2011年10月アーカイブ

もうとっくに過ぎてしまいました(笑)

くどいようですが、私は決して「鉄子」ではありません。
そもそもこの日が「鉄道の日」だというのは
ゴガクル仲間の日記で知ったくらいですから・・・。

tetudou.jpg


ちょうど「築上町のさと巡りツアー」の日でした。
コマーレの図書館に立ち寄ったあと、なにげなく手にとった1枚のチラシ。

●後日、新聞の地方欄の記事で「バイオリンの岡田鉄平さん」が
行橋市の出身だということを知りました。


【クラシックを遊ぶ音楽実験室】 杉ちゃん&鉄平リサイタルツアー2011
全16ケ所 17公演は10/29が最終日だったようですね、お疲れさまでした。


長渕剛の曲で【東京青春朝焼物語】というのがあります。
その歌詞の中の "井の頭線で五つめの駅" というのが
どこのことなのか、長いこと、ずっと私の中で謎でした。
路線図を調べたらすぐにわかることなのに・・・(笑)


♪ 両足が鉄の棒のように 痛かった
お前と二人で不動産屋を廻った
はり紙を何度も何度も なぞりながら
井の頭線で五つめの駅で降りた ♪


最近、ゴガクルで剛ネタでおしゃべりするようになった
関西出身、関東在住の彼が【駅の名前と町の様子】を教えてくれました。
「下町で人情味のあるところですよ」と。


♪ 豆腐屋のばあさんは ゴムのエプロンに長靴で
いつも そこら中に 水をまいていた
「ごめんよ」が このばあさんの いつもの挨拶で
そこを通るたびに 笑ってた ♪

彼の説明があったからこそ
「このおばあちゃんは、きっと手ぬぐいで姉さんかぶりをしていて
ブリキのバケツと柄杓を手に、道路に水をまいているんだろうなあ」
そんな歌詞にはない細部までが、すっと頭に浮かんできました。

●ちなみに彼はちゃんと長渕剛のことを「剛アニキ」と呼んでます。
JAPANの東京ドームのコンサートのビデオも持ってるけど
VHSだから今は観れないって。
私もビデオディスクを持ってるけど機械がダメになったからもう観れない!!

先日、チラッとお知らせしてましたが、ブログ仲間のアサジさんが
去年行かれていたようで、早速コメントをいただきましたので・・・。

去年は【学級長】も会場にいらして、10/29、当日の【田舎爺さんのつぶやき】で
コンサートの様子を詳しく読むことができますヨ。
この日は福岡でのシャガール展にも行かれてましたね。パワフルです。


yumenithi.jpg


「吉田次郎 hometown concert 2011 joint 愉快な仲間たち」

今年の、愉快な仲間たちは???


●苅田中学校吹奏楽部・・・2年生を中心にメンバーを編成。
ゆめのジョイントは、ビートにのってグルーブを楽しもう!がテーマだとか。


●キャンファツリー・・・三原文化会館で活動のコーラスサークル。
バイオリンとピアノの伴奏で、新しいハーモニーを奏でます。
リズムにのって、カッコよく。


●役場バンド・・・10人のメンバーは役場職員とその家族、役場職員OBの構成。
世代を問わず、音楽好きなメンバーが集まって楽しく演奏活動をされてます。
レパートリーもグループサウンズ、J-pop、 洋楽と様々。


吉田次郎氏と共演できるなんてすごいなあ。
きっと一生の思い出になりますね。


ギターの吉田次郎さん。
サックスのオレ・マティセンさん。
ピアノのバーナーガーウィックさん。
ベースの坂井紅介さん。
ドラムの村上 "ポンタ" 秀一さん。
そしてスペシャルゲストの【今 陽子さん】

想像しただけで、うっとりしてしまいます。

10/22 (土) のシンポジウムでいただいたクリアファイルの中には
数枚のチラシが入っていました。

●10/29 (土) の第11回 秋満喫祭 in 白川 ってもう終わってしまいましたね。


●2011ゆめニティコンサートは 11/26(土) 苅田町中央公民館大ホール
去年もありました。吉田次郎さんのギター。バンドメンバーも豪華です。
今年はスペシャルゲストとして「今陽子さん」が出演予定です、お見逃しなく。


jyosei.jpg


●そして 「第2回全国女性町長サミット in かんだ」
~ 女性の元気が地域を変える ~ の案内も・・・。

女性町長は全国に6人いらっしゃるのですね。
せっかくなのでご紹介しましょう。

北から 北海道 上川郡 東神楽町長・・・川野 惠子さん

栃木県 下都賀郡 野木町長・・・真瀬 宏子さん

埼玉県 入間郡 越生町長・・・田島 公子さん

京都府 与謝郡 与謝野町長・・・太田 貴美さん

兵庫県 加古郡 播磨町長・・・清水 ひろ子さん

そして 福岡県 京都郡 苅田町長・・・吉廣 啓子さん


11/18 (金) の夜がスカイホテル苅田での歓迎レセプション
~ 6町長との懇談 京築の特産品料理とともに ~

11/19 (土) はパンジープラザでのサミットシンポジウム
笑って考える女と男の生き方   -日本・韓国・アメリカから-
東京大学大学院教授の瀬地山角氏の講演。

