2011年11月アーカイブ

日にちがかなり経ってしまいましたが・・・
瀬地山 角 (せちやま かく) さんの講演より。

11/19(土) 苅田町のパンジープラザで行われた
「第2回 全国女性町長サミット in かんだ」のシンポジウム

パネルディスカッションの前の基調講演がこの方でした。

zou.jpg


「ちょっと変わった家族です」
日本人が3人・韓国人が3人・アメリカ人が1人。
全部あわせると?・・・4人家族てなってるけど変だなあ。

子供が3重国籍を持ってるからだそうで。
えっ、そんなのアリ???

「保育所の送り迎えは自分の役目でした。」
「妻は夕食の準備が終わった頃に帰宅します。」


【夫の育休・育児】かなり理解されてきてるようですが
この国ではまだまだ・・・といったところですね。


先日の柳田邦男先生の講演では、
若いお父さんが、子供たちに本を読んであげている写真が
紹介されました。

「みんなが働く社会」は「みんなが家事育児を共有する社会」
男だから・・・女だから・・・は抜きにして。
【男女共同参画】って難しそうな言葉だけれど、そういうことですよね?

めいっぱい笑わせてくれたあとはDVDでしっとりと締めくくり。
【象の背中】というタイトルのふんわりしたタッチの作品でした。


2部構成のアニメーション。
セリフはなくて、音楽にのってストーリーが展開します。


隣に北村先生がいらしたのに、途中からボロボロ泣いてしまいました。
栃木県下都賀郡野木町の「真瀬宏子町長さん」も泣いてしまったそうです。
何枚か販売用に持参されていたDVD、あっという間に売り切れでした。

1日遅れでじっくりと取り組もうと思ってましたが
井上町長、すでに完璧なレポートを提出済です(笑)

ならば、ちょっと違った角度から・・・。
ドサクサに紛れて提出しそこねたアンケート用紙。


明日、韓国語講座の時、持って行きますので集計に加えてください。
そして、可能ならば、みなさまの意見を何らかの形で公表してください。

anke-to.jpg


●今回の講演会を何で知ったか?
「みやこnetの勉強会」で行った図書館のカウンターのチラシ。


●今後の講演会で、希望する講師・・・本のソムリエ:団長さん。

柳田邦男氏の講演会は、サングレートみやこの大ホール。
ほぼ満員の聴衆の男女比率は半々くらい。

「終末期医療」、「大震災と原発」の話を、是非聞きたいと
思ってこられた方も多かったのではないかと思います。

img032.jpg


子供の頃から本が好きでした。
どちらかといえばマンガの本が・・・(笑)
週刊少年ジャンプの話題は姉も私もバッチリです。
お店に置くために、毎週「もりざね」に配達してもらってましたもの。

森村桂 (もりむらかつら) さんの【天国に一番近い島】
オーストラリアのそばの、ニューカレドニア。
原田知世さんの主演で映画にもなりましたね。


この本がきっかけで彼女の本を片っ端から読みました。
海外旅行の度に本を書かれています。
アメリカに行ったこと、パリに行ったこと。


テレビディナーって、どんなのだろう?

バナナケーキおいしそうだなあ、材料メモしとこっと。

ニワトリは日本ではコケコッコだけど、キッキラキッって鳴くんだ。

本からいろいろなことを学びました。
外国語を勉強してるのは、彼女の影響があったのかも知れません。

●今はゴガクル仲間が、いろいろな本を紹介してくれます。
みんなすごい読書家で、ジャンルもよりどりみどり。
心理学の関係は、今まで無縁だったのでとても参考になります。

100年に1度といわれる、不景気な世の中。
この私ですら、ストレスや不安で「心が折れそうな時」があります。


そんな時こそ、本を読む。ひたすら勉強する。
長渕剛の音楽を聴いて「じわじわ」とエネルギーも充填します。


【言葉の力、生きる力】 + 【音楽の力】 偉大です!!

