永沼家住宅の清掃と、庭の除草作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

犀川帆柱の永沼家住宅は、180年前の江戸時代に建てられた民家で、
国指定の重要文化財になっています。

CIMG5858 (1280x960).jpg


建築当時の帆柱地区は、大分の天領日田への往来が盛んだったそうで、
小倉藩時代には、「節丸手永」の大庄屋を務めたこともあるとのことです。

入母屋造りの茅葺住宅は、堂々として風格があり、
当時の繁栄を忍ばせています。

CIMG5861 (1280x960).jpg  CIMG5866 (1280x960).jpg

いまの建屋は、昭和62年に全面解体修理が行われたもので、
さらに平成21年に改修が行われ、当時の姿を復元しています。

毎年、屋敷内の草が伸びるこの時期に、地元の人たちやボランティアの皆さんで、
家屋内の掃除や庭の手入れが行われます。

CIMG5856 (1280x960).jpg  CIMG5872 (1280x960).jpg


暑い中の作業ですが、休憩時間の歓談も、参加者の楽しみの一つになっています。

CIMG5859 (1280x960).jpg  CIMG5867 (1280x960).jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/4615

コメントする

このブログ記事について

このページは、アサジが2018年7月30日 11:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「集中豪雨の置きみやげ」です。

次のブログ記事は「一本松薬師堂の、盆法要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04