とよつの、ばあちゃん PartⅡ

私の名前は、ちょっと変わってます。

「○○美」や「○○子」といった女の子っぽい名前ではありません。

ある日の、小学校の国語の宿題が、
【自分の名前の由来を聞いてくること】

その時、初めて知りました。
「豊津のじいちゃんと、ばあちゃんの名前から一字ずつもらった」のだと。

sinmati2.jpg


働き者だったおばあちゃんは、食堂をやめたあとも、
新聞の販売店をしていた家族の為(?)に、
自転車で集金に回ったりしていたそうです。

「おばあちゃんの自慢の粕漬け」は、ファンが多かったみたい。
私も時々、会社に持っていって、お昼時、みんなに食べてもらいましたヨ。

あんなに、しっかりとしていたのに、
だんだんと子どもに返っていった「おばあちゃん」は、
こちらのお世話になっていました。


●夏の暑い日の昼下がり。


犀川の実家に行った時、ちょうど伊良原のおばちゃん(母の妹)も一緒で
「ばあちゃんの顔を見に行こう!!」という話になり、3人で向かいました。


sinmati1.jpg


その日はたまたま、【みんなで、外におやつを食べに行く日】だったらしく、
数台のワゴン車で出かける準備をしているとこでした。


お店で合流して、おばあちゃんは職員さんの特別の計らいで
私たちのテーブルへ・・・。


「おばあちゃん」と「おかあさん」と「伊良原のおばちゃん」と「私」
女4人で【パフェを食べながらおしゃべりをしたあの日】は
今でも、とびっきりの想い出です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1759

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年6月28日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バス停・いろいろ」です。

次のブログ記事は「土曜の朝は【タイムトライアル】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04