2011年4月アーカイブ

坂東太郎といえば利根川・関東平野。
筑紫次郎は筑後川・流域には筑後平野。
四国三郎が吉野川。みんなしゃれた名前がついてるなあ。


行橋は平野、豊津は台地、犀川は盆地と小学校の時に教わりました。
その「みやこ平野」を流れる川が2本。
【今川】と【祓川(はらいがわ)】
どちらも源は英彦山系でみやこ町~行橋を経て周防灘へ・・・。

今川にて.jpg

今川の写真が撮りたくて、土手を下りてみると
うまい具合に足場用の石が置かれてたので
川の中に入ってしばらくボーっとしてました。


行橋方面からだと国道10号線(豊国橋)から曲がって
今川にそってのドライブ・約20分で四季犀館に到着です。

今川には平行してサイクリングロードが整備されています。
大雨が続くとすっぽり水没してしまいますけど・・・。


木井馬場や横瀬、伊良原の方の身近な川は祓川ですね。
【伊良原ダム】の計画で、以前とは風景が変ってしまいました。


工場カレンダーにもとづいての操業の為
4/29(祝)は出勤日でした。

大型連休に入ってる会社が多いというのに・・・(笑)
電話も鳴らず、運送便もほとんどこないので
普段手が回らない仕事を片付けられる貴重な日。


工場風景

ふと思い立って、お昼休みに車で約5分の
【サングレートみやこ】に行ってみました。
昭和の日に、ちなんで、きっとなにかやってるに違いない!!


館内では写真と、昔の農作業の道具等を展示していました。
そして、おそろいのレモンイエローのジャンバーを着た
吉田学軒顕彰会のメンバー。


学びの旅講座でご一緒した方・みどりの館のオーナー、
ブログの講習で月曜・火曜と顔をあわせていたH氏。
中国語講座で毎週水曜日の夜、共に学んだ方も。


半年前はお互いのこと全然知りませんでした。
みなさん、この「みやこ町」のことを考えている方たちです。
これも何かのご縁です。すこし話をして帰りました。


あっという間のお昼休みでしたが、行って大正解。
図書館にもちょっとだけ寄って【みやこの先人のDVD】借りました。


●人に紹介する以上、ちゃんと見ておかなきゃ失礼かなって。

「吉田学軒」さん (1866-1941) のこと、ご存知ですか?

【昭和】の元号の創案者であるこの方、みやこ町で生まれました。
ちなみにお兄さんの「吉田健作」さんは、近代製麻業の創設者。

お父さんもお母さんも、自慢の息子たちだったでしょうね。


小笠原神社

大正天皇崩御に際し、宮内大臣の命を受け、
新元号の創案に係わった学軒さん。


実は候補は10ケもあったんですよ。
「神化」 「元化」 「昭和」 「神和」 「同和」
「継明」 「順明」 「明保」 「寛安」 「元安」


中国の書経の「百姓昭明 協和萬邦」
(すべての人民は明るく、全ての国は和やかに) から考案され、
世界平和の意味が込められた【昭和】に決まったといういきさつがあります。


【激動の時代・昭和】
63年という長さ、実は、歴代元号最長記録なんです。


ブログを書くのに子供の頃のことを思い出すことが多くなりました。
のどかで、幸せな時間に包まれてましたね、あの頃は。


写真は豊津支所近く、小笠原神社へと続く鳥居。
この先の、みやこ町歴史民俗博物館では
【みやこの先人】のDVDを販売中。
吉田兄弟もしっかり収録されてます。1枚 1000円。

●ミュージアム土産として、いかがでしょう?