11/27(日) 午後、サングレートみやこで行われた
【柳田邦男氏】の講演会に行ってきました。

駐車場が心配だったので、少し早めに家を出発。
当初は予定されてなかった「整理券」が郵送されてきたくらいですから
混雑するだろうなと・・・。

omotegawa.jpg


内容は、また別途レポートしますが、
今日は「嬉しい出会い」があったので、そちらを優先。


開場まで少し時間があったので、図書館をのぞきました。
掲示板の新聞記事のチェックの為に。


自宅で購読していない、他紙の
「京築地方の記事」はやっぱり気になります。


おやおや、ごついカメラバッグをかかえた見覚えのある人を発見!!
最近、ブログにステキな写真をこまめにアップされている「トラさん」です。

入り口からは見覚えのある女性が・・・。
同じ苅田町の、ご近所に住む作家の「宮川詩麻さん」でした。
せっかくなので紹介して、その場で名刺交換です(笑)


トラさんもあちらこちら、お付き合いが広いし、
宮川詩麻さんは「北九州ワイズメンズクラブの会長」であり、
まちネット人ネット九州の会員でもあります。


ゴガクル仲間の阿龍さんと一緒に例会にお邪魔した時の記事、
行橋でのまちづくり塾での本の紹介の記事、でおなじみですね。

sannin.jpg

講演会終了後、会場にいらした井上町長さんとも
ご挨拶をしました。
すっかり顔を覚えてくださってて感激です。


宮川さんを紹介したところ、
気さくに写真撮影まで応じてくださいました。
最初は反対向きでしたが、ステージをバックにしたほうがいいねって。


緊張とあせりとで、ボケボケの写真になってしまいました。
ちなみにこちらの男性は「トラさん」ではありません、念の為・・・。


●北村先生と西村先生に嬉しい報告ができそうです。

苅田まちづくりカレッジ:長いので略して【苅カレ】
昨年の春から受講している公民館の講座です。


みやこ町では【古墳フォーラム】が行われた11/26 (土) 
あいにくと重複してしまいました。
みなさんのレポートが楽しみです。


三原文化会館が会場だったのでグルリと館内をチェック。
「京築観光バス」さんのカレンダーを見つけたのでパシャ。

neko.jpg


●「あきらめないことが自信になります」って
ラジオ講座:「英語5分間トレーニング」の
岩村圭南 (いわむらけいなん) 先生の締めの言葉みたいだわ。

私たち5期生はグループワークの3回目。
簡単な打ち合わせのあとは、町に出て実態調査です。
今日の私はカメラ係だったので、その中から一枚拝借。


kankare.jpg


同じ頃、5期生のもうひとつのグループは
西村先生も入っての作戦会議中。
テーマは決まったかな???

●6期生は1階の大ホールにて「時代時流学」
【京築地区のまちづくり 記者の目を通して (仮) 】
毎日新聞社 京築担当:降旗さんの講義です。
本音を言えば、こっちを最初から最後まで聞きたいとこでした(笑)


開始前か、終了後に、少しだけでもお話ができれば・・・と
カレッジのスタッフに声をかけていたので
フィールドワークから戻ってきた時のほんの短い時間でしたが
ご挨拶をして名刺をいただきました。
実は私「彼の記事」が好きなのです。


バタバタ2階の会場に戻り、今日のまとめをして終了。
午後は、ひょんなことから別グループの
時間外のフィールドワークに加えてもらい
町内をドライブすることに・・・。


Y学級長 (田舎爺さん) どうもありがとうございました!!

父の納骨には、とよつのばあちゃんも一緒に行きました。

小学校の近くの三叉路の交差点にあった【長野屋 (ながのや) 】
豊津の方、おぼえてらっしゃいますか? 母の実家です。


犀川からバスで行く時は、いったん木井馬場まで行ってから乗り換えでした。
我が家には車がなかったので、犀川駅:構内タクシーで行くこともありました。


先日のお墓参りに向かう車中で、
昔のことをポツリポツリと話して聞かせてくれた母。


ながのやを切り盛りしていた「おばあちゃん」と
犀川 (崎山) から、お嫁にきた「とよつのおばちゃん」


oogatabasu.jpg

耶馬渓の紅葉はまだでしたが、大型バスが何台も止まってました。
京築観光バスさんも、大忙しなんでしょうね、きっと。
大分方面だと、ビール工場見学とセットで楽しめそうです。

おばあちゃんは旅行が好きでした。
告別式の時、地元老人会の方の、弔辞のエピソードが
おばあちゃんらしくって・・・。
「休憩でバスが止まるたびに、買い物をしてましたね」


