、7月~9月までの期間に合わせてテーマを決め、
内容を編集して6月末をめどに発行される予定です。

今年度初の編集打ち合わせ会議は、大方が顔なじみのメンバーでしたが、
和やかな雰囲気の中にも各人が新たな思いで意見交換を行い、掲載記事と取材の役割分担が決まりました。

京築の情報をしっかりと発信していく予定ですので、夏号の出来栄えを楽しみにお待ちください。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04