2016年5月アーカイブ

「咸宜園と豊前の私塾」~近世の私塾に見る「教育」の原像~と題して、
別府大学名誉教授:後藤宗俊氏による講演が、美夜古郷土史学校で行われた。

CIMG7480 (2) (1280x960).jpg


江戸時代の265年間は一度も戦争がなく、武器の開発も全くない時代で、世界的に見てもまれな時代。
その間、武士たちは全く同じ出で立ちでマゲを結い、刀を差して歩き回った。
経済成長はゼロで、人も増えていないが、安定した社会で独特の文化が生まれた。


日本が外国と接触しなかった時代、葛飾北斎や歌川広重などが活躍した文化は、
ヨーロッパの印象派の画家たちが影響を受けた。

江戸時代の教育は世界一識字率が高く、寺子屋で習った親が子に教え、寺子屋の下にもう一つ学びがあって、
高いレベルの芸術や教育のすそ野の広がりがあった。小林一茶も子供の頃に字を習っていたので俳句が出来た。

高い教育水準は藩校や郷学、私塾などが様々な階層を対象とした学校の普及によるもので、
日本の近代化をいち早く達成した大きな原動力となった。

CIMG7486 (2) (1280x959).jpg


江戸時代の私塾は全国に3600カ所が確認されている。私塾のほとんどが自然発生的で、
公的権力の支配を受けず自由に任せていた。

日田の咸宜園には全国から5000人が入門した。咸宜園が日本を代表する規模の私塾になったのは、
徹底した実力主義と身分を不問とする平等主義があったこと。また、日田には美しい自然と広瀬淡窓という
素晴らしい先生が居たことである。

広瀬淡窓は足しげく町に出かけ、町で出張授業を行った。そのため、地元の豆田町が
塾を支えたことも大きな要因になった。

CIMG7487 (2) (1280x964).jpg


当時の九州では640余りの私塾が確認されている。
京築では、村上仏山の水哉園があり、明治17年の閉塾までの入門者は3000名に及び、
恒遠醒窓の蔵春園は明治28年まで続き、入門者は全国から3000人にのぼった。

みやこ町岩熊の中世山城跡の平地に、藤本平山の私塾として巌邑堂が開かれていた。
村上仏山が生涯の師と敬愛した原白圭がここで教え、白圭の妹で女流詩人の原采蘋も身を寄せた。

この場所は田川から水哉園への通り道で、近世の生活の痕跡があり、豊前の私塾という教育文化の
大きなドラマが展開した場所であると話した。

CIMG7508 (2) (1280x957).jpg


この講演会に出席したみやこ町会議員や学芸員は、ぜひともこの教育文化を検証して
町おこしに役立てたいと熱い思いを語った。

撮影日:2016.5.26

今回が第2回目となる「版画の里・みやこ展」は、福岡県や山口県から33人の40作品が展示され、
期間は5月24日から6月5日迄となっています。


img002 (2) (1234x939).jpg  img003 (2) (868x1280).jpg


豊津高校時代の同級生:菊池香代子さんが古賀市から出展しています。
菊池さんの「残像」は、ヨーロッパの古城のイメージ?欧州の情緒を漂わす感慨深い作品でした。

DSC02006 (2) (1280x850).jpg


版画の世界は創作的で、制作方法の違いなどがあり、個性的な発想の芸術です。

みどりの館ギャラリーで多くの展示作品を鑑賞すると、それぞれの作者が表現する
ユニークな版画の世界を楽しむことができます。

DSC02018 (2) (1280x850).jpg


同ギャラリーでは、5月29日まで「クバ王国とアフリカ諸部族の染織展」も開催されています。

2016・5・27

豊津郷土史会が主催する「郡長正を偲ぶ会、146回忌墓前法要」が
豊津甲塚墓所で営まれました。

DSC01986 (2) (1280x850).jpg


明治4年、旧会津藩家老萱野権兵衛の次男長正が姓を改め、郡長正として豊津藩校育徳館に留学しましたが、
会津武士道の面目のため若干16歳でその生涯を閉じました。

異郷の地での不幸な出来事を悼み、毎年、祥月命日の5月1日、郡長正公の墓前で法要が行われています。

DSC01962 (2) (1280x809).jpg  DSC01981 (3) (1280x850).jpg


法要には、みやこ町役場や豊津郷土史会員のほか多数の関係者が出席して、
吉祥院住職の読経により厳かに執り行われました。

今回、会津若松市の縁故関係者として、みやこ観光まちづくり協会の蔵本さんの伯父で、
北九州市在住の蔵本雄二氏に墓前法要に駆けつけて頂きました。

DSC01988 (2) (1280x850).jpg


五月晴れの青く澄み渡った空の下、そよ風にはためく「郡長正墓前祭」と記された紺の幟旗を見上げながら、
明治4年は果してどんな風景だったのかと、過去の歴史に思いを馳せました。

撮影日:2016.5.1

薫るような新緑と鮮やかなつつじに囲まれた「ギャラリー:みどりの館」で、
第8回水彩画の彩展を開催中です。


CIMG7093 (2) (1280x960).jpg  CIMG7097 (2) (1280x960).jpg


70点の個性的な水彩画作品はどれも親しみやすく、
絵画鑑賞の楽しさに心がのめり込んでいく思いがします。

CIMG7090 (2) (1280x960).jpg


みやこ町の歴史的な建築物の思永館や伊良原小学校を描き、昨年みやこ町総合観光案内所で個展を開いた
今井和子さんが、豊前国分寺の鐘楼に「ほおずき」を描き込んだ作品を出展しています。

CIMG7083 (2) (1280x960).jpg


水彩画の彩展は5月15日まで開催。(開催時間は11:00~17:00)
月曜日は休館となっています。


みどりの館では15周年記念行事として、5月10日から29日まで「クバ王国とアフリカ諸部族の染織展」を開催予定です。
なお14日、15日には「むすびの森」代表:戸祭衛氏の講演会も予定しています。

img001 (906x1280).jpg


撮影日:2016.4.29