この方、私より2歳年上で、
家庭では保育所の送迎と夕食作りを担当されているとか。
「笑いを誘う巧みな話術には定評がある」らしいので楽しみです。

歓迎レセプションは【会費 3,000円で要予約】となっています。


一週間も前のレポートを今頃になって、やっと仕上げてます。
苅田まちづくりカレッジの西村先生から大目玉をくらいそう・・・(笑)

クリア2.jpg

みやこnetの勉強会と同じ日 10月22日(土) 10:00~11:45
苅田町の三原文化会館大ホールにて行われました。

そういえば、みやこnetの勉強会では何を習ったのかな?
出席できなかった私たちのためにもuedaさん、レポートをお願いします!!

【協働のまちづくりシンポジウム2011】
苅田まちづくりカレッジ + 協働のまちづくり事業活動発表会


受付でクリアファイルとボールペンをもらって、なんか得した気分です。
この会場は、私たち5期生の入学式が行われた記念の場所。
期待と不安に包まれてドキドキしていたのを思い出します。


会場の前方には長机と椅子の席が、後方には椅子だけの席が
準備されていましたが、ほぼ埋まっていました。
ざっと数えたところ、約60人くらいだったでしょうか。

左側の壁には、先日、私たちが作成したグリーンマップもありました。
後ろの壁には「二崎志津摩桜保存会」の方たちが用意した年表も・・・。


クリア1.jpg


【物語の7つの力】
①興味がもてる
②記憶に残る
③伝わりやすい
④人に語りたくなる
⑤行動を促しやすい
⑥感情に訴える
⑦話の流れで文脈を理解できる

基調講演の猿渡弘治さんは"JTBコミュニケーションズ九州地域活性化室長"です。
「五感を刺激し、感性に働きかける」


●感動の種類には二通りあります。
ハートフル・・・「じーん」・・・記憶に残る系サービス
サプライズ・・・「なんと!」・・・瞬間系モノ

具体例をあげながらのとてもわかりやすい講演でした。
その後は【地童座】【二崎志津摩桜保存会】
【苅田まちづくりカレッジOB会】の活動発表。


閉会後はロビーのあちこちで懇談する姿が見られました。


応接セットの向こうでは写真を広げながら。
こちらのテーブルでは紙芝居のフレームの話のようです。
ソファーでは西村先生が・・・他にも立ち話をされている方も。


地童座さんの紙芝居の枠、新しくなりそうで、
よかったですね、柏崎先輩!!

Eテレ(教育テレビ) 毎週木曜日 23:00から放送されている
江口裕之先生の【トラッドジャパン】
日本文化を英語で紹介する番組です。


jica.jpg


主に四季犀館のブログメンバーで構成されている「みやこNET」というのがあります。
その中で「秋のイベントのご案内」としてアサジさんから教えてもらいました。


おもしろそうだな。韓国語講座でもちょっと声をかけてみようっと。
去年、中国語講座でもご一緒した方が話しにのってくれたのです。
なんだかとっても嬉しくて・・・。


「打ち合わせの案内のハガキ」を手に三人とも推進会議の会場へ。
いきなり【盆踊りの練習】をしていました(笑)
その後はテーブルと椅子を準備しての当日のスケジュールの確認他。


ura.jpg

お神楽は・・・Kagura dance
盆踊りは・・・bon dance か~。
英和・和英辞典を持っといたほうがいいかも???

我々は、国分寺から合流して、宿泊せずに帰ることになりました。
みやこ町国際交流協会のみなさん、どうぞよろしくお願いします!!

