2012年6月アーカイブ

先週の土曜日:仕事は休みでしたが、予定がありました。

3月で卒業した「苅田まちづくりカレッジ」
4月の最初の授業が北村学長の話だと聞き、参加した時に
年間のカリキュラムをいただいてたんです。

6月23日:「みなさんの出番ですよ!」
講師:NPO法人 北九州国際自然大学校 岡本広治さん


minasan.jpg


おもしろそうだと思ったので、事前に申し込んで、特別に受講。
OBの特権です(笑)


母親からは「あんた、みんなからなんて言われよるか知っとる?」
岡本さんもまた、「奇人・変人」扱いされてるひとりのようで・・・。


カレッジの資料から岡本さんのことを紹介しましょうね。

●株式会社アルカンシェル (建築・設計・不動産) 代表取締役

経営理念・・・遊びも一生懸命、仕事も一生懸命

座右の銘・・・「我、やることに後悔せず」

使命
①ひとりひとりの思いや夢を形に残し、後世に伝えていく。

②ご先祖様からの遺産を無駄にしない。

③匠の技を継承していく。

okamoto.jpg

●小倉南区 企救丘校区まちづくり協議会・
自治連合会・社会福祉協議会 副会長

企救丘校区というのは北九州市小倉南区
「モノレール」の終着の駅
【声かけて 子どもの育つ きくがおか】

17年から事務局長を5年つとめられ、副会長は2年目


●NPO法人 北九州国際自然大学校 理事長
異業種交流会からスタートしたNPO法人の老舗的存在
平成12年1月11日に認証を受けているくらいですもの。

夢を叶える (おたがいさま)

環境戦士アースマン

北九州市民テレビ局

北九州市民ひまわり駅伝

ほかにも、スポーツ・自然キャンプ・朝市でまちづくり etc...


会場に「まちネット人ネット九州」の西村先生と一緒に入ってきた岡本さん。

「???」と思い、終了後におふたりに聞いてみると、なんと「仕事仲間」でした!!


 

雨が降ってなかったら、ポータブルラジオを持ち出し、
草むしりをしながら聴こうと思っていたけれど・・・。

tt2.jpg


金曜日の夜は「明日は休み!!」と、「ゆた~っ」とできます。
予定の入ってない土曜日の朝は、もっと好き!!


平日も出勤前にラジオ講座は流れているけれど、
【聞き流し状態】なので、あまり頭に入っていません。

●英語の音に慣れる。

そう割り切ってます。 テキストもなかなか開けない。


①録音すれば?・・・たまっていくのが目に見えてます(笑)
スクラップ待ちの新聞がいい例だもの。

②別売りのCDを買えば?・・・いつでも好きな時に聴ける。
でも「もったいない!!」
テキスト代と、おかず代と、にらめっこするくらいだもの。

tt1.jpg


でも、この【英会話タイムトライアル】のテキストだけは
4月分から毎月そろえています。

盛りだくさんの内容で、定価380円。
多分、数年後にも、時々引っ張り出して読むと思う。


6月も今日で終わり。
3ヶ月の予定の講座いくつかは終了です。


7月~9月までのテレビ講座でひとつ、気になっているのがあります。
【リトル・チャロ ~東北編~】

少し前にテレビでたまたま目にしたのは、日本語バージョンのアニメでした。
「あれっ」と思ったけど、ちゃんと英語バージョンも用意していたのですね。

"チャロの英語版アニメを楽しみながら、
日常会話や日本文化を伝える表現を学んでいきます。"

毎週水曜日:Eテレ
22:00~22:20   あなたもご一緒に、いかがですか?


私の名前は、ちょっと変わってます。

「○○美」や「○○子」といった女の子っぽい名前ではありません。

ある日の、小学校の国語の宿題が、
【自分の名前の由来を聞いてくること】

その時、初めて知りました。
「豊津のじいちゃんと、ばあちゃんの名前から一字ずつもらった」のだと。

sinmati2.jpg


働き者だったおばあちゃんは、食堂をやめたあとも、
新聞の販売店をしていた家族の為(?)に、
自転車で集金に回ったりしていたそうです。

「おばあちゃんの自慢の粕漬け」は、ファンが多かったみたい。
私も時々、会社に持っていって、お昼時、みんなに食べてもらいましたヨ。

あんなに、しっかりとしていたのに、
だんだんと子どもに返っていった「おばあちゃん」は、
こちらのお世話になっていました。


●夏の暑い日の昼下がり。


犀川の実家に行った時、ちょうど伊良原のおばちゃん(母の妹)も一緒で
「ばあちゃんの顔を見に行こう!!」という話になり、3人で向かいました。


sinmati1.jpg


その日はたまたま、【みんなで、外におやつを食べに行く日】だったらしく、
数台のワゴン車で出かける準備をしているとこでした。


お店で合流して、おばあちゃんは職員さんの特別の計らいで
私たちのテーブルへ・・・。


「おばあちゃん」と「おかあさん」と「伊良原のおばちゃん」と「私」
女4人で【パフェを食べながらおしゃべりをしたあの日】は
今でも、とびっきりの想い出です。

せっかく、滅多に利用しないバスに乗ることになったのだから、
ブログネタの収集も兼ねて、何枚か写真をとりました。

「大幅に遅刻してる」というのに、いい度胸です(笑)

