千年の恋 Tour 2012

平成24年6月9日 (土) くもり
楽しみにしていたコンサート当日。

前日は雨でした。
みやこ町の「麦の穂さん」のログハウスにて行われる
ジュスカ・グランペールのライブ。

お天気がよければデッキでの屋外での演奏会。
どうぞ、このまま雨が降りませんように!!

itose2.jpg


【千年の恋 tour】

千年と書いて 「ちとせ」
「恋」 は、パソコンで表示できなかったけど、難しい方の漢字ね。

「いとしい いとしい と、いう こころ」 と書く 「こい」
「こひ」 と、読みたくなる漢字。


さだまさしさんの 「時のほとりで」 という本は、学生時代から
今に至るまでの私の愛読書なのですが、
このツアータイトルから彼の曲 「まほろば」 を連想したのです。


「万葉集」 「飛火野」 「ぬばたま」 「黒髪に霜の降るまで」


titose1.jpg


スタッフのみなさま、ごめんなさい。
どさくさにまぎれて、アンケート用紙まで持って帰ってしまいました(笑)

●100年ではなく、1000年。


「いとしい」 「いとおしい」

好きな人に対してだけでなく、
自然や、生き物や、故郷に対しても抱く想い。

島国である日本には、古来からの文化や習慣が、
諸外国に比べて残されている、貴重な国だとも言えます。


先祖代々受け継がれてきた風習や言葉。
これからも語り続けていきたいですね。


●昨夜のギターとバイオリンの演奏を聴きながら、
あらためてそう思いました。

とびきり上等な夜を、どうもありがとうございました!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1650

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年6月10日 20:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冠詞なしの名詞」です。

次のブログ記事は「麦の穂ママの「五円玉」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04