子どもの頃、お正月には親戚が集まり、いとこたちと、ワイワイガヤガヤ。
お料理上手のおばちゃんがつくった盛り鉢には、ご馳走がいっぱい。


かまぼこで作られた【チョウチョ】を今でもしっかり覚えています。
お寿司の上に乗ってたのが、なんともかわいらしくて。


二階の大広間、料理を二階に運ぶためのエレベーター(?)
玄関を入って横の広いお風呂と、あっちとこっちの二ヶ所の階段。


asiyu.jpg


いつもはJR天ケ瀬駅は素通りするのですが、
今回はトイレ休憩も兼ねてちょっとだけ寄りました。

柚子が浮かんだ【手湯】と【足湯】が、なかよく駅舎の前に並んでいて、
とても気持ちのよい駅でした。観光案内所もいい感じ。
殺風景な苅田の駅とは大違い・・・(笑)


納骨のあと、【木の花ガルテン】で食事をして、筑後川温泉に入って
帰ったのが「おばあちゃんと行った天ヶ瀬」の思い出です。

このはなガルテン・・・大分県日田市大山町のオーガニック農園

父のお墓参りの帰りに昼食の為、家族で立ち寄りました。
今回で二回目です。
前回は、たしか数年前、父の納骨の帰りでした。

kinobori.jpg


●なんとも、ほんわかした案山子(かかし)のお出迎えです(笑)
前に来たときにはなかったよね、たしか・・・。

敷地内のあちらこちらで、いろいろなポーズの案山子を発見!!

草刈り機を手にしているおっちゃん、
木の枝にかけられたブランコで遊ぶ男の子、
TPP断固反対の鉢巻をした農夫、
野良仕事の途中で、ひとやすみしているおばちゃん。


表にいらした職員の方をつかまえて尋ねました
「ユニークな案山子たちですね、いつからですか?」
「まだ1年にもならないんです、もっともっと増やしますよ」

noufu.jpg

レストランの入り口では、刈り取った稲を手にしたおじさんが
「ようこそ、いらっしゃい、いっぱい食べて行ってよ~」といわんばかり。
のっぺらぼうですが、そのうち目鼻がちゃんと付きますよね?

その時季にとれる農産物や山菜を使った
懐かしい味のヘルシーなお料理。
煮物・焼き物・揚げ物・サラダ・団子汁・ひとくち団子。
どれも味がよくて、大満足!!

名刺の裏には店舗名がきっしり書かれています。
" 大山店・野間大池店・ももち浜店・明野店・わさだ店・
鶴見園店・春日浦店・ひた店 "   

猪かあちゃんがブログのアドレス入りのカードを持っていたので
私の名前も書き添えてしっかり渡して帰りました。
「みやこ町の【四季犀館】のブログ、見てくださ~い」


大分大山町農協共同組合の矢羽田さん、
いろいろとお話を聞かせてくださってありがとうございました。
約束ちゃんと守りました。眠たい目をこすりこすり・・・。

  

シンポジウムの会場の受付で、いただいた資料の中の1枚。
さっそく今日のブログネタです(笑)

【人間らしく イキイキと】 ~ 違いを尊重しあう社会へ ~

jinnkenn.jpg


「走れコータロー」が日本レコード大賞:新人賞を受賞したのが1970年って
私がまだ5歳の頃。でも、しっかり覚えてる。
高校時代の友人の名前からつけたという「ソルティー・シュガー」

大学卒業の翌年 (1974年) の大ヒット曲は「岬めぐり」
この時はウィークエンドと一緒に活動してましたね。
今聴いても、名曲だと思います。

この日は第二部で、講演会とミニライブが予定されています。
ただし、録音・録画・写真撮影は不可!!

手話通訳・託児ありというところは、さすが人権男女共同参画課人権推進係。
車いす席も用意してくださるみたいです。


bunnko.jpg


彼のこの本を購入したのは時代が平成に変わる前。
新潮文庫の【ぼくの音楽人間カタログ】
本屋さんでパラパラとめくって「長渕剛」のことが載っていたから。
変色しているのは、ご愛嬌・・・。


表紙の似顔絵のメンバー、全部わかるあなたはツウです。
井上陽水さん、小室等さん・南こうせつさん・かまやつひろしさん・・・。
みなさん、とてもよく似ています。


先日、訃報が届いた「柳ジョージさん」のページもありました。
【無骨で無愛想でやさしい男】  なんか、わかる気がします。 

なぜか毎年、【みやこ町の産業祭】の日曜日は
我が苅田町の「秋の環境美化の日」と重なります(笑)

毎年春と秋の年2回、町民がいっせいに清掃活動を行う日。
8:00~スタートです。今日は、風が強くて体感温度ちょっと低め。
ご近所さんともすっかりおなじみで世間話をしながらの作業です。


