2012年7月アーカイブ

かわぐちかいじさんの【沈黙の艦隊】を読み、
こちらも読みたくなったのは数年前。

ちょうど実家にありました。
1巻~9巻まで。

続きは図書館で借りて読んだり、
当時通っていた歯医者さんの待合室にもあったので
治療室にまで持ち込んで読んだり・・・。


zipang.jpg

この作品の週刊誌への掲載の開始は2000年。


自衛隊のイージス艦と乗組員が、南米エクアドルに向けての航行中、
ミッドウエーで突然、第二次世界大戦に紛れ込んでしまい、
そこから実在の人物も登場しながら続く長編の漫画です。


山本五十六氏や、満州の皇帝:溥儀と、彼の弟君(おとうとぎみ)
教科書では尻切れトンボになっていた昭和の歴史を
この本で教わったような気がします。


●第9巻:航跡87【最終兵器】

"敵だけでなく、味方もすべて焼き尽くす【核】を人類は保有するのです。"

"世界列強が最終兵器を完成させ互いに保有し合う。"


1945年8月、日本の広島と長崎に、その最終兵器が投下されました。

去年の8月9日の日記

8月はどうしても「戦争」と結びついてしまうのです。


もっと生きたかったのに、犠牲になった人たち。
長く苦しい戦いと、不自由な生活を強いられた祖父母や両親の世代。


今、こうして平和な世の中で、
好きなことができることに感謝しなければバチが当たります。

塩見直紀さんのお話を聴き、何人かがミニワークの用紙にそって
発表した後は、休憩を挟んで第二部の交流会でした。


ni2.jpg


今回の参加費は1,000円。
しかも、遠方から来てくださった方が多かったのにはビックリ!!

私は地元だけど、北九州や中間市や久留米市や、県外からの方も・・・。
それだけ、この「みやこスタイル」の内容が魅力的だという証拠です。


●3つのグループに分かれての、ワークショップ。
テーブルの上には、模造紙とマジック。
最近、この形式、多いですねえ、吹上さん。


飲み物と、みやこ町のスイーツいろいろ。
いつも思うのだけれど、準備する奥さま、きっと大変。。。


自分が前に一度、「まちづくり塾」の企画をまかされたことがあって、
会場を借りることから、当日の段取りからひととおり経験しましたが、
「もう嫌!!」と思いましたもの(笑)

今回は、時間に余裕があったようで、
途中で一回「メンバーチェンジ」というのがありました。
飲み物の入ったコップと似顔絵を手に、向こうのテーブルへ。
猪かあちゃんの隣に座ります。

「来んでいいっちゃ。」 そんな、邪険にしなくても・・・。
ここのグループのリーダーは四季犀館ブログのメンバーでした。


みやこ町と大分県との県境の近くで、実際に移住して来て
生活をしている男性。


彼と知り合ったのは、今年の1月にあった、
みやこ町の主催の【まちづくり勉強会】
定住促進のBグループで、発表していて、
終了後、吹上さんも交えてお話したのを覚えています。


「農村部の家は、お墓が一緒についてることが多く、
親戚が集まるので、人には貸したくないこともあるのでは?」

「空き家情報の窓口は・・・?」

「水周りだとか、中に残された家財道具の処理はどちらの負担???」とか
いろいろな話題がポンポン出て、とても参考になりました。


ni1.jpg


昨年の3.11以後、世の中全体の価値観が変わってきたような気がします。
もっと早くから、それに気がついていた人もいると思います。

子供たちに何を残し、何を伝えていくのか?
安全な食べ物、安心できる暮らし、人間らしさ・・・。
きっとそれが塩見直紀さんがおっしゃる【半農半X】


今回、お子さん連れの、私たちの年代の
ご夫婦での参加が何組かあり、とてもうれしくて。

終了後、子供たちがお絵かきしてるところの
写真まで撮って帰りました。


この子たちがスクスクと、たくましく育っていく環境が理想です。


途絶えていたレポートをやっつけましょう。

どこまでお話しましたっけ?

会社を昼から休んで、みやこ町犀川のコミュニティセンターに
行って、塩見直紀さんに会ったとこまではご存知ですね。


tyosyo.jpg


【半農半X】 半農というところからして、私は違ってる(笑)

半農半NPO・半農半社会起業家・半農半市議・半農半歌手・
半農半陶・半農半カフェ・半農半工・半農半電・半農半祈・・・

私はさしずめ【半勤半学】? 
でも仕事はちゃんと、まっとうしないと・・・。
半分で済ませるわけにはいかない。


当日いただいた資料を見ると、升目(わく)が、いくつもあります。

二分割・四分割・3x3の9分割・5x5の25分割。


si-to.jpg


記入する前のワークシートをパシャ。
ちょっと目立ってたかもしれない・・・。

【大好きなことで Slow Revolution する時代】


●ミニワーク①  「自分の型(かた)」 「自分のまち・むらの型」をつくる!