築上町のレポートは、一時中断します。あしからず・・・。

10/21 (金) 定時まで仕事をして向かったのは【パン工房:麦の穂さん】
すでに「井上町長」と「猪かあちゃん」がライブレポート提出済みですね。
2人とも、ホントに仕事が早いんだから、ついていけないでしょ。

mikami.jpg


9/23 ~ 10/30 までの【全国31ケ所ツアー】の真っ最中。
10/18 ~ 10/30 までは毎日違う会場でのステージということは
移動と楽器のセッテイングだけで大忙しですね。


それではここでメンバーの紹介を・・・。


●on the piano・・・クニ三上さん

ニューヨーク在住、名門ビッグバンドで活躍した凄腕ジャズピアニスト。
世界をまたにかけて活躍中のお忙しい中、日本にも年に二回来日し、
全国で年間50回以上の演奏を行っています。
ストライプのスーツがとてもよくお似合いで、洗練されたイメージにピッタリ。

●on the bass・・・池田聡さん

お父さまはベーシストの池田芳夫さん。
さまざまなミュージシャンと都内のライブハウス出演等で活躍中。
ベース講師として後進の指導も務めてらっしゃいます。
「甘~いマスク」と「確かな指使い」で会場のみんなを魅了しまくり。

●on the drums・・・井沢晃さん

ドラムを始めたのは16才の時、上京したのは20才とのこと。
若手からベテランまで、幅広いミュージシャンに絶大な信頼を得ていて
都内ライブハウス、全国ツアー、CDレコーディン等で活躍されています。
【モナリザのネクタイ】はインパクト大でした(笑)

こんなにすばらしいメンバーの演奏が、この「みやこ町」で、
しかも至近距離で聴けたのです。ログハウスの室内で・・・。

ピアノのイントロが ささやきます 「この曲わかる?」
それに応えるベース 「この曲だよね?」
そこにドラムが加わり演奏が始まります。
楽器たちがはずみながら楽しくおしゃべりしているようでした。

音楽を聴きつつ、彼らの表情をずっと見てました。
ピアノの三上さんとドラムの井川さんの【アイコンタクト】

ベースの池田さんは手前にいたので、
きっと背中でそれを感じていたことでしょう。

●とびきり上等の夜でした。
演奏された3人の方はもちろん、
裏で支えてくれたスタッフのみなさま、どうもありがとうございました。

麦の穂ママはそれでも【夜中の2時起き】で
「おらが町に来て見てギャラリー」用のパンを焼く予定だとか。
ご主人は雨の中、ず~っと駐車場の担当で風邪ひいてませんか?
おふたりとも、無理しないで、ゆっくり休んで下さいネ。


の【卵かけご飯】というタイトルにしようかと思いましたが
長くなりそうだったので断念しました(笑)

築上町の「さと」巡りツアーの昼食の場所がこちらでした。

kii.jpg

まだ雨が降りだす前:屋外 (屋根付き) で鶏づくしの献立に大満足。
「鶏の皮の酢の物」は汁まで飲み干しましたとも。

鶏刺 (とりさし) は、ゆず醤油で・・・新鮮でないと、こうはいきませんよね。
鶏もも肉は、秘伝のタレ味と、塩焼きの二種類。
もちろん焼きたてのアツアツです。

メインはなんといっても「卵かけご飯」
どんぶりいっぱいのご飯、食べきれるかな~と思ってましたが
なんのなんの、ペロリとたいらげました。
午前中、よく歩き回っておなかペコペコでしたから・・・。


tamago.jpg

敷地内や売店を、ぶらりとお散歩。
ジェラートがあまりにもおいしそうだったのでデザートと称して買い求めました。
甘いものは別腹です(笑)

抹茶・チョコレート・キャラメル・特製の卵(バニラ)味。
やっぱりこちらならではの【卵味】をお願いしたら
うれしい【ひとくちおまけ、のサービス】
チョコレート味をのせてもらって ¥150 (スモール: コーンor カップ) 

●ロールケーキやプリンもおいしそうでした。
もちろんお肉も卵も購入できます。これぞ産地直売!!

山内先生、こちらの接客 (お客さんのさばき方) をベタ褒めされてました。
団体客を受け入れて、時間通りにキチッと、スムーズにもてなしていたと。


ツアーの満足度はこういうところに表れるのですね。
あと、トイレ休憩も重要なポイントだそうで・・・。


さあ、ツアーで巡った場所をご案内しましょうか。

いつもは1台のバスにみんな一緒に乗り込みますが、
この日は秋の行楽シーズン (?) とあって、いつものバスは他で使用中。
小型のバス2台 (もちろん京築観光バスさん) に分乗してのスタートです。

私は白川さん運転の一号車へ。
山内先生やfukiage先生、everyday coolさんご夫婦とも一緒でした。

最初に向かったのがこちらの【船迫窯跡】古代焼き物の里


funasako2.jpg


名前は知っていましたが、行ったのは今回が初めてでした。
前日の雨も上がり、足元はちょっと・・・でしたが、雄大で、
「とても気持ちがよい空間」が目の前に広がっていました。