洗濯・掃除を済ませて、いざ、みやこ町へ!!
目的はもちろん【産業文化祭】 and 井上町長と話をすること。
昨日、シンポジウムの会場では声をかけそびれてしまったので・・・。


先に「四季犀館」に立ち寄り、店内を見せてもらいました。
「こぶたのエプロン」さんのクッキー、ちゃんと見つけましたヨ。
猪かあちゃんのスープ、売り切れてるわ~。


「yoshitakeさんは、どの方ですか?」
今日は産業祭の会場の方だと教えてくれました。
むこうで、ご挨拶しなきゃ。

sannkaku.jpg


後日、ブログで報告しますが、女性6町長のサミットのテーマが
この「男女共同参画社会」でした。


みやこ町の犀川支所敷地内にあったのを以前、撮影していた
「出番待ちの写真」が、ここにきて役にたつとは。


産業祭の会場では、猪かあちゃんたちのブースに着く前に
井上町長が気付いて下さって、握手まで・・・感激です!!
毎日、お互いのブログを読んでいるので、すっかり意気投合。


「昨日の講演は楽しかったですね」
45分くらいで会場を出られたそうです。


猪かあちゃんと町長のツーショットの後は、私も入れてもらいました。
両手に花(?)ですね(笑)


手打ちのおそばもしっかりいただきましたヨ。
ALT (外国語指導助手) のサラさんにも紹介してくださいました。
ここでもまともに会話ができずに 「Me,too. 」と笑ってごまかす始末。

●司会進行の「上村香子 (かみむらきょうこ) さん」は、
みやこ町の学びの旅講座の最終回
「おもてなし接遇講座」の先生でした。
ふるさとガイドの会議でもご一緒しましたね。

四季犀館のブースを「ひやかし」に来ていた豊津の「国府の郷」の
店長さん、いろいろと楽しい話を聞かせてくださって
どうもありがとうございました。
すべてオフレコということで、ふたりだけの秘密です。

閉会式の「もちまき」では袋を手にしている人たちに混じって
ダンボール箱を頭上に掲げている方を発見。
何個くらいGETできたか、気になるところです。

yoshitakeさんは、ふんわりとやさしそうな方でした。
今後ともよろしくお願いします。

kondouさんもカメラを手に会場にいらっしゃいましたね。
さあ、今日のみんなのブログ、どんな内容か楽しみです。

●関係者のみなさま、お疲れさまでした。
みやこ町長の井上幸春さま、楽しい思い出をどうもありがとうございました!!
手打ちのおそば、ちょっと固かったけど、おいしかったです。


「まちを知れば、もっとまちが好きになる。」

昨日に続いて、2日目のシンポジウムにも出席しました。
その際にいただいた資料から・・・。


wagamati.jpg


●6名の女性町長の「お名前と、お顔」はしっかりインプットされました。


この先、新聞やテレビの番組で、【みなさまの町の名前】を
見かけたら即反応するかも?


ゴガクルの日記で全国の仲間とおしゃべりをするようになりました。
北海道・関東・関西・九州・・・。
日本中がとても身近に感じます。

実は少し前の新聞記事で北海道の家具製造会社
「匠工芸」の家具づくりという特集が気になって残していました。

今朝、スクラップがてら整理をしていると
こちらの会社の所在地が【北海道東神楽町】となってます。
そう、昨日お話をした「川野惠子町長」の町です!!

今までだったらきっと「気がつかないままだった」と思うのです。
朝からあいにくの雨模様でしたが、
その瞬間にパーッと【happyな気分】になりました。


その後、少し早めの昼食をとり、
今日は車を置いてJRで会場へと向かいました。
この町の2つの駅の現状を、自分の目で確かめる為にも・・・。


2011.11.18 (金) pm 18:00 ~
スカイホテル苅田で行われた
【第2回全国女性町長サミット ~歓迎レセプション~ 】

先日ご案内していましたね。
最初はまったく参加する意志はなかったのですが、
北村学長からお誘いがありました。


「私なんかが行ってもいいんですか???」
本当に、電話口でそう叫びましたヨ。


kanngei.jpg


職場から会場までは直行です。
定時まで仕事をしていたら遅れそうだったので、早めに帰らせてもらいました。
せっかくの機会なので、開始前の雰囲気から味わいたかったので・・・。