子供の頃、我が家には「編み機」というのがありました。

キーボードをもうちょっと長くしたような、
鍵盤の代わりに毛糸を引っ掛ける針がずらっと並んでて
アイロンみたいな本体を左右に往復させて
毛糸を編んでいく「魔法のマシーン」に見えました。


母が、洋服を編んでくれてました。ワンピースとか。
解きなおして、くせのついた毛糸は「ゆのし」して
他の服に生まれ変わることも・・・。


毛糸玉を作る【ハンドルのついたおもちゃみたいなの】を
グルグルするのが好きでしたね。
端っこを少しもらっての【あやとり】も、よくやってました。


手袋


会社の事務所、入ってすぐのところに掲げられてます。
縦・横 1.5m 四方くらいの迫力のある、立派な書。
「社長の書道の先生」の作品だと聞いています。


日に何度も目にするので、すっかり慣れっこですが
お客様はまず驚かれます。

もうすく母の日ですね。
今年は、四季犀館でプレゼントの品を探してみましょうか?


●お酒が飲めるお母さんなら「林平作酒造」のコーナーから。


●甘いものが好きなお母さんには、ロールケーキやクッキー。
 ジャムのセットも喜ばれるかも・・・。
 紅茶に入れて「ロシアンティー」


●ガーデニングが趣味のお母さんだったら、花や野菜の苗。
 カーネーションあるかなあ?


1番奥のコーナーの手芸品や工芸品、
竹炭製品がねらい目かも知れませんよ。

去年の年末前くらいからかな?

関東の、お会いしたこともない3人の【ゴガクル仲間】と私、
計4人でひそかにチーム「ハングル」を結成しています(笑)
私が1番、初心者でコメントのやりとりを楽しみながらの勉強。

そもそも公民館の中国語の講座が終わってから、
スタートするつもりでした。

去年の秋に発生した【朝鮮半島での事件】がきっかけで
早まりました。

お隣の国のことなのに、なにも知らない自分が情けなくて・・・。

韓国語を既に学んでる人達はしっかりと自分の意見も持ってるし、
テレビの放送も通訳なしで理解できる。

ハングル入門


偶然にも、メンバー皆が持ってるのがこの本。
マンガなのでわかりやすく、コンパクトなので
カバンの中に入れて、ちょっと時間がある時に目を通してます。

人前で読むのは恥ずかしいので、カバーをかけて・・・。
パンダのしおりもかわいいでしょ?

毎朝、出勤前にラジオ講座も聴いてるんですよ、一応。
このブログも「そのうちハングルや中国語で書けるといいな」と
夢だけは大きく持ってます(笑)

そうそう、今年母のところで採れる「ツタンカーメンのえんどう豆の種」を
メンバーの1人に送る約束までしてるんですよ。

今は【みやこ町役場・犀川支所】となりましたが
合併前までは【犀川町役場】でした。
後ろに見える赤レンガの建物。
確か小学生の時に完成したはず。

駐車場を挟んで道路側に公園らしきものが二つ。
ベンチもあり、春には桜の花も楽しめます。

●その間に、なんともしれない【不思議な物体】

ENSW全体

UFOみたいなフォルムにボコボコと丸いのがくっついてる。
シルバーメタルで未来からやってきたような雰囲気が・・・。

この物体の正体は何?
近づいてみるとわかります。


札幌まで

【東・西・南・北】 E・W・S・N
ここから「日本各地や世界の都市」までの距離を表してます。

ゴガクル仲間の、札幌のF氏のところまでは?
ちょっとわかりにくいけど、1,380kmとなってます。
遠いですねえ。北海道と九州ですからねえ。

でもいつかきっと、みんなでpartyやりましょう!!
「おがたのお好み焼き」で・・・(笑)

猪かあちゃんのブログで知った焼き肉の試食。
四季犀館入り口手前、左側の「イベントスペース」でやってました。

焼肉試食無料

猪肉は塩コショーでの味付けで、鹿肉はタレ味でした。
小さ目のトレーに、両方入れてもらっての食べ比べ。
どっちも美味しい。焼きたてなので、なおさらでした。

座ってゆっくり食べれるように、ベンチも用意されてて、
なんかいい感じです。荷物を置いてホッと一息。


焼いてます.jpg

奥では猪かあちゃんが【鹿ミンチ肉】と【猪煮込用肉】を
調理法をアドバイスしながら販売中。
どちらも今日だけの蔵出品。
特別価格ということで飛ぶように売れていました。

ちゃっかり「自分の所の商品の試食」や「スープの試飲」も・・・。
こちらにも今日だけのオリジナル「鹿ミンチ肉のつくね」があって、
大人にも子供にも大好評でした。
猪かあちゃんって「料理上手」なのね。


●四季犀館のイベント情報はこれからも要チェックです!!
 今日のお肉を買った人は【すごく買い物上手】な人。 


覚えてますか。この形・この大きさ。

旧型ポスト

今は使われていません。
犀川支所の横に展示品として、看板付きで置かれています。
背伸びしないと届かなかったこともあったかな?