行橋駅:東口から田川方面への時刻表とか、
延永小学校のバス停とか・・・。


stop1.jpg

手書きの【日帰りニコニコバスツアー】の案内が、
なんともいえずに、キュート。


私はここにある木がずっと気になっていたのです。
仕事からの帰り道、いつも横目で見ながら通り過ぎてました。

●一本だけ、すっくと立っている木。

後ろの建物の白い壁が、シルエットを引き立てます。
冬の間は枝だけなのですが、今は葉っぱが青々と茂ってる。

どっちもかっこいい!!

stop2.jpg


新町入口のバス停で下車したのは、私と、もうひとり。
押しボタン式の信号機が変わるのを待つ間に、少しだけおしゃべりを・・・。

中津から、病院に行く為に、利用したそうで、
「わかりにくかったですね~」とおっしゃってました。


「帰りのバス乗場は?」  
「あそこの、屋根のあるところです。 では。」

中にはプロレスのポスターが貼られてました。
ずいぶんと先の日にちですね。


高校生の時、金曜日の夜は、
テレビでプロレスを毎週のように見てましたっけ。
確か「金八先生」シリーズの裏番組でしたよね???

月曜日の朝、「さあ今週も頑張らなきゃね~」と愛車に乗り込み
エンジンをかけようとするけど、かからない!!

もう長いこと乗ってるので、かなりガタがきていて
時々、こういうことが起こるのですが、今日は重症のようでした。
昨日の大雨の影響もあるのかなあ。

taiyou1.jpg

そう悠長にかまえてる場合ではありません。
仕事に行かなきゃいけないのにどうしよう???


職場までは約12km。
普段の通勤時間は約25分。

タクシーだといくらかかるか、おそろしくて却下。
一日分のお給料がまたたく間にとんでしまいそう。
それだったらあまり消化してない【有給休暇】にしてもらったほうがマシかも。


自宅から最寄の駅までは、徒歩約10分。
電車で一駅、行橋駅下車。 


●問題はそこからなのです。
バスの本数と時間が・・・ね。

さあ、どうする。
とりあえず、国道201号線まで歩こう。
で、バス停で時刻表を確認しながら、歩こう。

てくてく、てくてく、歩きに歩いて
【延永小学校前】からバスに乗りました。


みやこ町役場の前を通り過ぎ、
採れたて市場の前を通り過ぎ、
【新町入口】バス停で下車。 

「運賃はいくらですか?」
「300円です。」

お財布の中身をごそごそ、ちょうどあってよかった~。

taiyou2.jpg


そこからがまた遠くって・・・徒歩:約20分。

帰りの為に「上りの時刻表」をパシャ。


またしても、てくてく、てくてくと傘を杖代わりに歩き
会社に着いたのは、午前10時前。
結局、1時間半の遅刻となりました。

帰りは職場の人が、家の近くまで送ってくれました。

「そろそろ、機嫌は直ってる頃?」
おそるおそるキーを回してみると「ブルン」

あっさりと一発でエンジンがかかりました。
今日の出来事はいったいなんだったのよ???


●でも、おかげで、いろいろなことに気付かされました。


東日本大震災の日、関東のゴガクル仲間が
都内から歩きに歩いて埼玉まで帰宅したこと。
今日の私とは比べ物にはならないけれど・・・。

国道201号線の歩道を歩く怖さ。
大型トラックがすぐ横をびゅんびゅん通り過ぎていきます。


ほかにも、あれやら、これやら。
いい経験になりました。
もう二度とごめんだけど・・・(笑)

8月6日・8月9日

小学生の時の夏休み、この日は決まって出校日だった。
全校出校日だったり、学年出校日だったり・・・。

●平和授業を受けました。

この日になると、ありえないのに、
「あの日にタイムスリップしそう」で
毎年、毎年、こわくてたまりませんでした。

live5.jpg


●6月23日は【沖縄慰霊の日】

「沖縄戦が終結した日」ではなく、
「日本の沖縄守備軍司令官が自決した日」を基に決められた、と
今朝の新聞のアンケートの記事にありました。

去年、沖縄に住むゴガクル仲間の日記を読んで、
新聞を読んで感じたことを日記に残しています。


「語学日記」と言いながら、私の日記は「なんでもアリ」です(笑)