"みやこ町の豊前国分寺の瓦をここで焼き、その地まで運搬した。"
奈良時代のことです。 古代へのロマンをかきたてられますね。

「復元工房建物」は壁のないシンプルな構造。
一部分が高床式になっていて、そこにちょこんと腰掛けてみました。
【大の字】になってお昼寝したら気分最高、間違いなしです(笑)

sunasako1.jpg


入場料:無料で、「里山の遊歩道」も整備されていて
「窯跡展示建物」や「堂がえり古墳群」をお散歩がてら回り
「体験学習館」では常設展示や、特別展、陶芸体験もできるようです。


●次回の特別展は【モノづくりと道具】
期間は 10月25日 (火) ~ 12月4日 (日)   月曜休館

"原始・古代の石器や鉄器。
鍛冶・大工・桶作り、菓子道具などちょっとなつかしい道具たち。"


亡き父は「大工」でした。
雨の日は仕事が休みになることが多く、玄関先で道具の手入れをしていました。


のこぎりの目立て・ごちゃ混ぜになった釘の仕分け・
カンナの刃も砥石で研いでましたっけ。


そういえば、小学校の近くには【鍛冶屋さん】もありました。
「人間の手」ってなんでもつくれちゃうんですね。


10月15日(土)  曇り のち 晴れ のち 雨

築上町 「うみ、まち、さと、やま」ツアーガイド講座 第四回目の日でした。
前回の「まち」巡りツアーは、リンボウ先生の講演会と
同じ日だったので、見送りました。

もちろん出かける前は7時からのラジオで「リトル・チャロ2」に
一週間分のおさらいです。

今週は【永遠の命】というエピソードなので、
グッと心に響く格言の数々・・・。

●Life is beautiful because it ends.
命はいつか尽きるからこそ美しい。


集合時間ギリギリの電車か、一本早いので行くか?
早めに行って、コマーレの図書館をちょっとのぞくことにします。
9時から開いているのはリサーチ済みでしたから(笑)


tikujyou.JPG


ここであらかじめお断り・・・。
右端が切れてます。「我が家の環境」ではこれが精一杯です。
もっと知りたいと思われた方はホームページをご参照ください。

巡った先は、また少しずつご紹介することにしましょう。
よく歩いたので今日は少々疲れ気味。


折りたたみの傘を「念の為に」と、持っといて正解でした。
最寄りの駅で下車した後は、入院中の母の顔を見てからの帰宅。


明日はゆっくり休んでやる!!


先週の苅カレでもらいました。

【協働のまちづくりシンポジウム 2011】
苅田まちづくりカレッジ + 協働のまちづくり事業活動発表会


来週の土曜日の授業は、5期生・6期生合同です。
一般の方も入場OKですので、是非、みなさまもご来場ください。


monogatari.jpg


基調講演は「猿渡弘治氏」
JTBコミュニケーションズ九州地域活性化室長のお話を聞くのは初めてです。
【心に響く苅田物語を育てよう!】

そういえば、原賀いずみさんとグリーンマップを作成したあの日、
「物語を意識する」ように言われてたっけ。
時間がなくて「山幸コース」は、それどころではなかったけれど・・・。

活動発表は三団体が予定されていますね。


●地童座・・・苅田まちづくりカレッジ卒業生を中心に、町に伝わる民話を取材して
紙芝居として創作。
町内外で公演活動を行っています。


●二崎志津摩桜保存会・・・幕末の小倉藩家老・島村志津摩ゆかりの桜を
「志津摩桜」と名づけ、桜まつりなどのイベントや自然環境の保全を進めています。


●苅田まちづくりカレッジOB会・・・苅田まちづくりカレッジ卒業生有志で結成し、
まちづくり活動の支援やネットワークの構築をめざしています。


私も、来年の春無事に卒業できたら、 OB会のメンバーの仲間入り???


コーディネーターはNPO法人まちネット人ネット九州理事の【西村健司】先生。
先日の「吉富町でのまちづくり塾」で、大変お世話になりました。

当日も、ヨロシクお願いします!!


10/12(水) 仕事から帰宅するとハガキが2枚、届いていました。
どちらも嬉しいお便りでした。

bijyutu.jpg


「みどりの館さん」からは【第65回 京都 (みやこ) 美術協会展】のお知らせ。
一期展示は【コスメイト行橋2F 企画展示室】で10/6~10/10まで行われてました。

10/12 ~ 10/23までは,場所を【みどりの館2Fギャラリー】に移しての二期展示。
10/17(月) は休館日となってますので、お出かけになる方はご注意を・・・。

そして、もう1枚は北村学長からの【第二回まちづくり塾】のお礼のハガキ。
薄緑色の用紙の表と裏に、先生の直筆の文字が楽しそうに踊っています。
お見せしたいのはやまやまですが、こっちは非公開 (笑)