●学生の頃、文通って流行りませんでしたか?
 少女マンガの各ページの下の方に募集が出てたりとか。


高校生の頃、行橋駅の改札口を出たところに
この手の白いポストがありました【悪書追放用】
行橋の駅もあの頃とはすっかり変ってしまいました。


今のポスト

犀川支所の玄関に今のポストがあったので・・・。
シャープなボディは、合理的な「平成仕様?」

どこかのどかな旧型ポストからは「昭和」を感じます。


とよつ駅

平成筑豊鉄道シリーズ:第二弾

私は決して鉄子ではありません(笑)

【とよつ駅】は(旧) 田川線の頃から、ありました。

横にコンクリート関係の工場があったと記憶してたけど
久しぶりにいってみたら「空き地」になっていました。

1番ホームと2番ホーム、向こうに渡るには線路に下りてから。
これは犀川駅と同じ・・・。
都会の駅だと、上って下るんだろうけどここでは【さかさま】です。


しんとよつ

【しんとよつ駅】はあとからできた駅。
ホームはひとつだけ。
「みどりの館」へ行かれる時は、ここの駅での下車となります。

「エナジーソフト新豊津」と看板にあります。
平成筑豊鉄道の営業の方の努力かな?
まくらぎオーナー制度、つり革オーナー制度というのもあります。

●この二つの駅の距離はすごく短くって、ちょっとビックリ。

エコライフをそれほど意識しているわけではありませんが
ここ数年マイボトルに夢中です(笑)

平日は会社にお弁当と一緒に持参するし、休日で家にいる時も使います。

マイボトル

どちらも350ml。もうすこし大きめの500mlもあったけど
このくらいの方が持ち運びもしやすくて正解でした。

まず水筒の方を買いました。
会社に持っていった初日の帰りに、駐車場で落っことして
ふた(コップ)がへこんでしまい、そーとーショック!!

その数ヵ月後、雑誌で毎月、目にするたびに
このピンクの携帯マグが欲しくて欲しくて・・・。
とうとう思い切って買ってしまいました。
ペットボトル○○本分買ったつもりと自分を納得させながら。

●中身はたいていホットコーヒー。
毎朝、ハンドドリップで多めに入れてボトルにキープ。
夏はアイスコーヒーや、時々カルピスも・・・。

マイボトル2

水筒にはカバーをかぶせます。
【夏の氷いっぱいの麦茶】の時は水滴防止の為。
【冬は温かい飲み物】なので、カイロ代わりに手を温めます。
そのままではアッチッチだけど、カバーのおかげでホンワカ。

余裕があるので中に紙コップを2~3ケ忍ばせることも。
出先で人に勧めるときに重宝するんですよ。

本は滅多に自分で買いません。
【極力、図書館で借りる】が私のモットーです。

昨年の春から、なにをトチ狂ったのか高校卒業以来の
「やり直し英語」を始めました。

もちろんいきなり本屋さんには行かずにまずは「図書館」へ。
レベルもいろいろ・よりどりみどり。

いきなりオバマ大統領のスピーチを借りるという無謀さ・・・。
子供向けの本や唄からスタートすべきでした。

英語と韓国語

今、借りている本です。
今年は韓国語に挑戦中。
まだまだ文字としては読めずに、記号にしか見えない(笑)

入門書を図書館で借りまくってます。
あとは【旅行のガイドブック】
写真が豊富なので、見るのも楽しくておすすめです。


テレビとラジオと、全国の 「ゴガクル仲間」
毎日楽しく勉強が続いてるのは、ここのみんなのおかげです。
もし独学で行き詰まってるようでしたら、こちらまでどうぞ。

ゴガクル http://gogakuru.com

きっと何かが変わります!!
私がそうでしたから。


他のところをまだ知らないので、今回もここの話題です。
すっかり宣伝部長になった気分(笑)

