15歳の「ギター少年」

平成24年5月27日 (日)

今朝も先週の日曜日同様、朝から運動会の決行を知らせる
花火の音で目が覚めました。

カンカン照りになって、今頃は暑いだろうなあ。
子どもたちも、お父さんやお母さんたちも・・・。

私はといえば、たまっていた新聞や雑誌の整理日に当てました。
ゴールデンウィークに片付けたいなと思いつつ、
持ち越していた宿題。

カゴいっぱいに切り抜いた端から放り込まれた記事は
よみかえすだけでも時間がかかります。


3.11の新聞のテレビ欄も残していました。
長渕剛氏が古館伊知郎さんと被災地を歩いて回った特番。
この時だけは、家事もほったらかしで、テレビに釘付けでした。


仮設住宅でギターを手に歌った「幸せになろうよ」

ご主人を亡くされた奥様の前での「ひとつ」

そして列車の通らない線路で初めて聞く曲は【レクイエム】のようでした。

guiter1.jpg


行橋の渡辺悠士くん。
3月の京築版に載っていた記事の切り抜きです。

先月、行橋の商店街で行われた「昭和のわだち」で知り合った
三線奏者の「宮村みつおさん」のお弟子さん。
15歳、青春真っ只中!!

宮村さんと一緒に、東北に行き、被災者や現場と直に向き合って
帰ってきた彼と、お友達になりました(笑)


「ありがとう! 2012年3月」のCD、まだあるかな?
今度、宮村さんに訊いてみますね。


挫折を味わった人ほど、他人に優しくなれるという。
学生時代にそれを乗り越えたあなたは、きっと強い人。


●沖縄で頑張るんだよ~!!


そして、いつの日か「俺たちのニライカナイ」
弾き語りで聴かせて下さい。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1594

コメント(2)

ご宣伝ありがとうございます^^

「俺たち~島ん人は~琉球の国で!」
言い曲ですよね♪

いつか、唄えたらなって思っております!

今後ともによろしくお願いします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年5月27日 13:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Cafe にしむら」です。

次のブログ記事は「三線 (さんしん) つながり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04