ですが文面の一部をみなさまにも・・・。

"おかげさまで大変盛況で、次回への希望が持てる会となり、
本当にありがとうございました。
取急ぎ御礼申し上げます。"


●次回の【みやこ町でのまちづくり塾】が、待ち遠しいですね。

10月11日 今日はあの【東日本大震災】から7ヶ月目の日。

2日前に仕事でこのイベントに行ってた夫からのお土産です。
【美夜古災害対策フォーラム】 
ウイズ行橋にて社団法人:美夜古青年会議所の主催で行われました。

guzzu.jpg

【体験ブース】では、しっかりヘルメットをかぶって「振動実験車」で地震を体験したらしい。
でも「覚悟して揺れるの」と、「前触れもなくいきなり揺れるの」では全然違う。
あの日は地震だけでなく、津波と原子力発電所の事故もありました。


ゴガクルの日記はその頃も毎日続いていました。
大震災の映像が毎日テレビで大量に垂れ流されていた頃。


「そんな気分になれない」
「大変な人がいっぱいいるのに勉強どころではない」
多くの勉強仲間はそんな状況でした。


私のその日はみんなから1カ月遅れてやってきました。
ちょうど1ケ月後の4月11日、同じように大きな地震がありましたね。
覚えていますか?


ひんぱんに出されていた余震速報と同じように、受け止めていました。


●「感覚が麻痺している」 そんな自分が嫌になり、
チームハングルの「ごーやさん」のとこで泣き言を言ったら
すぐに飛んできて活を入れてくれたんです、彼女。


嬉しくて嬉しくて、パソコンの前でひとりでポロポロ泣きました。

saigai.jpg


このあたりはほとんど地震がないので意識がちょっと低めですね。
まずは避難場所の確認から、スタートしましょう。
ご近所さんの家族構成は、もちろんご存知ですよね?

「この」  「その」  「あの」  「どの」
「これ」  「それ」  「あれ」  「どれ」
「ここ」  「そこ」  「あそこ」  「どこ」


先週の韓国語講座では、これらの言葉を習いました。
国語 (日本語・ひらがな )を習い始めた小学生に戻った気分(笑)


でも、これだけでも会話の中で聞き取れたり、
例文をアレンジして使えるとグーンと幅が広がります。


cd.jpg


車の中ではテキストの付属のCDをずっと聞いています。
耳から音はかなり覚えたけど、読み書きはあいかわらずおろそかになりがちです。


先日は、みやこ町の井上町長や、ブログ仲間のアサジさんが
苅田町の西日本工業大学の留学生の方たちとの交流会の記事を書かれてましたね。
諸外国の方たちの文化や生活習慣、考え方に触れるのはとても刺激的です。


韓国語講座の先生は、言葉を慎重に選びながら「反日感情」のことにも触れていました。
彼女の世代はそうでもないようですが、両親や祖父母の世代には、まだ・・・。
歴史の勉強もおろそかにはできません。


●海外旅行で挨拶に次いで、絶対おぼえておくといいフレーズ
【トイレはどこ?】 

화 장 실 은   어 디 ?
(ファジャンシルン オディ?)

この機会に是非、覚えて帰ってください(笑)

「この後、お時間の許す方は、懇親会の会場へ」
そう促されて歩いて向かった先が、こちらの【吉富亭】

yositomitei.jpg

車でいらしてる方が多かったようで、参加者ちょっと少なめでしたが
その分、吉津先生の隣の席でいろいろ話ができ、
有意義な時間を過ごすことができました。
北村学長は前の席でした。恐れ多いです・・・(笑)

創業明治42年ということは、行橋市の【京都ホテル】と並ぶ老舗では?
「中津の奥座敷」らしく、電話番号の市外局番はしっかり「中津局」ですね。


広々としたロビー、感じのよい女将さん。
公衆電話を探していましたが見つからず、たずねたところ
「カウンターの電話を使ってください」と気持ちよく貸してくださいました。

出し巻き卵、あつあつのから揚げ、とてもおいしかったです。
飲めないくせに、懇親会にはちゃっかり顔を出します。
ここでしか聞けない話や、出会いがあると思ってるので・・・。


シンポジウムの会場の吉富フォーユー会館から日豊線のガードをくぐって
まっすぐ約10分くらいでしょうか。

途中でちょうど、お神楽が行われており、お囃子につられて
北村学長、デジタルカメラを手に嬉しそうに近づいて写真を撮ってましたよ。


「この通りが吉富町の商店街です。」
道すがら商工会の濱田氏が教えてくださいました。


みやこ町犀川・豊津・勝山・行橋市の商店街・・・。
車社会となり郊外型のお店が増えたこともあり、ちょっと寂しいですね。

●懇親会の会場では自己紹介の時、例の【似顔絵】を顔の横に当てて
苅田まちづくりカレッジの在校生であること、
四季犀館ブログで記事を書いてること、等をしっかりアピール(笑)


