2017年11月アーカイブ

先月、台湾のブロガーが「崎山ひまわり祭り」に来場し、みやこ町のイベントのほか、話題の場所を撮影してまわり、
台湾でブログ発信して頂きました。

そのブログを見て、台湾から十数名の観光客がみやこ町を訪れてくれました。

DSC02765 (2) (1024x681).jpg


台湾にある亞州大学現代美術館は、世界的建築家の安藤忠雄氏による三角形にこだわったユニークな設計で、
話題になっているそうです。
その安藤忠雄氏が設計し、みやこ町の自然と共生する空間をコンセプトにした「みやこ伊良原学園」を見学しようと
訪れたそうです。


学園に向かう途中、伊良原ダムの展望台に立ち寄って、湛水試験が始まり湖底に水面が広がった雄大な眺めを
楽しんで頂きました。

DSC02784 (2) (1024x681).jpg


みやこ伊良原学園は、地元木材を活用した温かみのある室内や、吹き抜け構造のホール、
天井に広がりのある体育館などがユニークで、見学の人たちは盛んにスマホのシャッターを切っていました。

DSC02808 (2) (1024x681).jpg   DSC02813 (2) (1024x681).jpg 


犀川支所前広場で開催中の「みやこ町産業祭」も見学し、松木果樹園にも立ち寄り、「フルーツ工房えふ」で大人気の
マロンパフェも味わって、束の間のみやこ町観光旅行を堪能して頂きました。

DSC02774 (2) (1024x681).jpg  DSC02845 (2) (1024x681).jpg


この日同行した「みやこ町国際交流協会」と台湾の観光旅行引率者の間で、
インバウンドやアウトバウンドを進めようと、面白そうな話も持ち上がりました。

撮影日:2017.11.18

祓川下流域の稲作農家にとって、伊良原ダムの順調な湛水の様子は
明るい話題になっています。

DSC02291 (2) (1024x681).jpg


今年の春、祓川下流域では田植え時期に降雨がなく、
水田ではカラカラの渇水が続いたため、営農者の間で引水のトラブルが発生しました。

CIMG2527 (2) (1024x768).jpg


そのため緊急に水利の対策会議を開き、
節丸地区にある裏ノ谷溜池からの放流によって旱魃をしのぎました。


DSC02406 (2) (1024x681).jpg  DSC02418 (2) (1024x681).jpg


長年、農業用水不足に苦しんできた祓川下流域の稲作農家にとって、
伊良原ダムの水位がどんどん上がる様子は、なによりも力強い応援団です。

投稿日:2017.11.2

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04