去年の6月の日記


先日のライブで渡邊悠士くんは 「静かなるアフガン」 を歌ってくれました。

15歳のカレが、戦争のことを考えてる。

15歳の時の私は、何を考えていただろう?
今の私は平和にとっぷりと浸りきっている。


live6.jpg


宮村みつおさんや渡邊君、北村先生・・・。


これから少しずつ、みんなから沖縄のことを教えてもらおうと思っています。

「今川の土手でもいいよ」

ワタナベユウトくんからFacebookで連絡があった時、
そう答えていました。

彼の歌と、ギターとハーモニカが聴けるのなら、どこでも良かった。

live4.jpg

「師匠に相談してみます」 

「シーサー館でのライブに決まりました」

師匠から補足 【会費 1000円】
車だったからウーロン茶と食事、
そして宮村さんのステージとユウトくんのライブ。

●当日、行きそびれた方、なんともったいないことを・・・。

宮村さんは一部と二部の間で 「前座」 と称しながら
ステージに向かい、三線ではなくギターでの演奏。


"人前で歌うときは 「ゆうなの花」 を絶対に絶対に歌ってた" と
【俺の師匠】の歌詞にあるように・・・。


井上陽水の「傘がない」
さだまさしの「無縁坂」 
どちらもゾクゾクするほど、ステキでした。


ユウトくんから「リクエストありますか?」
【俺の師匠】 と 【ありがとうあんまー】

CDを聴いた時にも泣いたけど、きのうも泣きました。
歌ってた彼も、みんなの顔を見て、ちょっと感極まってたみたい。
この3年間のことが、一気に蘇ってきたんだね。


live3.jpg


私がいたので「長渕剛」の曲もいっぱい歌ってくれました。

【夏祭り】  【上を向いて歩こう (坂本九さんのですが、剛もカバーしてます) 】 
【12色のクレパス】  【静かなるアフガン】  【愛しているのに】

曲順を控えて帰るの、忘れたけど、
本人が早速ブログにまとめてくれてました。

オリジナル曲も「おっ、この曲好き!!」というのが何曲もありました。
【行橋】の歌、市のテーマソングにいいんじゃない???

今川も周防灘も平尾台も出てくるし。

こちらが渡邊悠士くんのブログ


ギターを弾けない私が、持っていた本を1冊彼にプレゼント。
ボロボロになるまで使い込んで、もっともっとうまくなってね~。


また、次回、地元でのライブで再会できる日を楽しみにしてる。

と言っても、Facebookでお互いの情報は筒抜けです(笑)

 

6月21日 (木)  雨

仕事が終わってから、いったん家に帰り、
ライブ会場の【シーサー館へ】

「アロマ珈琲さん」に、ちょうど今日珈琲を頼んで会社まで
配達してもらったので、ホット用を3つ、おすそわけ。

ギャラリー花水木の中川さんは【シフォンケーキ】の差し入れを・・・。

live1.jpg


アットホームな雰囲気の中、今月末に沖縄へと修行に向かう
「ワタナベユウトくんのお別れライブ」のスタートです。


オリジナル曲からのスタート。
この前聴いたCDには入ってなかったよ~。
聞けば、オリジナルは50曲くらいあるという。


一部と二部。
途中、二部の前座として、師匠の宮村みつおさんのステージまで。
とびきり贅沢な「前座」です(笑)

どっしりとした声と、絶妙なMCと、ズンズン響き渡る演奏、さすがでしたね。
あなたの師匠。

live2.jpg

宮村さんの三線と、あなたのギターと、中川さんの歌声。
今日の記念の一枚です。


どうもありがとう!!

あれ、「ライセンス」 と 「キャプテン・オブ・ザ・シップ」 の時は???

そこのあなた、するどい突っ込みです(笑)


● 「ライセンス」はチケットが手に入りませんでした。

プレイガイドから案内のハガキが届いていたので、
当日、電話機の前で【オンフック・リダイヤル】を
何度も繰り返してみたものの、なかなかつながらず、
やっとつながったと思ったら完売・・・。

ビデオディスクを買って、何度も何度もしつこく見ました。


cp2.jpg


● 「Captain of the Ship」は、本人の体調不良で、
公開リハーサルと、たしか2会場で公演が行われただけで、
あとは中止になりました。


このアルバムを聴くと、当時のことを思い出す。
父が入院してた時に発売された特別な1枚。


1993年11月1日発売。
この年の、11月12日に60歳で逝ってしまいました。
「還暦のお祝い、どうしよう?」と言ってた矢先でした。


インドの、露天の火葬場の風景を描いた【ガンジス】

この四季犀館のブログ講座:月曜日の文章力の小坂章子先生が
やはりインドを旅行した時に、おなじ場所を訪れています。


一般の観光客は、まず行かないところ。
灰は 「聖なる川:ガンジス川」 へと流されます。

"死んだら灰になるだけさ、と笑ってみた。" 

