柚子こしょうの「チューブ」

我が家にはこっちの方がピッタリ、これ欲し~い!!

新聞記事を読んで、真っ先にそう思いました。
yuzu.JPG
本日 (5/14) の毎日新聞:朝刊
京築版ではなくて、25面の社会欄の下の方に載っていました。
テレビ番組のページの裏ですね。


夫は使わないけど、私はちょこちょこ使う「柚子こしょう」
義母のお友達の手作りの瓶詰めをもらうこともあったけど、
それほど大きくない瓶なのに、最後の方はカチカチでした。


【使い切れば、お買い得よ】 確かにその通り!!
今度、犀川に帰った時は要チェックだわ。
 

亡き父が、青唐辛子をすりばちでゴリゴリして作ってた時は、
まだ若すぎて(?)こういった「大人の味」が苦手でした。
「しょうが」とか「わさび」とか「にんにく」とか・・・。

●おとうさんの柚子こしょう、どんな味だったのかな。
姉ちゃん、覚えてる???

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1545

コメント(4)

姉ちゃんは、小さいころから~辛いのダメ系だったから・
多分、塩が勝っていたんじゃないかな?保存の為と辛党だったから
作業中の辛い匂いは、なんとなく・・

炒めものには、柚子胡椒ですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年5月14日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「九十九先生、めっけ。」です。

次のブログ記事は「中国語のタイピング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04