受付を済ませ、ロビーのソファーに座って、あたりをキョロキョロ。
少しづつ来場客が増えてきて、なんだかワクワク。


バスが到着して、全国女性町長の登場の瞬間、
ロビー全体がグ~ンと華やかなムードに包まれました。


北村学長ともロビーでいろいろなお話を・・・。
今日の歓迎レセプションと明日のシンポジウムには
西村先生、作家の宮川詩麻さんとともに「NPOから」としての出席です。


申し遅れました、10/1から【まちネット人ネット九州】の一員に加わりました。
まだまだ勉強中の身ですが、どうぞよろしくお願いします!!

aji.jpg


司会は去年、苅カレでお世話になった「田中さん」
バイオリンとピアノの演奏からのオシャレなスタートです。


参加されてた方たちの顔ぶれが、また、すごくって・・・。
何人か知り合いの方もいらして、ちょっと安心。


ご近所の方を発見!!
お2人ともボランティア団体からの出席だそうで、
吉廣町長とも気さくに話をされています。


築上町の新川町長、県会議員の畑中氏、町会議員の方々、
西日本工業大学の学長と先生、商工会の方・・・。
すさまじくて、目がくらみそうです。

北村学長にくっついて回って、いろんな方とお話をしていたので
せっかくのお料理、あまり味わえなかったのが残念!!
あっ、でも「天ぷらうどん」は椅子に座ってしっかり食べました。


【A4サイズの似顔絵】を持参して、名刺代わりにPR。

"「みやこ町」の「四季犀館」のページでブログやってます。
今回のことも書きますよ~。"


パーティー慣れをしていない「田舎者」丸出しの私でした(笑)

●私は欲張りです(笑)

「今年は築上町で【うみ、まち、さと、やま】ツアーガイド研修があります。」


みやこ町のふるさとガイドの初回の会議の時に、その情報を入手しました。
スタッフとして参加する予定でしたが、ちゃっかり一般の受講生です。


すでに、今まで何度か、この場で報告済みですね。
【さと】巡りツアーは、途中で止まったままになってますが・・・。


ma2.jpg


今週の土曜日が第5回目です。
fukiage先生も、uedaさんも今頃、準備に追われてるんじゃないかなあ?
みやこ町の産業文化祭と見事に重なってしまいましたね。


去年とおととしは、猪かあちゃんのとこのお手伝いで行きました。
今年は、日曜日の午後から、ちょっとだけ行けそうかな?
母のその後の様子も気になるし・・・。


ma1.jpg

吉田学軒顕彰会は【みやこ未来活性化協会】へと移行中?
サングレートみやこの1階、お手洗いの前に事務所がありますね。
韓国語講座は、その隣の研修室で行われています。


9/10 (土) の第3回目は残念ながら欠席でした。
リンボウ先生の講座とタブってしまったので。
でも、リンボウ先生と「掲示板でのやりとり」のこと、少し話ができました。

そして、ごめんなさい、今度の11/19 (土) も欠席です。
今回はトレッキング並みのコース【やま巡りツアー】ということで
お天気がちょっと心配ですね。

●皆勤賞どころか、ふるさとガイド認定試験の受験資格ギリギリの
3回しか参加することができませんでした。
手を広げすぎたバツかもしれません。


その都度、レポートしていたということで勘弁してください!!

昨年、今泉先生から教えていただいて受講した講座のチラシです。
処分してもいいんだけれど、名残惜しくて、手元に残してます。

furusato1.jpg


実家に行った時に広報紙で見つけて
「町外在住ですが受講できますか?」とメールで問い合わせしたのが
fukiage先生とのお付き合い(?)の始まりでした。

実際にお会いしたのは第一回目の開始前。
「みやこ町歴史民俗博物館」 


受付として早い時間から
奥様やスタッフ (吉田学軒顕彰会) の方たち
福岡県の広域地域振興課の方たちと準備をされてました。


furusato2.jpg


全5回 プラス おもてなし接遇講座まで、皆勤賞でした。
毎回、少しずつ話をするようになって・・・でもそこまで親しくはなかったかな。


今度「四季犀館のブログの研修があるんです。よかったら・・・。」
そのお誘いにのって、姉と一緒に、月・火だけ受講して、今、こうしてブログで
京築地域のあちこちを、全国の皆様に向けてPRしています(笑)


●ふるさとガイドの仲間は【古墳フォーラム】の裏方として、頑張っています!!
私は今回、ノータッチですが・・・。


今日は他のネタで書こうと思っていましたが
井上町長と新メンバーの記事を読んで、
予定を急遽変更・・・わりとフレキシブルです(笑)