大好きなことや得意なこと、気になるテーマ、人生のテーマを3つかあ。
A:【ブログ】 B:【語学】 C:【日記】

分母は活動舞台、大好きなまち・むらなどのフィールド名
【京築・日豊線沿線】

●ミニワーク②  「人生で叶えたいこと」を棚卸しする。

3x3の升目の、真ん中にはQuestion.
「人生で叶えたいことは何ですか? 8つ書いてください」

1回きりの人生です。叶えたいことを自由に書いてみてください。
書いたことは実現が早まります!

どれどれ、実現が早まるのなら・・・。

1.海外旅行(中国・韓国)
2.国内旅行(釧路・京都:三十三間堂)
3.福岡でのコンサートの時、長渕剛に会いに行く。
4.言葉の力・コニュニケーション・最悪の場合はボディランゲージ。
5.音楽の力を伝える。   以下省略。


●ミニワーク③  「半径3キロ内」で宝物を見つける!

現在すんでいる家(または移住先)から半径3キロ内で、
33個の宝物(人・モノ・風景など)を見つけてください。

【例】 畑をやってるおじいさん、田んぼ、市民農園、作物・農産物、
庭の柚子の木、朝市、八百屋さん、自然食屋さん、自然系カフェ、
豆腐屋さん、学校の農園、夕日がきれいなスポット、写真家、自転車好きの人・・・。

時間切れで私は二つしか記入してません。
隣の家のチビちゃん (ねこ)
夫の実家のラブちゃん (いぬ)

みなさんも、メモ用紙や、チラシのうらに、書き出してみませんか?
できたらコーヒーでも飲みながら、お気に入りの音楽を聴きながら・・・。

It's hot as hell today, isn't it?
今日はうだるような暑さですね。

Yes.
そうですね~。

Extremely hot, humid, sunny and no wind.
極めて暑くて湿気もあるし、日照っていて、風もないですね。


【英会話タイムトライアル】の7月号のテキストに
使えそうなフレーズがちょうど載ってたので、借りてきました(笑)

自分で文を組み立てるのは苦手でも、英借文なら大丈夫!!


kare-1.jpg


仕事が休みの今日は、午前中、用事で行橋まで行ったので
商店街で行われていた【美夜古カレーフェスタ】を覗いてみました。

それにしても暑かった~。
日傘を差して、ちょっと歩いただけなの、汗ビッショリ。


出遅れたので、元ソフトバンクホークスの
「柴原洋さんのトークショー」は、すでに終わってました・・・。


"地産地消で地域に活力を! みんな元気に!"


kare-2.jpg


美夜古通りにもテントが何張りかあり、
美夜古回廊イベント広場に入ると、真正面に見覚えのある
【白と黒のパッケージのレトルトカレー】

四季犀館の森店長が、お一人で、暑い中、
PRに努めてらっしゃいました。


会場ではフェイスブックでやり取りをしている方が
スタッフとして頑張ってたり、お客さんとして来てたり・・・。

美夜古青年会議所のみなさん、出店者のみなさん、
暑い中、お疲れさまでした。


今頃は、それぞれ帰り着いて、汗を流して、
ビールで打ち上げ中かしらん???

♪ 夏もそろそろ終わりねと 君が言う
ゆかた姿で せんこう花火
きれいだよ きれいだよ きれいだよ とても ♪

沖縄に修行に行く前の「お別れライブ」で
渡邊悠士 (わたなべゆうと) 君は、
私の大好きな、長渕剛の【夏祭り】を歌ってくれました。

imai.jpg


【いまいの、ぎおんさん】 = 【今井祇園祭】


犀川のお祭りといえば、5月の【生立 (おいたつ) の、神幸 (じんこう)】
そして、行橋のお祭りといえば、夏の【いまいの、ぎおんさん】


花火が上がる【こすもっぺ】もあるけど、わりと新らしめのイベントなので、
学生時代からなじみがあるのは、やっぱり【今井の祇園さん】


"今年は多方面のご理解とご協力を得て、
約70年ぶりにほぼ原形に近い姿でのお披露目となります。"

明日(7月28日:土曜日)が【夜ぎおん】ですね。
きっとにぎわうことでしょう。


ami.jpg

行橋の「ふうりん祭り」の会場でポスターを撮影していたので、
今、じっくりと読んでますが、「中町・西町商店街」は風鈴販売での
協力となっています。


そうそう、当日、会場で私が「おやっ」と思ったのが、こちらのケース。
お話をうかがうと、手作りの品だそうです。

食品なので、虫や、埃よけに・・・。
前面はガラスで、三方はネットが張られてて、上面はガラスの引き戸(?)
お客様から注文が入ると、上のガラスをスライドさせて袋に入れて渡してました。

「食品パックむき出しのままで、テーブルに並べていないところ」が好印象!!

♪ ふたりで行った夏まつり もう終わり
わたあめ おみくじ 金魚すくい
子供のように はしゃぐ君は かわいいよ ♪


失礼いたしました・・・(笑)

お昼休みに、会社の用事で「郵便局」へ。

「車の中は、灼熱地獄だろうなあ」と、
お弁当を食べる前にすべてのドアをあけていたので
移動する頃には、充分耐えられる状況になっていました。

●都会では考えられない不用心さです(笑)


kitte1.jpg


80円切手って、いちばんよく使う。
残りが少なかったので、ついでに買って帰りましょう。
できたら記念切手がいいな・・・あるかなあ?