吉津先生も北村学長も、もちろん今泉先生のこと、ご存知でした。
そして吉富町では【ミニの日】にちなんで以前イベントが行われていましたね。


【京築まるごとナビ】でも見ていたし、今泉先生と3月にお会いした時、
お昼ごはんを食べながら、いろいろと話を聞かせてもらってたんですよ。

●ジグソーパズルのように、バラバラだったピースが、
最近、少しずつですが、形になっていきつつあるような気がします。

下関まで帰られる吉津先生は、いったん中津まで【下りの電車】で、
私たちは日豊線の【上りの各駅停車】でボチボチ帰りました。

駅まで見送りに来て下さった方々、どうもありがとうごさいました!!
共催の吉富町のみなさま、スタッフのみなさま、お世話になりました。

福岡県築上郡上毛町:この町は「みやこ町」と同じように合併してできた町です。

平成17年10月:それまでは【新吉富村】と【大平村】でした。

知らないことばかりなので少し調べないといけないと思っていましたが、
偶然、苅田町役場に行く用事があり、出勤前に寄って、いつものように
掲示板チェックやパンフレットを見ていたところ、いいのがありました(笑)

【グラフふくおか】 NO.564 2011秋号
発行は福岡県 県民情報広報課です。


郵便局等で待ち時間にパラパラとバックナンバーを読んでいました。
今回の 「きらめきマイタウン」で取り上げられているのがズバリ【上毛町】


kouge.JPG


場所もひと目でわかりますね。
福岡県の県庁所在地は福岡市博多区:ここからだと遠すぎる!!
ちょっと下ったらもう「大分県中津市」ですもん。

●第二部のオープンディスカッションはこの上毛町にお住まいの方2人と
吉富町の商工会事務局長の、お話をまず約10分ずつ聞きました。

①県境に隣接するまちに住んで、生活面での不都合ありませんか?

②不都合克服のためにどんな工夫をしていますか?


「電話の市外局番は中津局です。」
中津は市内料金で、110番も中津。
「NTTのマイラインでは県外通話になります。」とは商工会の濱田氏。

税務署・パスポートセンター・ハローワーク
運転免許証もそうかな、なんにしてもそこまでが遠い。


農業をなさってる岡光さん。
地方債や血のつながり、結婚のことまで話がひろがります。

NPO法人ピアハウスつばさ会理事長の山下氏
「上毛町地域づくり協議会」というのが以前あったという話や
「上毛町ファンクラブ」「炊き出しコンテスト」等
面白そうな情報をたくさん教えてくださいました。

吉津先生からの感想や会場からの質疑応答もあり
予定時間を約20分オーバーして終了しました。
もっと堅苦しいかと思ってましたが、とてもいい雰囲気でしたね。
【小倉藩】と【中津藩】になぞらえた意見には思わず納得(笑)

北村学長の「まちネット人ネット九州」が各地でこのまちづくり塾を
開催するのは「人材発見の為」なのだそうで・・・。
そしてこの日も、すばらしい出会いがあったと講評でおっしゃってました。


北村学長、最後はこの言葉で締めくくりましたよ。
【次回はみやこ町でやります!!】


吉富町で行われた「第二回まちづくり塾」

第一部の基調講演の講師が、この方でした。
下関市立大学経済学部の教授であり、
山口県・下関市の各開発審査会の役員をいくつも兼任されてます。

yoshidasi.JPG


頂いた資料によると福岡県には七つの県際交流圏があります。
【ふくおか新世紀プラン  (1997年~2010年度) 】

① 関門県際交流圏 (福岡・山口)

② 豊前県際交流圏 (福岡・大分)

③ 玄海ウエストコースト県際交流圏 (福岡・佐賀)

④ 九州クロスウェイ県際交流圏 (福岡・佐賀)

⑤ 筑後川下流県際交流圏 (福岡・佐賀)

⑥ 中部有明県際交流圏 (福岡・熊本)

⑦ 筑後川中流県際交流圏 (福岡・大分)


●その中の ①番 関門県際交流圏の事例をいくつか上げながらの
わかりやすい講演会でした。

=交通・物流ネットワークの再生と関門海峡観光ゾーンの創出=

【関門海峡花火大会】は毎年お盆に開催されていますね。

【維新・海峡ウォーク】も門司と下関が協力しています。


他には「海峡連携による高齢者の公共施設総合利用」の表を見ながら
例えば下関市の長府庭園や下関市立美術館(常設展示)の利用料。
北九州市の方が住所・年齢を証明できるものを提示すれば無料になるんですよ。


