ことばの贈り物。

深呼吸して、いざ、中へ。

グルッと会場を見渡して、おおまかな雰囲気をつかんでから
「腹が減っては戦はできぬ」とばかりに、先に昼食タイム。


フードコートに並ぶお料理はどれもおいしそうで目移りしてばかり。
鹿児島からの出展の「ちりめんじゃこのおにぎり」を選択しました。


長渕剛の出身の【鹿児島】 親しみを感じます。
我ながら単純・・・(笑)


sugita1.jpg

お腹も落ち着いて、会場内を探検してると、
ステージ近くにこちらのブースがあり、ものすごく惹きつけられました。


【ことばの贈り物。】

ゴガクルの阿龍さんもイケメンだけど、
彼を一回り若くしたような、とても感じのいい若い男性。

「杉田廣貴 (すぎたこうき) さん」

ご本人とお客さんにことわって、実際の一連の作業を
見学させてもらいました。

サラサラと一枚あたり10分くらいで書き上げていきます。
なにひとつ無駄のない動きです。


sugita2.jpg


書き始める前、和紙に両手を当てて、
イメージを高めているシーンも撮影しましたが、
彼の世界に土足でズカズカと踏み込むような気がして
これには使うことができませんでした。

●その写真は「私だけの宝物」


お財布の中身に余裕があったら書いてもらいたかったけど、
帰りの電車賃が心細かったので(?) 今回は見送りました。

「郵送でも大丈夫ですよ。」
全国に配送してくださるようです。


関心を持たれた方は、こちらまで。

http://kotoba-gift.com/

もしくは http://ameblo.jp/kagulajp/  


"大切な人に「ありがとう」を贈り、
我が子に「愛してる」を残し、
家族の「絆」を深め、
縁ある人との「笑顔」を造る。

そんなギフトでありたい。"     ~パンフレットより~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1488

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年5月 4日 09:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「西日本インポートフェア2012」です。

次のブログ記事は「「田部俊彦トリオ」のステージ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04