いろいろな種類のがあったので、ラッキー!!
【記念切手の、記念撮影】となりました。


会社宛の郵便物でも、記念切手が貼られていると
なんか「にんまり」します。


切手はちょっと余白を残して、切り取り机の引き出しに入れておいて
ある程度たまったら、集めている人のとこに持って行くんです。


ずーっと前は、FM福岡の番組で使用済みテレカを集めていて、
手元にあったのをメッセージを添えて送ったら、
ラジオで名前を読み上げてくれました。


kitte2.jpg

"季節のおもいでシリーズ【第1弾】夏" は
ちょうど今から使うのにピッタリ。

「あの雲の形、なんに似てるだろう?」
「このビンの形は、コーラかな? ラムネかな?」


「犀川駅前であった、盆踊りには浴衣を着て行ってたっけ。」
お菓子を貰って帰るのが楽しみだった。

事務員の特権(?)で、この記念切手の「切手以外のシール部分」は
いただきます。 お友達への手紙にちょこんと添えたり・・・ね。


きれいなので、捨てるのはもったいない!!
結構、今までの分もたまってます。
せっかくなので、切手を貼る前に、世界遺産も覚えましょ。

浅川家具さんで、いただいたのは、こちら。


sweets1.jpg


出された瞬間、うれしくて「わぁーっ!!」と声をあげました。
手を付ける前に、早速撮影をしたら、今度は彼女が「わぁっ」

「え~っ、こんなもんまで撮るの???」と
いったニュアンスだったのかも(笑)


心配になって「お代は?」とたずねたら、「いりませんヨ」って。
楽しいおしゃべりと、あたたかいおもてなしをありがとうございました。


行橋の和菓子屋さんの老舗といえば【大村大月堂】さん。
ふうりん祭りの会場の、まん前でした。

sweets2.jpg

当日のお祭りの【実行委員長】を務められたのが、こちらのご主人。
時々、新聞で見かけてましたが、お話したのは初めてです。


おぼろげな記憶の新聞記事によれば、
行橋の【無花果】を、和菓子に取り入れた新製品を創られたとか。

餡と、イチジクの割合の微調整が大変だったようですね。
今度行った時は、ちゃんとお店の中を取材しますので・・・。
今回は商品の写真もなくて、ゴメンナサイ。


台車で荷物を運んでたところ、強引にご挨拶をしました(笑)
あちこちから声をかけられては、それに対応したり、
あっち行ったり、こっち行ったり、大忙しでしたね。

行橋の大橋中町・西町の商店街のみなさま、
当日は、おまねきいただき、ありがとうございました。


今後ともよろしくお願いします。

会場からまっすぐに私が向かったのは「浅川家具」さん。

ちなみに、こちらの商店街、一方通行なので気をつけて下さい。
国道10号線の方からしか、進入できません。
行橋駅前と交差する「川越の信号」の、ひとつ小倉寄り。


kagu1.jpg


春先に、ほとんど初対面の方との勉強会(飲み会?)に誘われて・・・。
その時の様子もブログでレポート済みですね。

私の向かいに、こちらのお店の「お姉さん」が座ってました。
じっくりと話すことも、連絡先を教えあうこともぜずに、当日別れて・・・。
あのときのメンバーとは今でもFacebookでつながっていますが、
唯一、彼女のことだけが気になっていたのです。


4月29日:昭和の日。
例のレトロバスに乗ったり、宮村みつおさんと知り合った日。

やっぱり気になって、お店に寄ったところ、
おかあさんがいらして、いろいろとおしゃべりをしました。
イベント会場に行ってたのですね。

レトロバスの近くにいたところ、自転車で会いに来てくれました。
でも、ちょっとしか話せなくて・・・。


kagu2.jpg

「ごめんくださ~い」
奥から「浴衣姿」の女性。
あれ、雰囲気違う、浴衣だからかな?

ふたつ下の妹さんの方でした。
着付けを終えて、髪の毛をセットしてたとこだったようです。

待ってる間に、お店の中の写真を撮らせてもらうことに。

「今日も会場に行ってるかもしれない」と思ったけど。

●ふうりん祭りは、いつもお店を開放しての参加なのだそうです。
立ち寄ってくださったお客さまには、ちょっとした「おもてなし」をしてるそうで、
入り口そばの特等席、いちばん涼しいところで「甘いもの」をいただきました。


家具をひとつずつ写真で紹介していったらいいのに。
ホントにそう思いましたヨ。


「写真メインで、文章に凝らなくても大丈夫だから。」
「職人さんの、こだわりポイントとか。」


そんな、こんなで話が弾んで、気がついたら
「そうめん流し」は、とっくに始まってました(笑)
 


【半農半Xの塩見さんのレポート】の続きを
期待している方、ごめんなさい。

ちょっと、お休みします。
今日、出会った方たちを是非、紹介したくって・・・。

nakamati1.jpg

【第5回 大橋ふうりん祭】
数日前に「猪かあちゃん」が載せてましたね。


「行橋の商店街に、そうめんを食べに行きますよ。」
【まちネット人ネット】会長じきじきのお誘いに、即、のりました(笑)