逆に、北九州市内の施設を利用する際に「下関市健康手帳」を持参すると
割引になったり、無料になったり・・・。

栃木・群馬両県の都市システム(両毛地域)の事例も交えながらの
約1時間の講演で第一部は終了です。

●休憩をはさんで第二部、オープンディスカッションへと続きます。

気にはなっていましたが、なかなかじっくりと向き合う時間がとれなくて
レポートがすっかり遅くなってしまいました。

平成23年10月1日(土)  2011年度 第二回まちづくり塾
"行政境界を超えた地域連携について"

【吉富フォーユー会館】の二階の研修室を2部屋開放した広々とした会場には、
ほぼ満員に近い方が各地からお忙しい中、集まってくださいました。


●まず最初に、この京築地域の場所の確認をしておきましょうか。


misaki.jpg

当日いただいた資料の中の一枚です。
「みさきくん」の後ろにうっすらと見えるのが、北部九州の地図です。


ちょっと色の濃いくなってるところがこの【京築 (けいちく) 】
福岡県北九州市と大分県中津市とに隣接する「2市5町」を差します。


カレッジの入学式の記事で書きましたが、北村学長のクイズ、覚えてますか?

一番面積が広いのは?・・・みやこ町
一番面積が狭いのは?・・・吉富町

この地図でも町名の紹介は「豊前海」のとこまで、はみだしています。

irasuto.jpg


その吉富町を拡大したのが、こちらのマップ。
大分県との県境は「山国川」
ここでは【大綱引き大会】も行われます。

高校の時、築城や豊前から通っていた友達は
休日の買い物は「小倉」ではなく「中津」に行ってました。


犀川の住民だった私は、子供の頃、「行橋でのお買い物」が
一大イベントで、ワクワクしたものです。


行橋や苅田の人はやっぱり「小倉」でのお買い物かな?

そのあたりを踏まえながら、次回は吉津先生の講演を振り返りましょう。

♪ も-も、も-も、シャ-コ、シャコ~ ♪
行橋の子供たちは【モモシャコ体操】、みんな踊れると聞いています(笑)

10/1(土) JR日豊本線で「吉富」に向かう途中、行橋駅で下車して構内をお散歩。
普段利用することがないので、次の電車が来るまで階段を下りてふらふら見てました。

nenkin.jpg


改札口付近にパンフレットがいろいろとあったので物色中、
10月14日・15日の【年金セール】のチラシに思わず手が伸びました。


" 行橋の老舗のお店が並ぶ商店街!! "
行橋駅から徒歩5分の商店街の年金日の恒例セールとなっています。


私が学生の頃は、まだ行橋に【映画館】がありました。
原田知世さんの「時をかける少女」を試験のあとの中途半端な
田川線の待ち時間に観に行った記憶があります。


●あの頃の田川線は10:48 の次は 14:00 しかなくて、中間や期末の時は最悪 (笑)
3時限で終わると11:00頃で約3時間も待たなくてはなりませんでした。
映画館はどの辺にあったかな? 


kenkou.jpg


行橋健幸(けんこう)つなき隊のことは、昨年度の苅田まちづくりカレッジで
初めて知りました。
平成23年1月22日(土) 苅田町中央公民館:第5研修室

【あなたの元気・笑顔づくりは、まちづくり】というタイトルで
行橋市健康づくり推進係の「津坂咲江さん」と隊長さん
隊員さんが来て下さいました。


「薬草あめづくり」 「食べ歩き隊」 「夜間部」
 「川柳班」 「コーラス班」 「キャラクター班」etc...
他にもいろいろなグループがあるそうです。


ちなみに「まちネット人ネット九州」の西村先生は「夜間部」の所属だそうで・・・。
隣の部屋で先輩たちのグループワークの為に来ていた西村先生。
終了後、津坂さんと仲良く話してたので、「あれ、お知り合いですか?」と
聞いたら、そう教えてくれました。

この日は津坂さんのお話のあと、食育をテーマにした人形劇を楽しみ、
冒頭でご紹介した【ももしゃこ体操】をカレッジの受講生みんなで踊りました。
「ふれあいいきいきサロン」等で要請があれば出張して下さるそうです。

●行橋駅のショップではしっかり「ももしゃこ体操」のCD、販売していましたヨ。
行橋みやげにいかがでしょう?
ウケること間違いなしです。 「もも」も「シャコ」も行橋らしいでしょ。

前回のみやこnetの勉強会に出席した時、終了後図書館で本を借りる時、
カウンターにあったので一枚もらって帰っていました。

ノンフィクション作家・評論家 【柳田邦男 講演会】
「言葉の力、生きる力」


kotoba.jpg


事前の申し込みが必要ですが、入場無料となっています。
明日は、サン・グレートみやこで「韓国語講座」があるので
図書館に申し込んで帰ろうかなと再度、じっくり読み直しているところです。