「先日の新聞記事の切抜きを渡して、ちょっとお話がしたいな」と思い立って
先週末、実家に行く途中に寄り道しました。

水彩画展

いつものようにレジには、にこやかなお兄さん。
内線でオーナー(ご主人)に連絡をしてくれました。


「せっかくなので見ていきませんか?」と
声をかけてくださったので、2階のギャラリーへ。
【有益人良竹】氏の 2011水彩画 (人物) 展。
4/24 (日)までですので、まだ間に合いますよ。


約30点の作品が壁面にグルリと、気持ちよく並んでいました。
中央にはテーブルと椅子が・・・。
時間が許せばいつまででも見ていたい程でした。


その中にアクセントのように、詩が何枚かありました。
なかでもひきつけられたのが「金子みすゞ」さんの詩
この方の奥様の作品です。

もくせいの詩


お友達から「おはじき」という詩を教えてもらって
その後、数冊、彼女の本を読んだばかりでした。


●絵や写真、どこをどう見たらいいのかわからなくて、その上
「ギャラリー」ってなんとなく敷居が高いなと思ってましたが、
こちらに何度か通うようになって意識が変わりました。


【自分の心に響く作品】それが1番。

他のギャラリーのことも、気さくに教えてくださいました。
いずれ、そちらの方もご紹介できれば・・・と考えています。
まずは行ってみないと始まらないですね。

カメラを持って実家の周辺を歩いていたら
久しぶりに「小学校」に行ってみたくなりました。

少し高いところに位置する我が母校。
当時は「中学校の方からの坂道」がMY通学路でしたが、
今回は、正面玄関の石段の方から・・・。

小学校の石段

右手には町営プール・左手には駐車場。
あの頃は何があったかすら覚えていません(笑)

たしかプールは、私達が1年生の時に完成したはず。
夏休みの午後は、よく通ってました。
そして帰ってからは、きまって畳の上での【お昼寝】


入学式のあと、この石段でみんなで記念写真をとりました。
1学年 (約40人) 2クラス、おかっぱ頭の私と着物姿の母。
緊張したような、かしこまった顔で写っているクラスメート。
30数年前の懐かしい思い出です。

二ノ宮金次郎


石段を登りきると左手奥に、お約束の【二ノ宮金次郎さん】
右手には当時、みっつに仕切られた飼育小屋があったはず。
チャボとウサギと、あともひとつはなんだったっけ?

フラフラと寄り道しながらグルリと回って運動場の方へ。
休日の午後でしたが、ソフトボールの練習中・・・。

小学生の私が見え隠れする「いい、お散歩」の時間となりました。


<ちくまると駅

行橋駅から犀川への足は車でなければ、この「へいちく」ですね。
もっと先、田川まで続いていますが、そっち方面にはほとんどいかないので、駅名すらうろ覚えです(笑)

(旧)国鉄:田川線が廃止になった時に第三セクターでスタートしました。
住民の足が確保されて良かったと、記憶しています。

見てのとおり一両編成の、とってもキュートなボディ。
ほかにも何種類かあるんですよ。
どれに当たるかは、その時のお楽しみ・・・。


さいがわ駅看板.jpg

犀川~豊津~行橋 だった駅名ですが、
途中にいくつか増えました。そのほとんどが無人駅。


今川のそばを、くっついたり、離れたりしながら走ってます。
私が学生時代好きだったのは、
田植えの後で、少し伸びて青々とした田んぼ。

車窓からの風景も、のどかで癒し効果抜群(笑)
のんびりとローカル線での「お散歩」をお楽しみ下さい。

四季犀館の最寄駅は、この「さいがわ」です。

ツタンカーメンのえんどう豆

紫色の花がやっとポツポツ咲き始めました。
実家で母が毎年作るようになって4回目?