"あなたのように、強く死ぬまで生きようと"

cp1.jpg

年が明けてからは、当時働いていた会社からのリストラ宣告。

悔しくて、情けなくて、自分が惨めで、
3日3晩、泣き続けました、冗談抜きで・・・ね。

「ガンジス」

「泣くな、泣くな、そんな事で」

「明日の風に身をまかせ」

そして、タイトル曲の【Captain of the Ship】
"おまえがどうするかだ!  おまえがどう動くかだ!!"

久しぶりにこの箱をひっぱり出したのは、
沖縄に行くワタナベユウトくんに、なにか贈りたかったから。


向こうでもつらいことがあるだろうけど、頑張れるように。、
お守り代わりになればいいなと思って、ステッカー他、数点。


麦の穂さんでのジュスカのコンサートの前に、宮村みつおさんの
【シーサー館】に立ち寄ったのは、実はその為でした。

●嬉しいことに、渡邊君、お礼にライブで聴かせてくれるそうです。
沖縄行きの準備で、あわただしいだろうに・・・。


明日 (6月21日)  19時から、師匠の【シーサー館】で!!
レポートをお楽しみに。


我が家には【長渕剛's etc...】のシールを貼った箱があります。

引越しの時も、大切に扱ってきた【思い出がいっぱい詰まった箱】

nt1.jpg

中にはコンサートのチケットや、ファンクラブからのハガキや、
ボールペンやストップウォッチやAREA STAFFの名札まで・・・。


①1985年12月20日  福岡サンパレス ツーデイズの1日目
2階13列23番   " HUNGRY "


②1986年12月9日   福岡サンパレス  
3階13列49番・50番   " STAY DREAM "

●この時だけは、結婚する前でしたが現:夫と行きました(笑)

③1989年4月27日   国際センター
2階7列56番   " NEVER CHANGE "

④1990年12月18日   福岡国際センター
アリーナ 36列30番   " JEEP "

nt2.jpg


⑤CONCERT TOUR '92  " JAPAN "
1992年5月7日   福岡国際センター
2階東 6列 26番

⑥LIVE JAPAN '93
1993年4月27日   福岡国際センター
アリーナ 29列 89番

⑦LIVE '95 「いつかの少年」
1995年11月16日   マリンメッセ福岡
アリーナ北 24列 48番

⑧LIVE '96      " KAZOKU "
1996年7月6日   マリンメッセ福岡
アリーナ 15列 39番

⑨LIVE '97 ~ '98   ~ ふざけんじゃねぇ ~
1997年12月2日   マリンメッセ福岡
アリーナ 11列 35番

久留米に行ってた時に車で会場まで・・・。
帰り道:福岡空港の明かりがきれいだったのを覚えてる。
京築地域から行ったら逆方向なので、見れない風景。


⑩LIVE '98      - SAMURAI -
1998年12月3日   マリンメッセ福岡
アリーナ 27列 7番


福岡に来たときだけ、と決めてコンサートに通ってた「あの頃」
エリアスタッフの仲間と受付でスタンプを押したり、
事前に集まって打ち合わせをしたり、楽しかったな~。


も少し頑張って、ゆとりが出来たら、
また福岡でのコンサート会場まで、きっと会いに行きます!!

【walk】

動詞 : 歩く、歩いて行く; 散歩をする

名詞 : 歩くこと、散歩


with1.jpg


He walks with his dog every day.
彼は毎日犬と散歩します。
(毎日じゃないなあ、今日も雨で中止だったし・・・)

take a dog for a walk
犬を散歩に連れていく
(ラブちゃん、自分のお気に入りのコースに、ズンズン引っ張っていきます)


● 去年、リトルチャロ2のテキストの4月号で勉強したフレーズ。

【A young boy and a little dog are walking together.】
少年と子犬が一緒に歩いてる。
(50歳のおじさんと、でっかい犬なんだけど・・・)


