台湾のブロガーが、みやこ町を撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)

「みやこ観光まちづくり協会」は台湾のプロモーションビデオブロガーを招いて、
みやこ町の美しい風景や魅力的な伝統芸能を撮影し、
台湾で情報発信して観光客を誘致しようと取り組んでいます。


みやこ町滞在3日目は豊津周辺の撮影で、先ずは「みやこ町歴史民俗博物館」を訪問。

DSC02109 (2) (1024x681).jpg


博物館では、郷土出身で功績あげた著名人の資料を展示中で、
夏目漱石の門下生で漱石研究の第一人者といわれるドイツ文学者の小宮豊隆や、

米国でエジソンから電気技術の指導を受け、帰国後NECを設立した岩垂邦彦などに質問が集中。

DSC02113 (2) (1024x681).jpg  DSC02120 (2) (1024x681).jpg


次に訪れた豊前国分寺三重塔では、美しい田園風景の中に悠久の時を刻んで佇む三重塔の姿に心をひかれた様子で、
しばらく三重塔の撮影に没頭。

DSC02130 (2) (1024x681).jpg  DSC02150 (2) (1024x681).jpg


8世紀の奈良時代、政治の中心地であった豊前国府に近く、
小高い丘になっているため絶好の場所としてこの地に建立されたとのこと。

DSC02127 (2) (1024x681).jpg


みやこ町の見どころを画像にして台湾に持ち帰り、ブログアップによって観光客がみやこ町を目指せば、
異文化交流で活気あふれる町になりますね。

撮影日:2017.10.10

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/4557

コメントする

このブログ記事について

このページは、アサジが2017年10月11日 23:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みやこ町歴史民俗博物館見学と、漱石生誕150年」です。

次のブログ記事は「日本エコツーリズム協会地味局長:辻野啓一氏の講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04