2016年1月アーカイブ

平成28年1月24日、九州は記録的な大雪。

みやこ町でもこれまでになく降り積もり、夜明けには一面の銀世界が広がりました。

切れ間なく舞い落ちるボタン雪のなか、午前11時、思い切って車にチェーンを巻き、
国分寺まで出かけました。


DSC01522 (2) (1280x850).jpg


奈良時代に聖武天皇が命じて建立された豊前国分寺。

戦国時代に大友氏の戦火によって焼失しましたが、江戸時代に復興され
三重塔は明治期に宮本住職の悲願によって再建されました。


DSC01557 (2) (1280x850).jpg


深々と降る雪の中で、しばらくの間シャッターチャンスを待っていました。
見上げる三重塔の優雅な姿が雪にかすみ、はるか古の天平文化を忍ばせてくれました。


DSC01532 (2) (1280x850).jpg

撮影日:2016.1.24

苅田郷土史研究会:塩塚誠氏による「挟間畏三氏についての研究発表」が、
美夜古郷土史学校で行われた。


CIMG5166 (2) (1280x960).jpg


明治の国学者:挟間畏三氏は現在の京都郡苅田町岡崎に生まれ、
村上仏山の私塾:水哉園で国学を学んだ。

挟間家は豊後大友氏の流れをくみ、大分の挟間村を統治したという挟間一族で、
その先祖の一人が豊前の国に転出したと言われている。


畏三氏が住んだ京都郡には、古事記や日本書紀ゆかりの地名や古墳などが数多く存在するとして、
天孫降臨の地は日向の高千穂ではなく京都平野だとする「神代帝都考」を著し、末松謙澄氏の序文を添えて
宮内省に提出したが、引用した地名にあまりにも強引なこじつけが多く、また明治の皇国史観から
皇室の尊厳を傷つけるとして取りあげられなかった。


その後、「神代帝都考」は友石孝之氏の解説によって脚光を浴び、偉大な国学者と称えられ、
出身地の岡崎に「挟間畏三先生碑」が建立された。


CIMG5169 (2) (1280x958).jpg

追伸
NHKテレビで、金曜日夜10時から「ファミリーヒストリア」が放映されています。
著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、家族の繋がりの意外性に感動する番組です。

挟間畏三氏の三女が、歌手:森山良子さんの祖母にあたるとのことで、この番組で放映されるそうです。
予定では2月5日夜10時からとなっていますが、放映日の変更があるかも分かりませんので、
注意しながら見て頂きたいと思います。

撮影日:2016.1.21

いよいよ、NHK大河ドラマ「真田丸」が始まりました。

真田家の家臣団といえば、「真田十勇士」ですね。
実在かどうか分かりませんが、ドラマでは忍びの者として猿飛佐助が登場しています。

真田の郷:信州は古くから山岳信仰が栄え、修験道の霊場になっていました。
そこで修行を積み肉体を鍛えて験力を得た修験者が、忍びとなって全国を飛び回り、
諜報活動を行ったと伝えられています。

地方の有力大名にとっては貴重な情報源になり、
真田家も修験者を「忍びの者」として、巧みに活用したそうです。

のちに猿飛佐助や霧隠才蔵の活躍ぶりが軍記物で紹介され、
爆発的な忍者ブームになりました。

CIMG5164 (2) (1280x960).jpg

今、 取りかかっている「京築応援団だより、春号」では、京築の修験道を取り上げ、
現在も松尾山、求菩提山、等覚寺で「松会」として伝承されている「修験道の祭り」を紹介します。
3月1日発行の予定ですので、お楽しみに。

撮影日:2016.1.19

パソコンの勉強会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今や、若者・年配者を問わず生活の必需品となっているパソコン。
自宅に居ながらにして、インターネットで情報収集や買い物ができる便利なツールです。


みやこ町でも、パソコンを使いこなして日常の生活に役立てたい、
と考える人たちがどんどん増えているようです。

犀川末江集会所では、そんな思いの人たちが夕食後に集まって、
パソコンの勉強会を開いています。

CIMG5153 (2) (1280x960).jpg


パソコンは、うまく使いこなそうとしても、一歩つまずくと中々次に進めない
厄介な代物です。


ここでは初心者が熟練者にアドバイスをしてもらって、
ストレスなくパソコンに馴染んでいけています。

CIMG5149 (2) (1280x960).jpg


この日はそんな人たちが集まって、メンバーが新しく購入した処理スピードが速いパソコンの
使い勝手の良さを確かめていました。

CIMG5152 (2) (1280x960).jpg


みんなで世間話をしながら和気あいあいと、
楽しくパソコン操作技術の習得に取り組んでいます。

撮影日:2016.1.12

近所の農家でミニ葉牡丹を栽培しています。

ミニ葉牡丹は8月頃種をまき、育った苗を一本一本圃場に定植します。
年末には綺麗に色づいて、クリスマスや正月の飾り花用として出荷します。


CIMG5126 (2) (1280x960).jpg


昨年の暮れ、「出荷が終わったので、好きなだけ持って行っていいよ」と声をかけられ頂きに出かけましたが、
圃場には未集荷の葉牡丹がずい分残っているので驚きました。


CIMG5119 (2) (1280x960).jpg


自宅用に鉢植えや切り花にして正月飾りにしましたが、
置物のようにいつまでも綺麗で楽しめています。


CIMG5132 (2) (1280x960).jpg  CIMG5143 (2) (1280x960).jpg


それにしても、出荷が終わったので余ったものは全部廃棄処分するとはもったいないですね。
工夫すれば、うまく生かせそうな気もするんですけどね・・・・・!(^^)!

撮影日:2016.1.10