【少年と子犬の主従関係】

A young boy is walking a little dog.
少年が子犬を散歩させている。


※ でも、チャロと翔太は友達なので、walking together


写真の彼とラブちゃんも友達なので together のほうがピッタリ。

with2.jpg


図書館の周辺がお気に入りみたい。

紫陽花が並んで咲いていました。
「華やかなアジサイ」 と、「地味なアジサイ」

犀川の実家にあったのは「地味」なほうで、
子どもの頃は「寂しげ」で、あまり好きではなかったけれど、
ここ数年、こちらのほうが「はかなげ」で、好きになりました。


明日は台風で、また【お散歩中止】になるかもよ、ラブちゃん。


2004年3月に沖縄県知事から
「美ら島沖縄大使」 に任命された【宮村みつおさん】

現在は2期目 (2009年4月より) として
沖縄大使の仕事をなさってます。

kaze.jpg


これを見ただけでも、宮村さんの温かい心が伝わります。

一時期、JR小波瀬西工大前駅の待合室にも作品が
展示されていて、待ち時間に見るのが楽しみでした。


●「いちゃりばちょーでー」というのは沖縄のことわざで、
「一度会ったらみな兄弟」


実際、私とも初めて会った時、気さくに話をしてくださいました。


まちネット人ネット九州の北村会長とも、お知り合いでしたね。
(北村先生は大学の沖縄県人会にも関わっていたそうです)


70sai.jpg


1951年3月生まれで、昨年還暦を迎えられた「宮村さん」

那覇市観光大使・「北九州泡盛を楽しむ会」事務局長、
「三線共愛会代表」や「全国琉球漆喰シーサー文化協会会長」
そのうえ「行橋小学校子ども会会長」までつとめられています。


沖縄のミュージシャンや舞台のプロモートなども行い、
自ら講演やコンサートなど三線片手に「沖縄文化伝道師」として
全国各地を飛び回ってます。

今年の4月にはマイクロバスで22時間かけて
【東日本大震災の被災地:岩手県】に音楽仲間とともに行き、
仮設住宅や保育園他 計9ケ所で
【ボランティアライブ】を行いました。


【音楽の力】って、やっぱり偉大です。
これからの活動からも目が離せません。


いつまでもお元気で・・・。

「人生は70才より」 と、ありますものね(笑)

「シーサー館」の「宮村みつおさん」からの郵便が届いたのが金曜日。
あいさつ文と、資料と、おすすめのCDが入っていました。


まずは「まだ、入手できますか?」と問い合わせをしていた
【ワタナベユウトくん】の【ありがとう! 2012年3月】から。


arigatou.jpg

1.負けるな俺
2.今日もありがとう
3.俺の師匠
4.ありがとうあんまー
5.この思い出、宝もの

「師匠って、宮村さんのことですね。
クスクス笑いながら聴きましたヨ(笑)

" 変わり者で 物忘れが激しく ・・・

人はみな このおやじを シーサーマンと呼ぶ
誰よりも 誰よりも 頼られる男 "

「あんまー」とは「おかあさん」

" 僕は素直じゃないけど これだけは分かってください
母親がアナタでうれしかったこと "

聴きながらウルウル。


宮村さんがかわいがってるという【奥間英樹さん】の【はぐれ鳥】

haguredori.jpg


1.万座毛
2.放課後
3.逢いたくて
4.わしたうんな村
5.はぐれ鳥


沖縄県恩納村出身、現役大学生フォークシンガー。

" 彼の作り出す音楽は、現在では珍しいフォーク調の
どこか懐かしい雰囲気が漂っている。

そのせいもあってか、ライブ会場には、お母さん世代
(40~50代) が非常に多い。 "   ~ ジャケットより ~

よっ、おばさまキラー!!

学生時代によく聞いていた「かぐや姫」を思い出しました。
「神田川」 「うちのおとうさん」 「戦場からの手紙」・・・


このアルバムに収録されている曲はどれも好きですが
4番目の「わしたうんな村」が一番、気に入りました。

沖縄の地名や言葉がいっぱいちりばめられていて、
20年以上前に一度しか行ったことがないけれど、
あの時の記憶が蘇りました。


「ムーンビーチホテル」から見た夕焼けや、パイナップル畑。
どこかゆったりとした、たゆたうような「島時間」


歌詞の中にこんなフレーズがありました。
~ 【ニライカナイの愛の島】 あるだろうか ~


琉球の人々が思い描いた楽園をタイトルにした曲
【俺たちのニライカナイ】  by 長渕剛

" 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ "


