2015年7月アーカイブ

みやこ町歴史文化カレッジ講座が始まりました。

CIMG3740 (2) (1024x745).jpg


第1回目は、中西義昌先生が「みやこ町とその周辺の城郭」というテーマで、
これまでの調査・研究内容をお話ししました。

CIMG3745 (2) (1024x756).jpg


戦国時代から江戸時代初期にかけての豊築地域は、近年の中世城館調査から横堀+畝状空堀群による
複雑な防塁ラインを持つ戦国期城郭がまとまって分布している。

img002 (1024x767).jpg

この地域では、戦国領主の秋月氏、高橋氏を中心として、長野氏、城井氏、野仲氏らによる強大な領主連合が
大友方勢力を圧迫し、北部九州を席巻している姿が見えてきた。

九州に出兵した豊臣秀吉も、急速に勢力を伸ばしたこの領主連合に対し、島津氏対策の前に秋月氏や高橋氏を討伐することが
最重要課題であったため、黒田官兵衛にその役割を期待した。


戦国時代から安土桃山~江戸時代に急速に発達した城郭の仕組みを理解することで、各地に点在する城郭遺跡は、
歴史を語る郷土の物証資料となる、と話しました。

みやこ町周辺に点在する城郭遺跡は、築城の背景を物語る調査結果が明らかにされると、
見わたす景色の中に、戦国武将たちの壮大な歴史ロマンが広がります。

昨年の上毛町松尾山修験めぐりに続いて、今年は豊前市の求菩提山修験めぐりを計画。
豊前市、行橋市、みやこ町などから8人のメンバーが参加して、コースづくりの下見を実施。

CIMG3550 (2) (1024x768).jpg


昨日から今朝にかけての雨で、足が滑りながらの現地探査でした。
求菩提山麓にはそこかしこに修験道遺跡が残っています。

CIMG3619 (2) (1024x768).jpg


案内板も整備されていて分かりやすい。

CIMG3570 (2) (1024x768).jpg


汗をかきながらの遺跡めぐりでしたが、上宮でゆずジュースの一杯が最高でした。
秋までにはコースを決めて発表する予定です。

CIMG3519 (2) (1024x768).jpg


福岡や北九州方面から、大勢の人たちが京築に来て頂ければと思っています。

みやこ町国際交流協会は、海外の異文化に触れ理解を深めるため、
ロシアに留学し演奏活動をしていたヴァイオリニスト:山中恵理子さんを
お招きして講演会を開催します。

img001 (725x1024).jpg


山中恵理子さんはチャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院に学び、
ロシアで演奏活動をしていましたが、現在は帰国して日本各地で演奏活動中です。

今回は、音楽の勉強で日々を過ごしたモスクワでの生活や、
ソヴィエト時代のロシアなどについてお話をしていただきます。

  モスクワ クレムリンと赤の広場
CIMG2442 (2) (1024x768).jpg


興味深いロシアのお話と、ヴァイオリンも演奏していただきますので
是非ご参加ください。

・日時:平成27年7月18日(土)  午前10時~12時
・場所:みやこ町ユータウン犀川 2階多目的ホール  (平成筑豊鉄道 犀川駅舎)
・連絡先:みやこ町国際交流協会 (担当 馬場 ☎0930-33-3884)
(参加費用はどなたでも無料です)