【ツタンカーメンのえんどう豆】の種だよ、と会社で
取引先の方からいただきました。
珍しい品種だから・・・枯らしたらどうしよう。
ちゃんと育ってくれるかなあ?

その年の10月に、ニワウメのそばに植えてみました。
一晩水につけておいて、6粒ずつ2ケ所に。
芽が出たのが約半分。鳥に食べられたのがあるかも・・・。

冬が過ぎて、春になった途端にぐんぐん伸びてきて
支柱だけでは足りないようで、フェンスにも絡んでました(笑)
つぼみを見つけた時の嬉しかったこと。

スイートピーのような可憐な花。
引き込まれそうな位の、神秘的な「古代紫」
えんどう豆ってそれまで、白い花しか知りませんでした。

毎日、事務所の窓越しに観察(笑)
さやの色もしっかり紫。中の豆は緑色です。
【この年の収穫は次回の種】けっこう採れました。

その種を母に持っていったところ、毎年作るようになりました。
「連作障害を起こすから」とちょっとずつ場所を代えながら・・・。
今年は、びわの木の根元で育っています。

豆ご飯にして保温しておくと、うっすらとピンク色になるんですよ。


四季犀館に行くと、入り口のすぐ傍・レジの向かいに
「麦の穂さんのパンたち」が今日も美味しそうに並んでます。

今日はハイジの白パンあるかなあ?
アニメの影響で、つい、いつも探してしまいます(笑)

ハイジの白パン.

見にくくてゴメンナサイ。
3ケ入りの方が【ハイジの白パン(小)】です。
一緒に【アンパン・メロンパンセット】も買ってしまった!!

今、この四季犀館のブログでご一緒している【麦の穂さん】
この方との出会いは、去年の秋・・・。

横瀬地区にオープンした週末限定の農産物直売所。
そこの初日のイベントとして
【ジュスカ・グランペール】の演奏が行われました。
関西からの、ギターとバイオリンの男性2人組みです。

屋外ステージのまん前に陣取って、ハマってしまいました。

彼らをここに呼んでくれたのが「麦の穂さん」
その夜が、ログハウスでのコンサートだったそうです。
嬉しいことに、今年もあるんですよ。ライブが・・・。
麦の穂さんのブログに詳しく載ってます・要チェック!!


●秋のイベントの後、一度だけお店を訪ねたら
しっかりと覚えていてくださいました。
「あの時の・・・」よっぽど印象が強かったんでしょうね。
ジュスカのステージへの、のめりこみ方が(笑)


そしてこの春、ブログの講習の初日に、
教室でお会いしてビックリです。
ここでも私は最初、わかりませんでした。
改めて、今後ともよろしくお願いします。


ちょっとショッキングな写真かも知れませんね。
刺激が強すぎたらゴメンナサイ・・・。

鹿のハクセイ


おとどしの秋の【産業文化祭】の時のイベントでの様子です。
ひときわ目を引く看板息子の【シカ男くん】


解体シーン

現役猟師さんたちによる【猪の解体ショー】が行われました。
マイナイフを手にスイスイと手馴れた様子で進行中。
この後は焼肉にして会場内でふるまわれました。

パックに入ってお店で売られている,お肉やお魚。
子供達は【命】をいただいてるという実感がないのかも知れません。
そういう私も丸のままの魚を扱うのは苦手です。

●自然界に生きているもの・人の手で飼育されたもの・
大地にしっかりと根を張って育った野菜や果物、
お百姓さんが「88回」といわず、それ以上に手をかけてやっと収穫したお米。


毎日の食卓に並ぶ食材に【ありがとうの気持ち】をこめて
きちんと「いただきます」「ごちそうさま」と言ってますよね?