"終末期医療、言葉と心の危機、ネット社会の問題等について
積極的に発言している。

また、心の再生のために「大人にこそ絵本を」のキャンペーンを展開。

2011年東京電力福島第一原発事故の調査・検証委員会の委員に選ばれる。"

●主な近著

「僕は9歳のときから死と向きあってきた」

「悲しみの涙は明日を生きる道しるべ」

「人生やり直し読本」

「新・がん50人の勇気」


1936年生まれ (栃木県) NHKの記者をなさってた柳田さんのお話、
今からとても楽しみです。
深く考えさせられることばかりかも知れません。


外国語を学ぶようになって、言葉の大切さをあらためて感じています。
3.11以降、特に・・・そして日本語の美しさも。


「ひまわりこども」さんで、オバマ大統領の本を買いましたが、
その日、店内で別の絵本を読んで、ポロポロと泣いてしまいました。
レジ付近だったので、きっと前田さんに目撃されてましたね (笑)

犀川っ子の一大イベントは五月の生立八幡宮の神幸祭ですが、
苅田っ子である我が夫や、苅田町民にとっては、毎年秋に行われる
【宇原神社のお祭り】がやっぱり一大イベントですね。


JR小波瀬西工大前駅周辺の区(新津や今古賀、小波瀬・・・)等は
春に【大原八幡の神幸祭】があり
そちらのお神輿を担ぐので、こちらには参加していません。

kamimati.jpg


何日か前はちょうちんでぐるっと囲まれて、夜くりだしていた山車が
今日はとびきりおめかしして苅田町役場の駐車場に勢ぞろい。
道路を通行中はこんな感じ、会場についてから飾りを起こします。


会場にはぐるりとさまざまな出店が並んでいます。
はし巻き、綿菓子、シロコロホルモン、焼き鳥、カキ氷・・・。
去年のこの日は雨で大変でしたが、今年はそれほど暑くもなく
過ごしやすい一日でした。


15時前頃、宇原神社へ向けて神様がお乗りになっている
【お神輿】のご出立、いつ見ても厳かで、思わず手を合わせてしまいます。


その後は「ケンカ山笠」 幾通りかの組み合わせでのぶつかりあい。
ぶつかった後は両方から紙ふぶきが巻き散らかされます。
スパイダーマンよろしく「くもの巣」を使用する区もありましたっけ。


baba.jpg


順次、各区の山車が帰って行き、最後に残ったのは【馬場区】
馬の法被なので一目でわかります。
左向きの馬がほとんどですが、中には右向きの馬の法被を
着ている方もいらっしゃいます。
そのあたりを来年チェックするのも楽しいかもしれませんよ。


今年も無事にお祭りが終わりました。

10/1(土) 仕事休み。

朝のラジオで英語の【リトル・チャロ2】の一週間分の再放送を聴きました。
【語学の秋】も順調です。


その後、出かける準備をして、「いざ吉富町へ」
JR日豊本線:椎田駅までは築上町のふるさとガイドの研修で行ったことは
ありますが、その先は本当に久しぶりです。

「吉富駅ってあったっけ?」
まず最初に思ったのがこれでした。

椎田(しいだ)の先は、豊前松江(ぶぜんしょうえ)、
宇島(うのしま)、三毛門(みけかど)、中津(なかつ)じゃなかったっけ?

●しっかり「中津のひとつ手前」にありました。

椎田から先は周防灘のすぐ横を走るので気分爽快。
「豊前松江」の駅では思わず【途中下車】したいくらいでした(笑)

yoshitomi.jpg

14時から「吉富フォーユー会館」で行われた【第二回まちづくり塾】
"特定非営利活動法人:まちネット人ネット九州"

苅田まちづくりカレッジでお世話になっている、
北村先生や西村先生の団体の主催です。


先日ご紹介してましたね。予告どおり、ちゃんと行ってきました。
もうちょっとしっかり頭の中でまとめて、次回詳しく内容を報告いたします。

会場の吉富フォーユー会館は、駅から歩いてわりとすぐで、
体育館や武道場も隣接。
北村先生は3分で着くかどうか、腕時計でチェックしながら歩いてました(笑)


この会館の中には「図書館」もありましたが、
今回は見て回る余裕もなく、パスしました。


明日(10/2)は航空自衛隊:築城基地の航空祭ですね。
周辺道路の渋滞が予想されます。
お出かけには時間にゆとりを持って・・・。


ここ苅田町では役場の前に山笠が勢ぞろいしますよ~。
今年のぶつかり合いは、どことどこだろう?


このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04