みやこ町に点在する、古代の史跡めぐり

| コメント(0) | トラックバック(0)

糸田町から50名を超える町民大学の方々が、みやこ町の古代史跡散策に訪れ、
ガイド役のみやこ町歴史民俗博物館学芸員に同行して、町内の史跡めぐりを行った。


最初の訪問先は勝山地区の綾塚古墳。複室構造の石室で、奥行19mは全国最大規模。

CIMG3133 (2) (1024x768).jpg


明治5年、大阪造幣局技師として日本に滞在した英国人のウイリアム・ゴーランドが、
仕事の合間に古墳を訪れて実測調査し、その写真や実測図の資料がイギリスの大英博物館に保管されている。

CIMG3142 (2) (1024x768).jpg


御所ヶ谷神籠石は、御所ヶ岳山腹に築かれた古代の山城。
城内に入るための城門跡が7ヵ所で確認されている。中門は通水口を備えて高さ7メートルの石積みが残る。

CIMG3164 (2) (1024x768).jpg  CIMG3180 (2) (1024x768).jpg

663年、朝鮮半島で起こった白村江の戦いで大和朝廷が新羅に大敗し、大陸からの脅威に備えて築かれた。


また、御所ヶ岳山麓は天然記念物に指定されている「ヒモヅル」の自生地で、
登山道両側の木の枝から、緑のスダレのように垂れ下がった珍しい光景も観察できる。

CIMG3161 (2) (1024x768).jpg


京都平野には約4200基の古墳が確認されている。そのうちの1800基がみやこ町に存在する。

豊津地区の八景山のふもとにある甲塚方墳は6世紀後半に築かれたもの。

CIMG3206 (2) (1024x768).jpg


横穴式の石室は全長15mあり、方墳としては九州最大規模になる。

CIMG3212 (2) (1024x768).jpg

京都平野に群集墓や首長クラスの古墳が集中しているのは、大和政権の時代には畿内から瀬戸内海を経て
大陸に向かう外交・防衛の拠点になっていたためと考えられている。


野外史跡めぐりのあとは、みやこ町歴史民俗博物館に展示中の歴史資料の見学や、
常設DVD「みやこシアター」の視聴などでみやこ町の文化遺産にふれ、みやこ町を満喫していただいた。

CIMG3229 (2) (1024x768).jpg  CIMG3231 (2) (1024x768).jpg

撮影日:2017.9.8

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/4535

コメントする

このブログ記事について

このページは、アサジが2017年9月 9日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊藤尾四郎先生が、豊津時代に「京都郡誌」を編纂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04