韓国の李(LEE)教授が、みやこ町を観光

| コメント(0) | トラックバック(0)

みやこ町在住の矢野克己さんの案内で、韓国嶺南大学校の李教授がみやこ町を訪れてくれました。

今回の目的は、みやこ町国際交流協会と韓国で国際交流が出来ないか、との視察です。
みやこ町豊津までお越し頂き、相互に意見交換して、これから検討していくことになりました。

CIMG4318 (2) (1280x960).jpg


この機会に、みやこ町の歴史と文化を紹介しようと、みやこ町歴史民俗博物館を案内しました。
博物館には、小倉藩主の小笠原忠固が朝鮮通信使の上使を務めた小笠原文庫の記録が展示されています。

CIMG4316 (2) (1280x960).jpg


そのほかに常設展示の小宮豊隆や、夏目漱石の資料展示コーナーなどを案内しました。

李教授は大変な親日家で、夏目漱石の小説はすべて読んだそうで、その資料の一部がみやこ町の博物館に
展示されているのを知り、熱心に資料を見学して頂きました。

CIMG4314 (2) (1280x960).jpg


また夏目漱石の小説「三四郎」のモデルとなった小宮豊隆にも触れ、
素晴らしいコレクションだと絶大な評価を頂きました。

CIMG4310 (2) (1280x960).jpg


韓国の李教授を案内して、海外にも熱心な夏目漱石ファンが居ること、
外国の人たちも注目させる博物館の展示資料の凄さに、改めて感動しました。

投稿日:2018.3.12

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/4595

コメントする

このブログ記事について

このページは、アサジが2018年3月12日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みやこ町国際交流協会の、三重塔まつりイベント」です。

次のブログ記事は「梅雨の季節」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04