行橋駅11時集合 歩いて会場まで向かいます。

行橋駅でバッタリ「行橋まちづくり同好会」の方とお会いし、
しばし【行橋市民大学:30周年記念式典】の
お話を伺うことができたのは、思いがけない収穫でした。
自分が行けなかったので、どうだったのかなと気になってたので。

nakamati2.jpg


会場は「大村大月堂さん」の前、マルショク行橋店の駐車場。
「少雨決行」と聞いていましたが、雨が降らずに良かったですね。


暑かったので、かき氷が大人気でした。
私も「青りんご」味を頼み、テントの中で涼みながら
グルリと会場を見渡します。


そうめん流しが始まるまで、
「ちょっと商店街を歩いてきます」と
ひとりフラフラ会場を離れました。

うっく、またしても「猪かあちゃん」に先を越されてしまった!!

他にも参加したいイベントがいっぱいあった今日(7月21日)
私が選んだのは、ブログ仲間の吹上さんの「みやこスタイル」でした。

しかも、おっちょこちょいで、
今週に限って「土曜日出勤日」だったのを忘れてて・・・
午前中でバタバタ仕事を終わらせて半日休ませてもらったという・・・。
(理解のある職場に感謝)


x1.jpg


場所は、みやこ町犀川の「みやこ町コミュニティセンター」
ちょっと小高い場所にある、図書館や入浴施設のある建物。

毎月夫が買っているアウドドア雑誌【BE-PAL】5月号にたまたま
載ってたので、必需品の【A4サイズの似顔絵】と一緒に持っていきました。


1965年生まれだという「塩見直紀さん」は
吹上さんや私と同じ「昭和40年」 なんか嬉しい!!


京都の言葉って、なんでこんなにあったかいんだろう。
浜野安宏さん、ジュスカ・グランペールのおふたり、そして北村先生。


x2.jpg


写真も、たくさん見せてくれました。
田んぼや、曲がった道や、トラクターが笑ったような顔。

台湾の風景は、日本とほとんど同じに見えました。
台湾では中国語版の【半農半Xという生き方】も発売されてるそうです。
中国大陸、上海の出版社からもオファーがあったとか・・・。

「ひとクラスの人数と学級数」は、塩見さんのとこよりも、
私の通った犀川小学校の方が多かった。

学生の頃は、なんにもない、この町のことはあまり好きではなかったけれど、
今はこうしてブログで紹介するくらい「大好き」です。


明日の土曜日 7月21日はイベントが目白押し。

●苅田町の三原文化会館では 14時から
弓削田健介 (ゆげたけんすけ) さんのコンサート 
【いのちと夢を歌い語りつなぐ】 入場無料


"あなたが くだらないと思っている今日は
だれかが なんとしても生きたいと
願ったたいせつな今日・・・。"


以前、行橋造花店さんのイベントで聴いたきりなので
また彼の歌を聴きたいけど、行けない。

24721.jpg

●行橋のコスメイト行橋 文化ホールでは
14時半から「山本華世さん」の講演会

【行橋市民大学の30周年記念講演】ですね。
こちらも入場無料。
行きたいけど、行けない。

苅田まちづくりカレッジは今6期生が学んでいます。

行橋市民大学の歴史は30年!! 
大先輩です。

卒業生の中からは【行橋まちづくり同好会】が発足しました。


昨年の夏、行橋での【まちづくり塾】で、
不要になった傘から買い物袋を作っている「横山さんご夫婦」の
発表がありましたが、こちらの会員です。


そして【まちネット人ネット九州】にも加わって下さっています。


福岡県のホームページの中で、
以前の代表者:Fさんのお話を見つけました。


"私たちは行橋市を「ここに住んでよかったな」と
みんなが誇りに思うまちにするため、
日々活動しているグループです。
  
 (中略)

人に個性があるように、まちにも個性があるんですね。
行橋市にしかできない、行橋市ならではのまちをつくるために、
自分たちができることを、こつこつとやっていこうと思います。"


この方、【まちネット人ネット九州】の監事さんでした。
私が入った時は、もういらっしゃらなくて・・・。


昨年の新盆のあと、不在のままだった「監事に」と
声をかけてくださったのが北村先生です。


苅田まちづくりカレッジの学長でもあり、
行橋市民大学にも、関わってらっしゃいます。


「両方、合同でなにかできないだろうか?」
とてつもないことができそうな気がしませんか???


