2016年9月アーカイブ

「みどりの館」は、平成筑豊鉄道の新豊津駅にほど近い
緑ヶ丘にある純和風建築のギャラリー。

DSC03290 (2) (1280x850).jpg


いま館内では、手づくり「がまがま(かえる)展」を開催中で、
色々な表情をした陶器の蛙たちが、ところ狭しと並んでいます。

DSC03263 (2) (1280x850).jpg  DSC03266 (2) (1280x850).jpg


展示会場の中央には2m50㎝もある、万歳のポーズをした新聞紙の蛙。
新聞紙を半年分も使って製作したそうです。

DSC03260 (2) (1280x850).jpg


「かえる」は、無事に帰る・若返るなど、縁起の良い言葉につながるとのことで、
200点もの展示作品は、家族全員の力作とのことです。

また、広い庭園のあちらこちらにも、植え込みに添えるように、
一抱えもある陶器の蛙が配置され、遊び心のある庭に設えています。

DSC03277 (2) (1280x850).jpg  DSC03283 (2) (1280x850).jpg


「みどりの館」ギャラリー代表の中村正範氏は、緑ヶ丘の地に「かえるの丘」を造り
縁起物の蛙で町おこしの一環にしたいと、その思いを話してくれました。

ギャラリーには、お食事処や喫茶もあり、入館は無料です。
アート作品を楽しみに訪問してみませんか。

撮影日:2016.9.27

みやこ町国際交流協会は秋季イベントとして、自然豊かな「清流の里帆柱」に
外国の人たちを招待して、町民との交流会を開催します。

img002 (906x1280).jpg

今年は、みやこ町近郊に住んでいる外国人:アジア・ヨーロッパ・アフリカの9ヶ国から
50数人参加して、総勢100人くらいの国際交流会になる予定です。

メインイベントは、ベトナムから30数人が参加してベトナム料理を作り、みんなで味わいます。
催しを通して町民と外国の人たちがお互いの異文化に触れ、交流を深めます。

みやこ町豊津の「みどりの館」ギャラリーで
有益人良竹氏が「水彩画展」を開催中です。

CIMG8611 (2) (1280x960).jpg


この一年間に描いた水彩画68点と、
節子書とのコラボ作品が12点展示されています。

CIMG8607 (2) (1280x960).jpg

「みどりの館」での有益人良竹氏の水彩画展は、今回が第18回目。

水彩画には爽やかな美しさと親しみやすさがあり、
80点もの作品は観ていて飽きません。

CIMG8614 (2) (1280x960).jpg

作品の身近に広がる風景が、心にしみて癒されます。
一度立ち寄ってみませんか。