●豊津にお住まいの方には、なじみが深いかも知れませんが
勝山や犀川方面で、知らない方も結構いらっしゃると思ったもので・・・。
かくいう私も、つい最近まで行ったことがありませんでした。


rinpo.jpg

正式名称:みやこ町豊津隣保館
みやこ町役場 豊津支所の、道を挟んでの前ですね。


先日行われた国際交流会のイベントの打ち合わせ
 (盆踊りの練習も・・・)が、こちらの二階で行われました。
JICAから参加された方たちと、当日、お弁当を食べたのも、ここ。


その時、私がいいなと思ったのは、階段の上り口に
「井上町長のブログ」をプリントアウトして掲示してあったこと。


みんながパソコンを使える状況ならば、
情報を共有できるけど、そうとは限らない。
●やっぱり紙媒体も必要なんだな・・・と。


いつかご紹介したいと思って、前回の韓国語講座の前に
サングレートのパンフレットラックから持って帰っていた
「隣保館だより NO.68」より。

qa.jpg

今日はパソコンが導入されたそうで、
ますます、みなさんの集いの場所になりそうですね。

【みどり色】・・・緑、翠、碧・・・
この漢字を使ったのには、わけがありそうですね。


キャラリー「みどりの館さん」から、案内状が届いていました。
いつもありがとうございます。


hakusai.jpg


この白菜の絵にひかれて(?)、今夜の我が家は鍋でした。


午前中は、ラジオで英語番組の一週間分のおさらいをしたあと、
「苅田まちづくりカレッジ」へ。


今まで約1年半学んできたことの総まとめ、
卒業発表に向けてのグループワークです。

私にとっては、もっとも身近なテーマを選びました。
無事にその日を終えた後、詳しく報告したいと思います。


毎週、日曜日の朝、楽しみにしていることがあります。

新聞の小説:重松清さんの【獅子王】
以前、新聞のスクラップをしていることを書きましたが、
この小説は、初回からずっと残しています。


多分、本になるんだろうけど、私の中では永久保存版です。
スタートしたのは東日本大震災から約1月半後の5月1日でした。


sisiou.jpg


●イラストレーターの原口健一郎さんは福岡県の出身ですね。
漫画誌「ガロ」の表紙のデザインをされてたとか。


●作者の重松清さんは、岡山県の出身。
「ビタミンF」で直木賞を、
「十字架」で吉川英治文学賞を受賞なさってます。


そのお二人のイラストと文章。
不安で、もどかしくて、何をしたらいいのかわからない。
あの日の私はその紙面にグイグイ引き込まれていきました。
【強くなれ】 「ひとり」を鍛えぬく。


千尋塾という名の、かつての不登校児を受け入れていた塾。
そこの塾長が「獅子王」 

彼らの団体 (ゲンコツ連合) の「被災地のボランティア」に
中学生の息子と参加しているのが
「獅子の子ども」だった主人公。

ka-suke.jpg

"コーチから手渡されたニワトリの有精卵を
タオルやハンカチでくるんで暖めて孵化させるんだよ。

ヒナがかえったら名前をつけて、育てて・・・食べるんだ。"

「自分で卵からかえして育てたニワトリを、自分で絞めて、
さばいて食べる。そういう授業だったんだよ」

サバイバル術もテンコ盛り。
今後の展開や、どういう形で終わるのかが、すごく楽しみです。


水曜日のEテレ(教育テレビ) 23:00~は3ヶ月ごとに番組が変わります。


10月から12月までは、洋楽を毎回、1曲ずつとりあげてみっちりトレーニング。
先月は「マイ・ファニー・バレンタイン」「ザ・シャドウ・オブ・スマイル」
「センチメンタル・ジャーニー」「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」

●そして今月使用しているテキストはこちら。

hatuon.jpg

辞書の最初に載ってる【発音記号】と【口の絵】をみても、
よくわからなかったのが
この番組の里井久輝先生や森末慎二さん、青木カレンさんの
おかげで、だいぶわかるようになりました。

ゴガクルの日記に、この番組の感想を書くと、
翌日には楽しいコメントが返ってきます。


同年代の方が結構多いので、学生時代に聴いていた音楽の話とか、
あの頃観ていたテレビ番組のこととか・・・。


"ねえねえ、夕べのあの番組、おもしろかったよね~" 
セーラー服の学生時代に一気にタイムスリップです。


もし、みんなで集まる機会があったら
ピンクレディーのメドレーがきっと始まりますヨ。
もちろん、みんな【振りつけ】までパーフェクトです(笑)

先日、みやこ町の国際交流のイベントに参加しました。
聞き取れるのですが、自分の口からはサッと出てこない。
一年半、やり直し英語をやってきて、これが現実です。


自分の英語のレベルを痛感しましたが
かえってやる気がでてきました。
「ブログにかまけてないで、勉強しなさい」というお告げかも???