そうそう、明日は、みやこ町犀川では
吹上さんたちの「スローラボさん」のイベント
【みやこスタイル】も予定されています。

「半農半Xという生き方」の著者
塩見直紀 (しおみなおき)さんの迎えての
講演会と交流会。

前回の浜野安宏さん。
今回の塩見直紀さん。

すごい人を「みやこ町」に呼ぶ吹上さんも、
実はかなり「すごい」です。


ずーっと 「岡田ポンプさん」 だと思い込んでました(笑)

【㈱岡田設備】さんというのが、正式な名称ですね。


●会社の水の出が悪かったので、電話して来てもらいました。

3連休明けの朝、お手洗いも台所も、なんか変。
「ポンプかな?」と会社の男性陣。
型番を控えたりネットで検索してみたり・・・。


okada1.jpg

「たしか、犀川の業者につけてもらったよね?」
はい、そうでした。

多分、私が入社してまだ間がなかった頃、
やっぱりポンプの調子が悪かったようで、
「どこか知らない?」

実家の裏の「岡田さん」が頭に浮かんだので、
電話して据え付けてもらって以来です。


地元の業者は、いいですね~。

まちの電気屋さんも、価格では家電量販店にはかなわないけど、
痒いところに手が届くというか、地域密着のサービスというか。


みやこ町の商工会の会員のページでも見かけました。


今、みやこ町のみなさん、Facebookが盛んのようですネ。
みやこ町のホームページにも「ど~ん」と
Facebookのブルーのアイコンが・・・。
商工会でも勉強会が行われていると聞いています。

okada2.jpg


午前中に見に来てくれて、
「部品の交換が必要です。」と、一旦帰られたものの、
部品を手に、夕方また来てくれて交換、
あっという間に修理完了、お見事!!

「名刺と写真でブログの記事を書いていいですか?」
ちゃんと、ご本人の許可をいただきました。


【会社の草むしり】まで手が回らずに、
草ボーボーの証拠写真になってしまいました(笑)


岡田設備の岡田さん、
今日はカンカン照りの中での作業、どうもありがとうございました!!

7月7日 行橋で行われた「77講演会」の会場で
1枚のチラシをもらいました。

● 【チェルノブイリ・ハート】の上映会の案内です。


9302.jpg

● 期日: 2012年9月30日  
   13:30 開場   14:00 上映


● 会場: コスメイト行橋 文化ホール


● 入場料: 無料

"1986年4月26日 チェルノブイリ原発事故発生。

それは当時生まれた子供たちにたくさんの災いを及ぼした。

放射能の影響で心臓に重度の障害をもった子供たち。

それを「チェルノブイリ・ハート」と呼ぶ。 "  

~パンフレットより~


9301.jpg


日曜日に、長渕剛のCD【Stay Alive】を買いました。
発売日から約2ケ月遅れです。
欲しかったのはヤマヤマだったけど、食べていく方が優先(笑)


今年の3月11日「報道ステーション」の特別番組を
最初から最後までじっと、ずっと観ました。


5番目に収録されている「カモメ」という静かな曲には、
あの時の映像が再現されています。

"浪江の街の駅前の ひしゃげたまんまの商店街
パン屋も床屋も雑貨屋も 命の音が聞こえない"


私が泣いてしまった場面。
信号機だけが点滅してた、あの交差点の景色。


"止めてくれ 原発を   止めてくれ 今すぐ
母親から子供を引き裂き 子供から母親を裂く
乳房をくわえる赤子の 瞳をどうやって僕は見つめればいいの"

このアルバムを聴いて、【チェルノブイリ・ハート】の
チラシをもらって帰ってたのを思い出しました。


 

あと2冊、一緒に図書館から借りて帰りました。

読んでみたい本はたくさんある。
実際に読める時間はあまりとれない。


●「本のソムリエ:団長さん」は、あんなに忙しい毎日でも
年間に1000冊の本を読んでいる。 やればできる!!


hiragana1.jpg


【適当な日本語】 ~金田一秀穂~  アスキー新書

" 「適当」 という言葉には二つの意味があります。
一つは 「適切である」 という意味。
もう一つは 「いい加減」 という意味。
この本は、その二つの意味を持ったタイトルです。" 

なんともユルユルな前書きに惹かれて・・・(笑)
来月の北九州国際会議場での講演会に向けて、
少し予習もしておきたいと思ったもので。

hiragana2.jpg


【ひらがな暦】 ~絵と文:おーなり由子~  新潮社
三六六日の絵ことば歳時記

(この本をつくるのに、六年もかかったという力作)

歳時記って「かたっくるしい」のは、よく見かけるけれど、
絵本作家であり、漫画家である彼女のこの本は「ほっこり」
著者の紹介で知ったけど、彼女とは同じ歳でした。

"確かであたたかなまなざしで見つけた日常の中の物語を、
やわらかな絵と言葉で描く。"

私のブログみたいな感じで、
その日の「お題」に、子どもの頃の思い出とかをからめて・・・、
やさしいイラストも添えられています。


3月11日・・・土づくり

7月16日・・・祇園祭

8月6日・・・ゆかた

8月15日・・・いのちの灯

9月11日・・・カマキリとバッタ


「日本のお祭り」 「日本語のやさしさ」 「昭和の思い出」 
そんなのがギュツと詰まってる、とてもうれしい一冊でした。

先週の日曜日、草むしりを途中で投げ出して行った図書館で
借りてきた本のうちの2冊。

今、少しずつ読み進めています。

nazonazo1.jpg


●相原先生の【謎かけ中国語講座】 CD付

著者:相原茂   ~ 講談社 ~

まえがきより一部引用 (カッコの中は私の心の声)

"語学の勉強は長くつらい。(ホント、ホント)

「聞くだけであっという間にマスターできる」
などというのはウソである。(その通り!!)