前に一度、ご紹介しましたね。覚えてますか?
今朝(4/13)のM新聞の地方版に記事が載ってたので
今日も「ここのこと」を書きたくなりました。

カエルの写真ももう少しお見せしたかったし・・・。
これは駐車場のそばにいるカエルたち・気持ちよさそうです。

外のカエルたまたま写真に写してた看板【ヨーロッパスケッチ展】
行橋の「京都美術協会の会長さん」の絵画展だったそうです。

92年~03年にかけ、スペインやイタリアをスケッチ旅行した際に
描いた風景画を中心に約40点を展示されてました。
もう展示は終わって次の方にバトンタッチ・・・。
次はこの協会の後進の方の個展のようです。

この「みどりの館」のご主人は協会員でした。
新聞を読むまで知りませんでした。ごめんなさい。

白状します。お店に行ったのも今年の2月が初めてです(笑)
姉と2人でオジャマしてケーキセットをいただきました。

つい最近、ご縁があって少しだけ親しくなりました。
「昭和のこころ・感幸まちづくりウォーク」のマップに添って
歩きましたね・数人で・・・。


豊津は「おばあちゃんの家」があったので子供の頃から、しょっちゅう行ってたくらい身近な場所です。
小学校の校庭で「いとこ」とよく遊んでました。懐かしい。


ご主人と奥様・そしてエプロン姿でレジに立つ、物腰の柔らかな息子さん。

【三人の似顔絵】がレジのそばにありました。
漫画家の先生に描いていただいた作品のアレンジです。

お店に行かれた時は是非、探してみてください。
あまりにもよく似ていて、思わずクスッと笑っちゃいました。


事務所の横の写真をお見せしましょうか?

窓を背にして机が置かれてますので振り返ったり、
コピーをとるのに立ったりした時に、
日に何度も目にする風景です。

ニワウメ


桜と同じ頃、毎年きれいなピンク色の花をつけます。
入社して最初に見た時に当時の工場長に名前を聞きました。

【ニワウメ】 だと教えてくれました。
その方の奥様が好きな花で、ここに移転してきた時に植えられたそうです。
「庭梅」の二文字を当てていいのか、いまだに調べてないので不明です。
ネットでもすぐに調べることができるのに・・・。

今は「花の蜜」を求めてハチやチョウがやってきます。
花が終わると、小さな赤い実をつけます。
「食べられるかな」と思ったけど、ダメみたい。
でも小鳥達にとってはご馳走のようです。

まずフェンスに止まって、様子を伺いながら近づくんですよ。
見つけたときは脅かさないように事務所の中からそ~っと観察しています。

【おいおい、ちゃんと仕事しろよな】
みなさんからの声が聞こえてきそうです(笑)

ここ、みやこ町は(旧)3町が合併して誕生した町です。

それぞれの町単独で図書館を所有していましたので
合併後も変らず、そのまま地元の方たちに利用されてます。

図書館ホームページアドレス
http://www.town.miyako.lg.jp/library/top.jsp


図書館の玄関.jpg

豊津地区にある【中央図書館】の入り口。
あまりなじみがなかったのですが「学びの旅講座」が
隣の「みやこ町歴史民俗博物館」で行われていたので
帰りに立ち寄ってみました。
「お神楽(かぐら)の写真展」に行き当たりラッキー!!
ヨガとお神楽のコラボレーションの写真が新鮮でした。


犀川地区には【犀川図書館】
「いこいの里」と呼ばれる施設に入ってます。
高台にあるので見晴らしは最高。
実家に行った時は寄ってみたり、素通りしたり・・・。


勝山地区には【勝山図書館】
勤務先に近いので1番利用しています。
中国語講座で通ってた「サングレートみやこ」内にあります。
ここに行くといつも掲示板をまずチェック。
新聞各紙の京築地区の切抜きが楽しみで・・・。
自宅で購読していない新聞の記事って気になりませんか?


それぞれ特集コーナーや掲示板など、
工夫を凝らしていて楽しめます。
いつもと違う図書館に行ってみるのも新鮮ですよ。


●勝山図書館では【昭和】に関する本の特集をしています。
4月29日に絡めてかな?
「昭和」の元号の創案者:「吉田学軒さん」にちなんでかな?

