伊良原から帆柱にかけて「畑わさび」の栽培に力を入れています。
農業改良普及センターの協力もあり、非常に心強い限り。
山間部であまり日の当たらない、温度差が少ない場所が栽培に適しており、
伊良原や帆柱、また鐙畑は絶好の栽培地なのです。

わさびと言えば根っこをイメージしますが、
市販のわさびドレッシングなどはわさびの茎を使用しており、
調理の方法によって、根っこと同じようなピリっとした辛さを楽しめます。
茎や葉っぱも驚くほど辛いので、私も初めて食べたときはびっくりしました。

四季犀館ではこの時期「花わさび」として店頭に並んでいる。
花が咲いているこの時期は花も一緒に食べられるため、花わさびと呼び、
花の時期が終われば「葉わさび」と、呼び名が少し変わります。

今年は去年よりも寒い時期が続いたため、収穫時期が約半月遅れています。
伊良原の初出荷はいつ頃になるだろうか...と思っていたところ、
「明日から少し出せそうなんやが、どうやろか?」
と、伊良原で畑わさびを栽培している松本さんと長野さんという方たちが四季犀館をたずねてきてくださり、3月23日から出荷してもらえるようになりました。

花わさびの茎や葉は「たてて」料理に使います。
ここでの「たてる」とは辛味をたてるという意味です。

たてるという工程の具体的な方法を少し紹介しておきます。
沸騰させてお湯が必要なので、沸かしておきましょう。

①わさびの茎と葉を水で軽く洗う
②洗ったものを雑巾しぼりの要領で、水気が少しなくなる程度にしぼる!!
③しぼったものを適当な大きさに手でちぎっていく
④ちぎったものをふた付きのタッパか鍋に入れ、お湯を注ぐ
⑤約一分ほどでお湯を捨て、熱いのを我慢してまた水気が少なくなるようしぼる!!
⑥しぼり終えたらすぐさまふたをし、一分間ほどよく振る
⑦熱くなくなるまで、少しの間冷ます(2~3分)
⑧最後にふたを開け、さらに水気をしぼれば完了!!

はい、この状態で花わさびはすでに辛くなっています。
ここから先は白和えや、そのまま醤油に付けて食べるなど自由です。

細かい説明は端折りましたが、大体上記の手順で大丈夫です。

3月~4月末までの短い期間ですが、四季犀館に登場します。

犀川の夜道でのドライブは危険がいっぱい。

夜の車の運転はほぼ毎回ドキッとすることが多い。
その原因はたくさんの野生動物たちが登場するからです。

私が今まで遭遇した野生動物を回数の多い順に並べると、
鹿、タヌキ、猪、イタチ、ウサギ、キツネである。

なぜ危険かというと、接触事故が起こり得るからだ。
特に、猪と正面衝突しようものなら、車は廃車いきです。

過去、私は鹿とぶつかった経験があります。

夜道で突然、道路の脇から鹿が飛び出してきました。
とっさにブレーキをかけ、ハンドルをきってかわそうとしましたが、
きった方向と同じ方に鹿が走ったため、間に合いませんでした。

大きな角を持った立派な雄だったのは覚えています。
お互い注意力が足りなかったとはいえ、いまだに嫌悪感は消えません。

そしてリアルな問題としては当然、車の修理代がかかります。
納車して一週間足らずの愛車をもう修理に出すはめになりました。
保険に加入していたため一部補償はおりましたが、
単独事故(物損事故)扱いのため、当然それからの保険料は上がります。

こんな悲しいことを避けるためにも、
夜の車の運転には十分気を付けることを強くオススメします。

歩行者や、他の走行車に注意することはもちろん、
犀川ではプラスαの注意力が必要といえるでしょう。

私の経験をもとに、もし遭遇したときの対処法を書いておきます。
独断と偏見による説明なので、全うな答えは期待しないでくださいね。

まずここで挙げた全ての動物に対して言えることは、
年間を通して寒い時期、つまり冬に多く遭遇します。
多くの場合は徐行、停車で事なきを得られます。
冬は食物を求めて山を降りてくる機会が多いため、気をつけましょう。

まず一番遭遇率の高い鹿。
鹿が車、及び人と遭遇したときの反応は、真っ先に山へ逃走するみたいです。
例えば道路を挟んで畑で作物を荒らしていた場合、
真っ先に逃げようと道路を突っ切って山へ向かって走ります。
落ち着いて見守りましょう。

ついでタヌキ。
タヌキはどうも明るいところに向かって逃げる習性があるようです。
なのでハンドルをきった方向に走ることが多々あるので、
道路の脇にいくまで、止まっていた方が得策と思われます。

そして猪。
猪はたいがい親子で行動していることが多いようです。
親を刺激しないように、まずは車を停めましょう。
するとゆっくりと去っていきます。
ただ、すでに走っている猪と遭遇した場合は要注意。
「猪突猛進」、四文字熟語どおり止まらないそうです。
もし避けられない場合は覚悟が必要です。
ひとつ言えることは、シートベルトは必ず着用しておきましょう。