マスターのコツは、その外国語と離れずに、
つきあい続けること、これにつきる。(はい、先生)

それにはなぞなぞを道連れにするのが一番よい。
私自身がそうしてきた。
だから自信をもっておすすめできる。"

通勤時、車の中で早速CDを聞いてみました。
音は聞き取れるものの頭の中で漢字に変換できないし、
語彙を知らなさ過ぎるので、お手上げでした。

あとがきより
"なぞなぞは「民族の比喩の宝庫」だ。
想像もつかない喩えがぽんぽん出てくる。
このあたりの感性がわからないと、実は中国語はわからない。

相原先生のホームページにもなぞなぞコーナーがあります。


nazonazo2.jpg

●書き出しとあらすじでよくわかる!
【英語対訳で読む日本の名作】

監修者:山尾あすか     ~ 実業之日本社 ~
  英文対訳者: Shani Tobias (シャーニー・トバイアス)


●この名作の「書き出し」を英語でどう表現するか?

英文を日本語に訳すのよりも、反対のほうがうんと難しい。
でも、この本は 「これでいいの?」 と思うくらいシンプル。

"こんな平易な英語で表現できる!
これで外国人に通じる!"


I am a cat. 我輩は猫である。
I don't have a name yet. 名前はまだ無い。


In spring, the dawn is most beautiful.
春はあけぼの。


わかりやすいでしょ?
夏目漱石の「我輩は猫である」と
清少納言の「枕草紙」

この本のシリーズ、ほかにもおもしろそうなのが出ています。


●世界に正しく伝えたい! 英語対訳で読む美しい日本の「こころ」


●伝えたい"ニッポンの心!" 英語対訳で読む日本のしきたり


●意外に面白い! 簡単に理解できる!
英語対訳で読む日本の歴史


●えっ! この表現でそんな意味? 英語おもしろノート  などなど。

まずは、今借りてる本をあと一週間で読み終えて返却しなきゃ(笑)


♪ このぉ樹 なんの樹 気になる樹 
  みんなが あつまる 樹ですから ~ ♪

●今日は久しぶりに髪の毛を切りに行きました。

前回は「苅カレ」の卒業式の前にあわてて行ったから
3ヶ月以上経ち、「伸びるわ、増えるわ」で
ここ最近、私の手には負えない「悲惨な状況」でした。

monkey1.jpg


こちらの美容室【Monkeypod】さんとのご縁は、
京築・北九州地区の情報満載のフリーペーパー【ポス】


オープンして間もない頃に、飛び込みでフラッと行ったのが
約9年前。
以来、浮気もぜずに、【モンキーポッド】一筋です(笑) 

ホームページのアドレスは、こちら

苅田町の図書館の近く、三原医院の前で、
「シャディのサラダ館」の、おとなり。

住所:京都郡苅田町京町2-25-4  アーバン苅田1階

TEL & FAX : 093-436-0337

営業時間: AM10:00 ~ PM 7:00

定休日: 毎週月曜日、第一火曜日、第三日曜日

店長の星本さんとは「同い年」で、お互いの家庭のことも、
「なにからなにまで」知ってる仲です。


"夫が、この春、転職しました。今だから笑って話せるけど・・・"
長引く不景気、夫の決断。


彼女も、店長として自分のお店を構えている以上、
スタッフの方の生活が、彼女の肩にかかってるわけで、
毎月毎月のプレッシャーは、きっとそうとうなもの。


ふたりのお子さんを「お義母さん」にお願いして、
てきぱきとお店を切り盛りしています。


お子さんの学校行事や発表会の日も、
ギリギリまでお店にいるようで、毎日大忙し。


今日も、私の髪を切りながらの世間話の間にも、
かかってきた電話の、予約の時間の確認から、
スタッフへの次の作業の指示から、大忙し。

monkey2.jpg


私は毎回 「カットのみ」 なのですが、
それでもメンバー割引で10%OFF。

●そして、今月は嬉しいことに【バースデー割引】もあり、
通常料金の20%OFFでした。


四季犀館も利用してくださってるそうで
いつもありがとうございます。


これからもよろしくお願いします!!

浜野先生のお話は、世界各地でのエピソードが満載で、
もちろん日本国内のこともだったのだけれど、
とても楽しくて、聴いているだけでワクワク。


「伊良原小学校の今の校舎を移転して、活用できるでしょうか?」
帰りに浜野先生を現地へと案内するとのことでしたが、
「あの日の宿題の答え」はどうなりましたか? 吹上さん。

今度の校舎に携わる【安藤忠雄さん】

この先、みやこスタイルで予定されている
「半農半X」の【塩見直紀さん】と
浜野先生とのつながりもわかって、なんかオモシロイ。


oyatu2.jpg


予定よりも遅れ気味でスタートした【交流会】
みやこ町の特産品の前には、このとおり行列が・・・。

テーブルの上の模造紙は、各班とも、まだほとんど白紙(笑)
時間内に発表まで、とてもできる状況ではありませんでしたね。


最近、私は初対面の方との出会いの場には
【似顔絵】を持参するようになりました。
しかもポストカードサイズではなく【A4サイズ】をケースに入れて。


たいてい、どこでも「自己紹介を・・・」となるので、
顔の横に持ってきて「似てるでしょ?」 「カワイイでしょ?」
これだけでウケるんです、なぜか。


この四季犀館ブログのプロフィールと、
ゴガクルの「おぼえた日記」とFacebook
全部、似顔絵で統一してるので、
この日も「あ~っ」と、反応してくれた方がチラホラ。


