2016年8月アーカイブ

御船山楽園で開催中の「納涼竹あかり」

DSC_0049 (2) (1280x720).jpg


色々にデザインされた5000個の竹灯篭が、遊歩道に沿って飾り付けられ、
ほのかなロウソクのともし火が安らぎを感じさせてくれます。

DSC_0124 (2) (1280x720).jpg  DSC_0143 (2) (1280x720).jpg

DSC_0127 (2) (1280x720).jpg


暗闇が広がる池の水面をスクリーンに、群れて泳ぐ錦鯉や水に浮かぶ睡蓮を鮮やかに映し出し、
その中を小舟が闇の中から静かに表れ、闇の中へと回遊していきます。

DSC_0097 (2) (1280x720).jpg


プロジェクションの映像と実像、光の速い流れと、ゆったりとした小舟の動き、
不思議なコラボで、見たこともない幻想的な世界が広がりました。

DSC_0103 (2) (1280x720).jpg  DSC_0113 (2) (1280x720).jpg

お盆の時期にふさわしいイベントです。

撮影日:2016.8.6

軍港、「佐世保」

| コメント(0) | トラックバック(0)

軍港クルーズで佐世保湾をめぐると、湾内いたるところに艦艇が停泊し、
その物々しい威容に圧倒される。

湾を囲んで軍事施設も点在し、さすがに日本を代表する軍港であることを実感。


DSC02713 (2) (1280x850).jpg


この日は、岸壁の広場で「させぼシーサイドフェスティバル」が開催され、
海上自衛隊の艦艇も一般公開された。

DSC02649 (2) (1280x850).jpg


【ミサイル艇しらたか】
全長50m、排水量200t ウォータージェットで最大時速80km/h

対艦ミサイル、62口径76ミリ速射砲

DSC02650 (2) (1280x850).jpg  DSC02677 (2) (1280x850).jpg

艦橋

DSC02658 (2) (1280x850).jpg  DSC02661 (2) (1280x850).jpg 


【護衛艦くらま】
全長159m、排水量5200t 最大速力57.4km/h

DSC02824 (2) (1280x850).jpg

54口径5インチ単装連射砲は、毎分30発/分、最大射程23km

対潜ミサイル、対空ミサイル、魚雷発射管などの装備

DSC02870 (2) (1280x850).jpg  DSC02879 (2) (1280x850).jpg

DSC02892 (2) (1280x850).jpg

DSC02914 (2) (1280x850).jpg  DSC02926 (2) (1280x850).jpg

撮影日:2016.8.7

朝倉の三連水車

| コメント(0) | トラックバック(0)

筑後川の山田堰から取水する堀川用水に沿って、三連1群と二連2群の水車が設置されている。

DSC02555 (2) (1280x850).jpg  DSC02559 (2) (1280x850).jpg


江戸時代、堀川用水を高台の水田に汲み上げるために設置された水車群。

DSC02542 (2) (1280x850).jpg  DSC02577 (2) (1280x850).jpg

三連水車の一番上流の上車は、直径が4.76mもある大きなもの。
そばで眺めると、汲み上げた水が勢いよく集水樋に注ぎ込まれるさまは活き活きとして、力強く頼もしい。

DSC02544 (2) (1280x850).jpg


江戸期のモーターやエンジンなどの動力がない時代、堀川の水流を動力として自動で水をくみ上げる仕組みは、
当時の農民に勇気を与えたと思われる素晴らしい発想。

寛政元年の時代、この装置を考案した水車大工は、からくり人形的発想なのかも?

DSC02598 (3) (1280x850).jpg
撮影日:2016.8.6

半夏生とは日本の七十二候のひとつで、7月1日から6日ごろを指し、
農家が田植えを終えて休息を取る時期になり、農事の節目とされています。

先日、みやこ町の山沿いにある湿地で、植物の半夏生を見かけました。

CIMG8260 (2) (1280x960).jpg  CIMG8270 (2) (1280x960).jpg


半夏生は水辺の多年草で、この頃に葉の半分が白くなるため、半化粧とも書くようです。

農地の整備が進む前は、溝端や湿地に群生しているのを見かけましたが、
最近では限られた場所でしか見ることができません。

毎年、盛夏の時期に開催されている隣保館まつり。

みやこ町豊津の人権啓発施設「隣保館」を活動の場とするサークルが、館内で日ごろの成果の発表を行い、
前広場ではいろいろな軽食の出店をして、祭りを盛り上げた。

CIMG8295 (2) (1280x960).jpg

CIMG8291 (2) (1280x960).jpg  CIMG8294 (2) (1280x960).jpg


日曜日の会場なので、親子連れで発表会やイベントを見物し、
テント内の各ブースに設置した「熊本地震義援金箱」に寄付を行い、好きな軽食を食べて交流を楽しんだ。

CIMG8302 (2) (1280x960).jpg

CIMG8306 (2) (1280x960).jpg  CIMG8305 (2) (1280x960).jpg

CIMG8320 (2) (1280x960).jpg


午後からは、公民館ホールで福岡人権研究所理事:福永健二氏による講演も行われた。