一週間経つのが、あっという間ですね。

先週の土曜日が「麦の穂さん」での
ジュスカ・グランペールのライブの日でした。

sisa1.jpg

あの日は朝からCDを二枚聞きました。

●ありがとう! 2012年3月
中学生シンガー 渡邊悠士 感謝を歌う

以前、ブログで新聞記事を添えて紹介したカレです。


●はぐれ鳥 ・・・ 奥間英樹
沖縄出身・大分在住の大学生シンガー


両方とも「宮村みつおさん」から送っていただきました。


ホントは直接、お会いして話をうかがいたかったのですが、
お忙しい方なので、郵送をお願いしました。


真新しいCDの封を切る瞬間が大好きです。
「どんな曲なんだろう」とワクワク・ドキドキ。
この日の2枚は、どちらも大当たりです(笑)


sisa2.jpg


午後から犀川に向かう途中、寄り道をして
旧・国道10号線の行事の交差点のひとつ向こう
「裁判所入り口」から左に曲がり、「シーサー館へ」

途中、道がちょっと狭いので気をつけなくては。

目印は「赤いポストのある家」ね。
はい、すぐにわかりました。

アポなしの突撃訪問です。
不在だったら表から写真だけ撮らせてもらって帰ろう。


そのつもりでしたが、ご本人がいらして、
館 (やかた) の中を案内してくださいました。

●「ぼけない五ケ条」は表で見つけてパシャ。

沖縄の言葉の本がズラリと並んでるし、
奥にはライブもできる空間もあるし、サイコー。

丸い柱には、ハングル文字と食材のポスターも
貼ってて、興味しんしん。


夕方までに下関に行かないといけなかった、宮村さん。
楽しいお話をどうもありがとうございました。


また今度、ゆっくりオジャマしま~す。

さて、麦の穂さんでの「ジュスカ・グランペール」のコンサートには
ステキなゲストの方がいらっしゃいました。

福岡県糟屋郡宇美町出身の【相川理沙さん】
パンフレットの写真とはヘアスタイルが違ったけど、
スポーティーかつエレガント。

risa2.jpg


●タイアップ曲もたくさんありますね。


【光】 【こころにあるもの】 【てがみ】 【えくぼ】 【若葉】 【あなたがいて】・・・


" 「うまく歌うより何を伝えるか」という気持ちを大切に、
そっと心に響くフレーズで、切ない恋心や小さな幸せをテーマに
歌うシンガーソングライター。 "      ~ パンフレットより ~


risa1.jpg


相川さんのギターの弾き語りも、
ジュスカの、高井さんのギターと、ひろせさんのバイオリンを
バックに歌う「相聞歌」も、うっとりするほど、ステキでした。


昨年の秋、拠点を地元の福岡から東京に移したとのことですが、
今でも、毎月8日:大丸福岡天神店【大丸パサージュ広場】で
ライブを開催しています。

スケジュールは、ご本人のホームページで確認を・・・。


相川理沙オフィシャルホームページ

土曜日に行われた「ジュスカ・グランペール」のライブ。

猪かあちゃんが、すでに、しっかりレポートしてましたね。
いつもながら仕事が速いこと。
私より遅くに帰ったはずなのになあ。

kyuukei.jpg


お手伝いも兼ねていたので、少し早めに【麦の穂さん】へ。

愛車は今どき「5速マニュアル車」
急な坂道、後続車・対向車が来ませんように!!


上の方の駐車場に入れなきゃね~とローギアで上り、
気が付いたら一番上まで上ってました(笑)


リハーサル中だったのに、ジャマしてゴメンナサイ。
「ウッドデッキに敷く布」の準備をしていたご主人が
車を移動してくれました。


after.jpg


一部も二部も、二階のバルコニーから見ることができました。


休憩時間、猪かあちゃんたちは少し前から
コーヒーとハーブティーの準備をしてたようですが、
私はここぞとばかりに写真撮影。


演奏中はご法度なので・・・。


ウッドデッキの一列目、二列目、三列目。
その後ろの椅子席が四列目。
そして二階席が五列目。

ちゃんとみんなに「ありがと~」とお礼をいってくれました。
彼らの立ち位置からは、夕日に照らされたみんなの顔が見えたんだって。

「今日のお客さんはいかがでした?」
「あったかかったよ」 とっても嬉しい言葉をいただきました。


●麦の穂ママがおしまいに、ご縁に感謝して
「赤いリボンをつけた五円玉」を、お客さんひとりひとりに手渡していました。
もちろん、私ももらいましたヨ。

お財布の中の、その五円玉を目にする度に、
あの日のことを思い出して、ニンマリしています。

当日、急に思い立って、自分ちの五円玉だけでは足りなくて、
ご近所さんからもかき集めたんだと、高井さんが教えてくれました。


「麦の穂ママの人柄」が伝わってくるエピソードでしょ?