門扉前にて

会社の門扉のそばに咲いていました。
アスファルトですが、
この辺りだけほんの少し砂が
溜まってる場所です。

そこでけなげに紫の花をつけてたので
思わず撮りました。

事務所裏に植わってる
杉の根元からは、
土筆(ツクシ)が何本か
顔を出してました。

こちらは草ぼうぼうなので写真はパス。


ワイルドストロベリー

事務所入り口前の
円形のプランターには
【ワイルドストロベリー】
おととし、農協で苗を買ってきて植えました。
あまりにも殺風景だったので・・・。

思う存分、花と、甘い匂いと、赤い実を堪能して、
おしまいだなと思ってたら
翌年の春に「こぼれ種」から葉っぱが出てました。

雑草かと勘違いして、
あやうく抜いてしまうところでした(笑)

丁重に、ど真ん中に移して【VIP待遇】決定です。
そして今年もまた白い花をつけています。


●May your happiness overflow!
あなたが幸せいっぱいになりますように!
 

今の会社に勤めるようになって気がついたこと。
【知らなかった色】がこんなにもあるんだ・・・。

それまでは絵の具や色鉛筆の12色、せいぜい頑張って
24色の呼び方しか知りませんでした。
色見本
「墨」と「黒」は同じではないんだよ。
「鶯(うぐいす)色」って言うけど実際は違うんだよなあ。

クレヨンの「空色」は薄い青で、少し緑がかかると
「水色」になって・・・。

さあ、五感を研ぎ澄ませて今日もお散歩開始です。
今日の空の色は何色だと思いますか?
聴こえてくる鳥の鳴き声の主は?
漂ってくる甘い香りの正体は?

学生時代は通学にも遊びに行くのにも「不便」な
田舎が好きではありませんでした。

働き出して運転免許を取得してからは車ばかりでした。
歩くことで【普段見逃しがちなモノ】が見えてきます。

今はここが「故郷」でよかったと思っています。
いつまでも大切にしたい風景ですね。


田んぼのサムネール画像
【ハローワークで見つけた会社】で働き出して
何年になるでしょうか?

「面接の前に下見を・・・」と思って
地図を頼りに来てみましたがわからずに
周辺をグルグル回ってしまいました(笑)

今でも初めてのドライバーから
電話で場所を聞かれます。

印刷関係の会社です。
以前は「小倉北区」にあったそうなのですが
こちらに移転してきました。
私が入社する数年前に・・・。


会社の前は田んぼ・横は山といった絶好のロケーション。
山からは【鳥のさえずり】が聴こえてきます。
秋には事務所の窓越しに紅葉が楽しめるんですよ。

机
【猿】が敷地内に出没したときは
さすがにビックリしました。

現場の人から
「危ないから外に出るんじゃないよ」と
内線があったくらいです。
なんと、のどかなやりとりでしょう。
都会のオフィスではとても考えられません(笑)

私のもっとも苦手な生き物である【蛇】が
敷地内を横切るのはザラです。
彼らにいわせれば
自分達のフィールドですものね。

一度は事務所の玄関まで入ってきました。
どうしよう???ホウキで外に追いやりましたとも。


事務員は1人きりなので毎日てんてこまいです(笑)
会社訪問シリーズとかあったら面白そうですね。
【みやこ町の元気な会社】

働く場所があることの幸せを感じています。


平成筑豊鉄道「しんとよつ」下車。
S字(スマイル)ロードに添って右手方向に歩いて約10分。

小高い場所にあるので景色は最高です。
ポカポカ陽気の今頃はオープンテラスでのカフェがごちそう。

みどりの館展示物

一階がテーブル席と、お座敷(和室)
「定食」や「ケーキセット」等をゆったりといただけます。
窓際や壁のディスプレイを見ているだけで飽きません。
なんと贅沢な時間・・・。


入り口正面の階段を上って二階がギャラリー。
左右に各1部屋ずつ。
お目当ての企画以外にフラッと立ち寄ってみるのもアリです。


アプローチから店内のいたるところでユニークな蛙くんたちが
お出迎えしてくれます(笑)

階段左の大きな蛙と、レジ回りの小物のチェックもお忘れなく。
【自分へのお土産】に良さそうなものがズラリと並んでます。

みどりの館
今日も催し物があってたので看板をパシャ。
【お腹の大きな蛙さん】が隠れてるのがわかりますか?

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04