「指切りげんまん」

♪ ゆびきりげんまん うそついたら はりせんぼん の~ます 、ゆびきった ♪

漢字にすると 「指切り拳万 嘘ついたら 針千本 飲ます」

「げんまん」って【ゲンコツ万回】なのね。
針千本は痛そうだなあ。   

無邪気に小指を絡めてたけど、実はこんなに恐ろしい内容だったとは(笑)


majinai2.jpg


今、読んでいる本です。
豊津の寺子屋さんの見学をした日、図書館で借りて帰りました。

小学校で、こどもたちと先生とがいっしょに過ごしていたところを
見たからかな。

子どものころ、くちづさんでいた「ちちんぷいぷい」や
「抜けた歯を屋根の上、縁の下に投げる」といった言葉に
ひかれて、気がついたらこの二冊を手にしていました。


そういえば、下の歯が抜けた時、帰宅した父が
屋根の上に放り投げてくれてたっけ・・・。
今どきの、マンションに住んでる人たちはどうしてるんだろう???

majinai.jpg


~心と身体に息づく不思議な言葉の力~  川崎洋さんの、前書きより

"こうしたおまじない、子守歌、唱え文句、あやし言葉、
わらべ唄、遊び歌、囃し歌、言葉遊び歌などには、
心と身体に息づく不思議な力が備わっています。"


●長渕剛氏の曲にも【指切りげんまん】っていうのが、あるんですよ。

♪ いつも君の事だけ 思い悩み愛してきた
あの日暗い夜道で 小指からめた指切りげんまん ♪


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1423

コメント(2)

ええと、ゴガクル関係及びブログ関係の、後輩です(年寄ですが)。
「ちちんぷいぷい」、は、常日頃から、どうしてなのか疑問に思っているかけことばでして、このご紹介されている2冊は、当方も、ぜひ読みたいですね。

ところで、先日ご紹介されていた「長寿10訓」に感銘を受けまして、これを、当方のブログの「発見 全角/半角キー 長寿10訓 の巻」で転載させていただき、併せて「お散歩ガイド・みやこ町」ブログを、(的確なご紹介かどうか心もとないのですが)ご紹介させていただきました。
事後報告で申し訳ありませんが、何卒、お許し下さいますよう、お願い申し上げます。
今回の記事は、だいたい100~150人の間ぐらい訪問される感じですので、中で何人かは、「お散歩ガイド・みやこ町」を通じて、みやこ町に訪ねてこられると思います。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年4月23日 21:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まちづくり基礎講座」です。

次のブログ記事は「「おじさん図鑑」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04