平成24年6月9日 (土) くもり
楽しみにしていたコンサート当日。

前日は雨でした。
みやこ町の「麦の穂さん」のログハウスにて行われる
ジュスカ・グランペールのライブ。

お天気がよければデッキでの屋外での演奏会。
どうぞ、このまま雨が降りませんように!!

itose2.jpg


【千年の恋 tour】

千年と書いて 「ちとせ」
「恋」 は、パソコンで表示できなかったけど、難しい方の漢字ね。

「いとしい いとしい と、いう こころ」 と書く 「こい」
「こひ」 と、読みたくなる漢字。


さだまさしさんの 「時のほとりで」 という本は、学生時代から
今に至るまでの私の愛読書なのですが、
このツアータイトルから彼の曲 「まほろば」 を連想したのです。


「万葉集」 「飛火野」 「ぬばたま」 「黒髪に霜の降るまで」


titose1.jpg


スタッフのみなさま、ごめんなさい。
どさくさにまぎれて、アンケート用紙まで持って帰ってしまいました(笑)

●100年ではなく、1000年。


「いとしい」 「いとおしい」

好きな人に対してだけでなく、
自然や、生き物や、故郷に対しても抱く想い。

島国である日本には、古来からの文化や習慣が、
諸外国に比べて残されている、貴重な国だとも言えます。


先祖代々受け継がれてきた風習や言葉。
これからも語り続けていきたいですね。


●昨夜のギターとバイオリンの演奏を聴きながら、
あらためてそう思いました。

とびきり上等な夜を、どうもありがとうございました!!

We went to the hospital.
私たちは病院に行きました。

義母の足の検査の為、運転手兼付き添いで
仕事を半日休んで病院へ。

待ち時間が長いだろうと、出がけにカバンに入れておいた
「英会話タイムトライアル6月号」のテキストで
けっこうみっちり勉強することができました。


kanshi.jpg


【冠詞】って、どういう風に使い分けてる?

「数えられる名詞には a をつける」

「数えられない名詞には a をつけない」

「特定の名詞には the をつける」

確かに学校ではそう習ったかもしれない。

【apple・・・りんご】

an apple・・・1個のりんご

apples・・・複数のりんご

すりおろしたりんごは・・・apple


●大切なことは、話し手がどういう対象を意図しているかってこと。

【school・・・学校】

build a school ・・・学校を建てる
(建物としての学校なので a がついてる)

go to school・・・学校に行く
(通学対象、または制度としての学校なので、冠詞なし)

じゃあ「入学する」は?・・・enter school

a radio・・・機器としてのラジオ

radio・・・無線・ラジオ放送


a room・・・部屋

room・・・立体的な空間、余地、余裕


本日の授業のまとめ  ~ 慶應義塾大学の田中茂範教授 ~


① ある集合から 「個体」 「単位」 「種類」 「出来事」 として
ひとつを取り出す、という原則が当てはまる時、「a + 名詞」 を使う。

② 対象を個々のものに区分けする意識がない場合は、
「冠詞なしの名詞」を使う。

「the + 名詞」は来月号のテキストで・・・。

最初に見たときは子ネコだった「チビちゃん」
今ではすっかり、このあたりのボスの風格さえただよってます(笑)


tibi2.jpg

夏場は要注意。
暑いので網戸にしてると、勝手に開けて入ってきます。


洗濯物を干すのに、縁台を置いているので高さがちょうどいいらしく、
ドンと体当たりして、すき間をつくり、こじあけて入ってくるの。


「ネコ止め」と我が家では呼んでる「ストッパー」をかけ忘れると・・・。

いつだったか、一度だけ夫の布団に入って、
一緒に寝てたこともあるらしい。


遊びにきたら、台所からお風呂場まで探検して、
ゴロゴロして、帰りたくなったら玄関のとこに行って見上げます。


「開けて~」と言わんばかりに。
裏から勝手に入ってきたくせに【帰りは玄関から】かいっ!!


tibi1.jpg

今日は仕事から帰ると、足にまとわりついてきました。
一緒に中に入りたそうにしてたけど、入れてあげない(笑)

