懐かしのボンネットバス

「ボンネットバスに乗ってみませんか?」と、
4/29 (祝) イベントのチラシにあったのをすかさずチェック。

旧:ミラモーレ跡地へ・・・。
結婚式場だったこちらは、数年前に閉館し、かなり寂しくなりました。


retoro1.jpg 


●14:00 ~ 16:30  乗車賃無料で行橋市内を周遊します。

私は 14:45の出発時刻だったので、商店街をフラリとお散歩。

以前から行ってみたかった【浅川家具さん】へ。
「きずな家:縁」での飲み会では、こちらの方ともご一緒しました。

(お互いに、初対面)

(ちなみに京都ドリーム21の定石理事長とも、その日が初対面)


とてもいい雰囲気のお店でした。
家具を見たり、小物を選んだりする時って、ゆったりとした気分。
2階はギャラリーのようで、時々イベントを行ってるようです。

「そろそろ集合時間かなあ?」

バスが停まっている場所まで、また、あっちフラフラ
こっちフラフラ、キョロキョロしながら戻ります。


retoro2.jpg


一番後ろの長~い座席の右端をGET。
シートは固くて、すわり心地は決していいとは言えなかったけど・・・(笑)


対向車の視線をビシバシ感じながらの、小ドライブ。
ちゃ~んとバスガイドさんも同乗してましたヨ。

湯布院町の【九州自動車歴史館】さんの協力ですね。
パンフレットもいただきました。

父の墓参りだったか、友人たちとのドライブだったか、
あいまいな記憶だけど、立ち寄ったことがあります。


●館内に展示されている名車の数々。

クロガネオート三輪車 & ダットサンは 
あの名ドラマ 「おしん」 でも使われたそうで・・・。


子どもの頃、「伊良原のじいちゃんとこ」や
「豊津のばあちゃんとこ」に行くのに
バスを利用してた頃の思い出話を少しだけ。


中学校の前から乗って、どちらも木井馬場で乗り換えでした。


行橋から豊津に行く時は、「路線を間違わないように」と
母からいつも念を押されてましたっけ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1473

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年5月 1日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「昭和のわだち」」です。

次のブログ記事は「~タイムスリップ:昭和の行橋~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04