お正月から続けてきた日記も、先月とうとうSTOPしてしまいました。
が、みんなもわかってくれてました。仕事・家事・日記・ブログ・・・。
休みの日も「苅カレ」や「学びの旅講座」等、イベントが目白押しだったこと。


仲間からは「金本選手のようだ」と、ねぎらいの言葉をもらいました。
毎日続けることは本当に大変です。
井上町長も、猪かあちゃんも、決して無理はしないでください。

●ブログメンバーが増えてにぎやかになってきたので安心して
この先、少しペースダウンするかも知れません(笑)


先日、ご案内していた「西日本工業大学」の学園祭。
今までにも何度か行ったことはありますが、今年は見方が違います。

行橋で夏に行われた【まちづくり塾】でこちらの先生とも親しくなりました。
もちろん苅カレの西村先生 (まちネット人ネット九州) もそうです。

yuusi.jpg

インフォメーションでパンフレットをいただきました。
今年は雨に泣かされたのではありませんか?
今日のメインステージでのイベントも、第二体育館で行われてましたから。

【勇姿 ~オレらの愛でみんなに夢を日本にシアワセを!!~】

●実行委員長の言葉から (パンフレットより引用)

"今年のテーマは、3月に起こった東日本大震災の被災者の方々に、
日本人の持つ大和魂! 勇ましき姿を届けたいという気持ちで考えました。

人を思いやる気持ち、人に対する真心、愛を大学祭に持ち寄ることで、
夢やシアワセを日本中に届けられるような大学祭に成し遂げたい・・・(以下省略)"


学生さんたちの感性に触れるいい機会です。
各大学の今年のテーマに込められた思いはきっと同じですね。

nittei.jpg


もう終わってるところもありますが、日程表もあわせてお知らせ。

私が毎回、楽しみにしているのは【学科紹介】
だって高卒の私には、大学の学科やゼミって興味津々ですもの。


レゴブロックで作られた五重塔、面白かったです!!

jyabuti1.jpg

みやこ町の国際交流のイベントに、
会員でもないのに参加しました。


教えてくれた四季犀館のブログメンバーに感謝です!!

あいにくの雨模様でしたが
【豊前国分寺三重塔】はしっとりとして
かえって趣きを感じたのは私だけ???

今日は特別なので、
中までしっかり見せてもらいました。


【歴史民俗資料館】では、
それぞれが、思い思いに
関心のあるコーナーで
写真を撮ったり、説明を受けたり・・・・。


「学芸員の川本さん」に
お会いできなかったのがちょっぴり残念。


昼食後、【永沼家住宅】へ
向かう頃には雨も止み、
絶好の記念撮影のポイントとなりました。


●「みんな笑顔で集合写真」も、もちろん撮ってます。


jyabuti2.jpg

【みやこ町 町営 蛇渕キャンプ場】


大分県との県境に近い場所に、
こんなにステキな宿泊施設があるんです。

コテージの名前もかわいくて
「ねむ」 「とち」 「こぶし」 「ゆりのき」
「むく」 「けやき」 「やまもみじ」 「ほお」


バンガローにも、それぞれに名前が付いてます。
「しらかば」 「かつら」 「くす」 
「ひめしゃら」 「なつつばき」


テントサイトも5ヶ所ありますね。
お散歩がてら雨上がりのキャンプ場を歩いてみました。


空気中のチリやホコリが洗い流されて、
ひときわクッキリとした色彩。


国分寺の木々もうっすらと紅くなりかけてたけれど
ここは寒暖の差が激しいからかな。
山は、里よりも紅葉が進んでました。
本格的な見頃はまだまだ先になりそうです。

横を流れる川を見ていると時間を忘れてしまいそう。
【せせらぎ】その言葉がいちばんふさわしい。
橋の向こうには「マムシに注意」の看板が・・・。


おっと、そろそろお神楽が始まる時間だわ。

●「管理棟兼売店」では、
みやこ肉カレーの黒い箱をしっかり発見!!