私の隣の席は「くまわりファーム」さん。
お互いにびっくりです。
初めまして・・・(笑)


私の師匠の【今泉重敏先生】とのお付き合いは、
私よりもずっと前からなのですね。

oyatu1.jpg


約2年前、苅田まちづくりカレッジに申し込んでなかったら
今泉先生との出会いもなく、こんなふうに、
みなさんとの出会いもなかったはずなのです。


吹上さんとも知り合ってなくて、ブログ講座も受けてなくて、
私も姉も、今、毎日バタバタしていますが、充実感もあります。
(よね、ねえちゃん?)


●四季犀館ブログ、バンザ~イ!!

最近、私はちょっとだけ賢くなりました。

講演会などでメモをとる時、
表の余白ではなく、裏面に書くことを覚えました。

ブログの記事を書くときに
資料をスキャナーで読み取ることが多々あり、
今まで【走り書き】まで一緒にアップしてましたから(笑)


omoi2.jpg


吹上さんが今回、講師としてお招きしたのが,
浜野安宏 (はまのやすひろ) さん。


「もしや?」と思い、北村先生に訊いてみました。
吹上さんのブログのアドレスを添えて・・・。
建築関係で、面識があるかもしれないと。


「以前、福岡で紹介されました。
会ってみては、いかがですか?」


プロフィールによると「セツ・モードセミナー」卒業とのこと。
実は、こちらの卒業生、なんか私の「気になる方」が
いっぱいいっぱい、いるのです。

omoi1.jpg


走り書きから、いくつかピックアップ。

We are everyone.

五木の子守唄ブルース

「富士山は、五合目より下を歩いてほしい」

「湖に浮かぶ白鳥のボートは・・・。」

「ミリタリールック」 と 「アーミールック」 は同じじゃないんだけど。

正義 (justice) にだまされるな。

more life
もっと生活を

Live naturally and freely.
自然に、自由に、生きる。


やばい、日にちが経ちすぎて、うまくまとめられない!!

天災は忘れたころにやってくる。

●私のレポートは、忘れたころに、やっとできあがる(笑)

井上幸春町長も、猪かあちゃんも、寿農園さんも、
くまわりファームさんもyoshitakeさんも、
みんなみんな仕事が速いので、
ひとりだけ「おいてけぼり」をくってました。

komoriku2.jpg

この四季犀館ブログの講座で、姉も私も教わった【fukiage先生】
ご夫妻の【NPO法人:スローラボ】さんの企画。


この先も、まだまだ楽しそうなイベントを次々と打ち出してきますよ~。


この日はちょうど、苅田まちづくりカレッジの日と重なりました。
最初、お誘いを受けた時は、一旦お断りをしていたのですが、
「こんな機会はそうそうない、浜野安宏さんが、みやこ町に来るなんて!!」

というわけで、午後から合流させてもらいました。


苅田の三原文化会館での授業のあと、
自宅でバタバタとありあわせのもので昼食を済ませ、
車は祓川に沿って伊良原へ・・・。

会場へのクネクネ曲がったカーブでは
愛車が「うぉんうぉん」うなってました。
老体にむちを打ちつつ、よ~く頑張ってくれました!!


「いつぞやの朝」みたいに、エンジンがかからなかったら
とてもじゃないけど、伊良原までは行けなかった。

我が家からの所要時間:車で約1時間強。

伊良原には、いとこも住んでるけど、
買い物となると、やっぱり行橋まで出ないと・・・。


ダムの建設に伴う移転で、便利な「まちなか」に出た人も
いるけど、代替地である、ここの上に家を建て、移った人もいる。


郵便局や農協や、いろいろな施設がこの場所に
集まってるけど、以前の「バス亭前」から、ここまで来るのに
かえって大変になった地元の人もきっといるはず。

komoriku1.jpg


到着したのは13時をちょっと回ったところ、
会場ではfukiage先生の奥様が受付に、
あいかわらず、キビキビとして、笑顔がステキ。


yoshitakeさんも、声をかけてくれましたね。
寿農園さんのジャガイモ、みなさんに好評でしたが、
絶妙のタイミングで提供した、あなたの腕が光ってます!!

「どっちから入ったら目立ちませんか?」
「一番向こうの扉から・・・」

それを確認せずに手前の扉を開けていたら、
みなさんの注目をあびていたところでした。


だって、ちょうど浜野先生を前に
井上幸春町長がマイクを手に、
ご挨拶をなさってる、まっ最中でしたもの。


絶好の「草むしり日和」のはずでした。

それほど暑くもなく,特に出かける予定のない休日。
ここのところ雨ばっかりだったけど、今日は降ってない!!