我家の前で、番犬ならぬ【番猫】をしてくれてることも。
時々、この柱で爪を研ぐのは止めて欲しいわ~。


木製のミニチェアは、高校生の時、部活 (天文部) の
お友達が誕生日のプレゼントにくれたもの。


黄色だったけど、そのうちはげてきたので、
赤に塗り替えてイメージチェンジを楽しんでました。


【今度は白にしよう!!】と、
ペンキまで買ってるのに、ほったらかされてます。

かわいそうに・・・。

あっ、私じゃないです。
早とちりしないでくださいね。

義母 (夫の母) の話です。

少~し前に、自転車を買いました。
以前は、しょっちゅう乗ってたのですが、少しブランクがありました。


bic1.jpg

6月3日 (日) 夫と2人でお昼時、行橋まで買い物に行き、
そこから「おがたのお好み焼き」に電話しました。

「鉄板空いてる? そこで食べる!!」

「鉄板はあいちょるけど、ミックスはできんよ、豚肉入りしか・・・」

「うん、焼きよって、あとから行く」

~ 以上、姉と妹の会話 ~

母が月曜日に退院したので、ちょっと様子もみたかったし。
お持ち帰りするよりも、やっぱり鉄板の上のを食べるのがおいしいもん。


病院に約4ケ月もいたので、やっぱり歩くのが大変そうでした。
筋肉も衰えてるのかもしれません。


お好み焼きを食べ終わり、別れ際、車のとこで3人で
立ち話をしている時に、夫の携帯電話が鳴りました。


【夫の母からのSOS】

「自転車でコケて足が痛いけ、ラブちゃんの散歩に行ってくれん?」


bic2.jpg
 

ラブちゃんのことは後回し、母をまず病院へ。
レントゲンをとってもらいましたが、骨は折れてない様子。
ああ、良かった!!


待ちくたびれてたのか、ラブちゃん、
帰宅すると、「やれ、いけ、それ、いけ」と、
まあ、せわしないこと(笑)

タッタカ、タッタカ、走り回って、落ち着きがないったら・・・。

いつもは、おかあさんと一緒に散歩に行くラブちゃん。
しばらくの間、みんなで交代しながら、しのぐことになりそうです。


今朝もラジオで「英会話タイムトライアル」を聞きました。
土曜日は朝7時から、その週の放送分をまとめて流してくれます。
この時間帯は去年もラジオを聞いてたから抵抗なくすんなり。


●昨夜も聞いた「Queen」 の【WE WILL ROCK YOU】
ジェニーさんのウクレレに合わせて後を追います。

I will ~ じゃなくて We will ~ 
「私たちはあなたを揺り動かす」

音楽の力・言葉の力

zenryaku2.jpg

長渕剛のコンサート:彼は会場のみんなによくマイクを向けます。

♪ ああ、しあわせのとんぼよ どこへ~ ♪

♪ 勇次 あの時の 空を忘れちゃいないか
  勇次 あの時の エネルギッシュなお前がほしい~ ♪

自分はギターだけ弾いて、みんなの歌ってる表情や声を
ステージの上から、会場全体:隅から隅まで、
グルッと、舐めるような目でみています(笑)


zenryaku1.jpg


【生まれかわるなら 生きてるうちに】


この本にも、何度も何度も助けられました。

落ち込んだ時、どれだけ彼の曲にはげまされたことか。
ここ数年、本当にどん底でした。


「無事に年を越せるのだろうか?」
毎年、毎日が、恐怖と不安の連続でした。


能天気な日記やブログからは想像できないでしょ?
何もやる気が起きなくて、家の中も散らかしっぱなしで・・・。
(散らかりっぱなしは、相変わらずだわ)


語学の勉強してる間だけは、余計なことを考えずにすむから
ばかみたいに、がむしゃらに、のめり込みました。


最近になってやっと、少しずつ元気になってきたところです。

♪ 気張 (きば) れ 気張れ 気張いやんせ
一度 (いっど) どま け死ん限り 気張いやんせ ♪

♪ We will we will rock you ~ ♪

今年度聞いているラジオ講座
【英会話タイムトライアル】の毎月最終金曜日は
Let's sing along!


1日ずれこんじゃったけど放送日は今日です。
再放送は「土曜日の7:00から」と「日曜日の22:50から」。


q2.jpg

我が家には夫が独身時代に購入していた
ビデオディスクプレーヤー (レーザーディスクプレーヤー) がありました。

「ありました」と過去形なのは、壊れて処分したため。
残されたのはソフトのみ(笑) それも結構な数。

映画あり、長渕剛の東京ドームのコンサートあり、
オフコースの武道館ライブあり。
あっ、浜田省吾の【On the road】もあります。

【QUEEN】もたしかあったはず・・・。

q1.jpg


ほうら、あった。
これはカレの趣味です。洋楽は私の専門外。

よく聞かされたのでどの曲も、なんとなくわかります。

♪ I want to ride my bicycle ~ ♪   【BICYCLE RACE】


◆ ラジオ講座のテキストより引用

"クイーン (Queen) はイギリスのロックバンド。
独特のサウンドやコーラス、多様なスタイルの楽曲で、
世界中で人気を博している。

1977年にリリースされた「We will rock you」は
とりわけ大ヒットした曲。

ユニークなリズム表現が印象的で、スポーツやCM、
ドラマなどに使われることも多く、
日本でもよく知られた人気のある作品。 "

昨夜、夫にこの話をしたら、机とひざをたたきながら、
「ドンドン、パッ  ドンドン、パッ」とイントロを再現してくれました。

「ドンドン、パッ」って・・・わかるけど・・・(笑)

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04