他にも特産品をいろいろと置いてましたヨ。
このパンフレットもそこでGET。
しっかり今日のブログネタです(笑)

一泊二日で計画されている
今回のイベント。


私は泊まらずに帰ったけど、
みんなは今晩、どこで眠るのかな?

まさか、修学旅行の時みたいに
枕投げとか、してないよね???

大学祭のシーズンですね。
当日のご案内になってしまって、すみません。
西日本工業大学の「第44代大学祭実行委員会」から封筒をいただいてました。

seamo.jpg

●SEAMO LIVE は11/5 (土) の夕方スタート。
チケットを手に入れてる方は、ドキドキ・ワクワク。
当日券は、果たしてあるのかないのか???


time.jpg

日曜日、お散歩がてらフラッとのぞいてみようかな?


今、教わってる「韓国語講座」の先生が、こちらの学生さんです。
国際交流会のイベントの話を聞いて声をかけてみましたが、
「ちょうど学園祭と重なる」から・・・と残念がっていました。


【4:4:1:1 】なんの数字だと思いますか?
彼女が教えてくれたこの大学の学生の比率です。


【日本人:中国人:韓国人:その他の国の人】
授業はもちろん日本語で行われます。
彼女は一年間、日本語の勉強をしてこちらに来たそうです。

中国語 > 日本語 > 韓国語
彼女の中での難易度はこの順番だそうで・・・ふむふむ。 


中国語は難しい・・・これには納得。
まだまだ修行中の身です。
画数が少ない割には、やけに書きにくい簡体字や声調。

日本語も外国の人からみたら、難しいんですよ。
それを使いこなしている私たち、なんだか自信が沸いてきます(笑)

テーブルの上に【スクラップ待ちの新聞】の、小山ができてます(笑)

毎朝、出勤前にバタバタと新聞に目を通して気になった記事は、
もう一度読んで切り抜いて残しておくかどうするか決めます。

「日記やブログの記事を書く時の参考資料」になりそうだな・・・とか
書評は図書館でリクエストしたり、探したりする時に使えそうだな・・・とか。

degoiti.jpg


途中に広告があったりで、ちょっと読みにくかったので切り貼りしています。
記事を書かれた降旗さん、ゴメンナサイ。

●行橋市役所敷地に展示されている【蒸気機関車D5110】

♪ 公園のD-51 (デゴイチ) は 退職したあと
ほんのわずかばかりの レールをもらって
もう動かなくなった ♪


この記事と写真を見た途端、さだまさしさんの【退職の日】という
曲の出だしのフレーズをくちづさんでいました。


(旧) 田川線は行橋駅の3番ホームが指定席でした。
その向こう側には、石炭運搬用の貨物列車や
何本ものレールがあったの、覚えてますか?


今の行橋駅西口の周辺:「西宮市 (にしみやいち)」のあたりですね。
薄暗いガードをくぐって安川通りに出ていましたっけ。
大雨の時は要注意の場所でした(笑)

「へいちく」 親しみをこめて、短縮して呼んでるけど
正式な名前は【平成筑豊鉄道㈱】


平成元年の設立と開業で、(旧) 田川線の沿線の人たちの足として
通勤、通学、通院(?) などに大活躍。
車を持たない人たちの貴重な交通手段です。

heitiku2.jpg


母の退院祝いで仕事の帰りに犀川に行きました。
夫はビールを飲まないといけないので(?) 
この日は【へいちく】で・・・と別々に現地入り。
日暮れ時だったので、「窓の外の景色を楽しめなかった」とちょっぴり残念そうでした。

四季犀館はもう閉まっていたけど、せっかくなので犀川駅に寄ってみました。
そこで目にしたパンフレットをしっかり持って帰って、記事にするというあつかましさ(笑)

●今日、ご紹介するのは、へいちくの「もうひとつの顔」

門司港レトロ観光線の【潮風号】


heitiku1.jpg

北九州の門司港駅の前にある【九州鉄道記念館駅】から
出光美術館駅 ~ ノーフォーク広場駅 ~【関門海峡めかり駅】までの
2.1kmを最高速度15km/hというゆっくりとしたペースで走るので
景色と心地よい潮風を味わうにはもってこいです。


カメラにおさめる観光客の姿もよく見かけます。
門司港レトロ地区も見所が豊富で、一日みっちり遊べます。
 

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04