イタチ。
イタチに関しては、申し訳ありませんが何とも説明しようがありません。
二車線道路だとすると、約一秒間ぐらいで横切ります。とても早いです。
イタチにとっては、ただの移動中なのだと思われます。
遭遇した場合は、イタチには悪いですが運が悪かったと思うしかないのかも。

ウサギ。
もし遭遇したら、優しく見守りましょう。
ものすごくマイペースですのでちょっと時間がかかることがありますが、
イライラせず、愛くるしいウサギを観察しておきましょう。

キツネ。
キツネに関しては、特に注意の必要性はは感じられません。
犀川でもめったにお目にかかることがないので、
もし遭遇できたら運がいいのかもしれませんね。

神楽の演目、簡単な舞の説明
とりあえずは、衣装、人数などを掲載しています

1.散米神楽
お米をまく。
一人神楽。
赤い衣装。
伊良原ではルーキー担当となっている。

2.折居神楽
四人神楽。
青、赤、ピンク(白)、紫(黒)の衣装。

3.御福神楽
四人神楽。
青、赤、ピンク(白)、紫(黒)の衣装。

4.手草神楽
青、紫(黒)の衣装。
笹を束ねたものを使う。

5.地割り神楽(五行神楽)
六人神楽。
刀を使う。
一番人数が多い。

6.御先神楽(暴れ鬼)
二人神楽。
鬼のお面を使う。
観客とよく絡む演目のひとつ。

7.盆神楽
一人神楽。
お盆を二つ使う。

8.剣の舞(三本剣)
一人神楽。
刀を一人で三本使う。
かなり体力を使う。
子供の憧れの的。

9.綱御先(暴れ鬼)
四人神楽。
綱をもって鬼を追い払う。
お菓子をたくさんばら撒くため、かなり盛り上がる。

10.弓神楽
四人神楽。
青、赤、ピンク(白)、紫(黒)の衣装。
弓、矢を使う。
舞終了後、弓は取り合いとなる。

11.花神楽
四人神楽。
青、赤、ピンク(白)、紫(黒)の衣装。
最後の花吹雪は美しい!

12.御先神楽(舞い上げ)
二人神楽。
鬼を鎮める。

13.岩戸神楽
神楽のフィナーレ。

13-1.古神楽
一人神楽。
ルーキー担当。
13-2.爺
一人神楽。
爺さんを演じるが、一番体力を使う。
13-3.うず面
一人神楽。
オタフクのお面を使う。
13-4.多力男
一人神楽。
綱を使う。
閉じられた岩戸を開く。

みやこ町犀川地区。「神楽」が盛んな地域のひとつです。
その中でも伊良原地区の神楽は、他とは一風違った魅力がある。

この地域での神楽は、5月のゴールデンウィーク中に開催される「人興祭」のひとつ。
夜の8時から0時までの約4時間にわたって執り行われます。

これは私の感想ですが、子供のころは運動会や遠足よりも楽しみにしていた行事です。
ただ「見る」だけの神楽にこれほどのときめきを感じていたのは、
おそらく私だけではない気がします。

今でこそ「舞手」として神楽を演じる側ですが、
時期が近づいてくるといまだに楽しい気分になってくる。
それほどに、子供のころに見た「神楽」がいいものに見えたに違いない。

神楽のことを少し説明すると、
もともとは「五穀豊穣」など、作物の豊作を願って執り行われるものだったようです。
そのため、田植え~稲刈りの時期は神楽及び神楽の練習もするな、と師匠から教わりました。
五穀豊穣を願うのであれば、農繁期の忙しい時期は祈るよるも働きなさいということなのでしょう。

ここ京築地域では、神楽の里フェスティバルなどを含め、盛んに神楽のイベントがあります。
他の地区の神楽を見ると、同じ目的でやっているにも関わらず、
「型」や「演奏」が地区ごとに違うのです。
神楽をやっている地域が全国でどれだけあるのか見当もつきませんが、
型、演奏が同じところはまったくありません。
これもまた神楽の魅力のひとつです。

全国を常にまわっているような方たちは、セットや衣装、そして舞いが本当に素晴らしい。
それでもなお、私は地元伊良原の神楽が一番好きです。

なぜ私が伊良原の神楽が一番好きかというと、一言でいうと「派手」だからである。
演目によっては飛んだり跳ねたりと、かなりアクロバティックな神楽を演じます。
観客ともよく絡むので、見てくださっている人々はいつも喜んでくれています。

舞の型や、演奏の美しさは神楽にとってとても大切なこと。
伊良原神楽の良さはそれだけではなく、観客も一緒に楽しめるところもいいところです。

この「楽しさ」を後世に伝えていけるよう、これから頑張っていきたいです。

Koala.jpgPenguins.jpg人生初の記事。

これを機に、「四季犀館」のさらなる飛躍につながればと思っています。

公式webサイトでは紹介しきれない四季犀館のおもしろさなど、

うまく伝えられるようにこれから頑張っていきます。

犀川ならではの珍しい野菜やイベントなど、

お買い物以外でもかなり楽しめると思われます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04

最近のコメント

アイテム

  • Koala.jpg
  • Penguins.jpg