朝、30分くらい、一番人目につくところをやっつけて、
ちょっと飽きたので休憩してるところで「悪魔のささやき」

【図書館に行こうと思うけど・・・】CDを探したいみたい。
草むしり VS 図書館  
図書館の圧勝に決まってます(笑)

gomi2.jpg


一軒目、苅田の中央図書館へ。
まず展示コーナーを見て、パンフレットをチェックしてから新刊のコーナーへ。

このチラシもそこでもらいました。

●五味太郎作品展 【絵本の時間】

以前、本のソムリエ:団長さんの講演会で
会場の方からの質問を受け付けていました。

「おすすめの絵本を教えてください。」

「絵本は、フツーの本よりも、ずっと手間がかかっています。
どれもいいので、どれがおすすめとは言えません」
確か、そう答えていたと記憶しています。

つい最近、五味太郎さんの本を手にとったはかりでした。
「どどどどど」 「ぬぬぬぬぬ」

これによると他にも「かかかかか」や「ぽぽぽぽぽ」と
いうタイトルの絵本もあるのですね。


gomi1.jpg

昨日 (7/7) からのスタートで、9/9まで。
北九州市立文学館といえば、小倉北区役所の近く。
勝山公園と、勝山芝生公園の間くらい。
ちょっと遠いけど、行けるといいな。


一旦、家に戻り、二人で昼食。
また30分くらい、草むしりをし、
「行橋のコスメイトにも行ってみる」というので
ひょこひょこと、ついて行きました。


語学関係の本を4冊借りて帰ったので、
この2週間で読まないと・・・。
ブログ、ちょっとサボるかも知れません。


7月7日 (土) くもり

朝7時に起き、ラジオ講座の【英会話タイムトライアル】
5日分の放送を聴き、洗濯機を回し、
新聞のスクラップをし、少し早めの昼食を夫と・・・。

午後から行橋で行われる講演会に出席する為です。
「一緒に行く?」 「いや、行かない」

彼はあまり関心がないようで、
こういうのの誘いには乗ってこないのです(笑)

07071.jpg


みやこ町の井上幸春町長も、ご一緒でした。
今回、ハガキを送ってくださった方と、
開始前、話をしているところをパシャ。


あれ、ちょっと雰囲気が違うのは髪型のせい?
もしかして、散髪に行かれたばかりでしたか?


会場には「まちネット人ネット九州」の北村先生もいらしてて、
講演の後の質問コーナーで、これからのことを訊ねていました。


●高齢化が進んでいく中で、どうやって伝えていくか、
活動を継続していくか?

「みなさんの貴重な経験を、資料として残していただきたい」
との、お答えでしたね。


07072.jpg


講演会終了後、お礼の挨拶をして帰ろうとしていたところ
「京都館に移動して、お茶会をします。いかがですか?」と
声をかけてくださいました。


「こんな機会は滅多にない!!」と、
ちゃっかり合流しましたとも。

ケーキセットもおいしかった~。


行橋京都日中友好協会のみなさま、
今日はどうもありがとうございました。

みなさまのおかげで、とても有意義な1日となりました。

少し前に新聞の広告欄で見かけて気になってたので
申し込みをしていました。

●北九州市国際会議場で行われる【金田一秀穂先生の講演会】

「応募者多数の場合は抽選」となってたので
ハラハラ、ドキドキしながら過ごしていましたが、
先日【入場参加券】が届きました。

ばんざ~い!!


kotoba1.jpg

~ 若者言葉や流行語をめぐって ~


私の母国語は【日本語】です。
外国語を学ぶようになって、日本語のよさをあらためて実感しています。

雨や風や雲にも、いろんな名前がついている。

お月様も新月から望月まであるし、
色の名前は、聞いただけではどんな色なのか
ピンとこない「新橋色」なんてのもある。


kotoba2.jpg


「いつか読みたいな」と切り抜いていた広告。
三浦しをんさんの【舟を編む】
38万部突破とあったのが、今回は50万部突破!!となっています。


「辞書は言葉の海を渡る舟だ」

"言葉への敬意、不完全な人間たちへの
愛おしさを謳いあげる最新長編小説。 "


本を読むのが好きな人のおすすめの本は、
まず「ハズレ」がありません。

日本中の書店員さんが選んで、いちばん売りたい本
【2012年本屋大賞】に選ばれたこの本、
ますます読みたくなりました。


できれば金田一先生の講演会の前までに・・・。


●自分への誕生日プレゼントに奮発しようかな。

外国語の勉強は、なにも問題集や文法ばかりではありません。

自分が興味を持った【音楽】とか【映画】とか【本】とか・・・
やっぱり楽しくないと続かない。

sonbun2.jpg


図書館で借りるのは入門書や旅行のガイドブックが多いけど、
これはちょっと私の中では異色。
ちょっとおっかないタイトルがならんでいます。


お友達が貸してくれた本とビデオ。
7月7日の講演会までに、もう一度頭に入れておいて返したいな・・・と。


【女強人 (じょきょうじん) 】ってどういう意味???

"新中国の成立で女性は男性と同じ権利を有するようになり、
登場した【学問と身分地位の高い女性】のことを指すみたい。

1996年10月となっているから、今ではまたちょっと
状況が違ってきてるかも知れない。

sonbun1.jpg


中国の歴史を語る上で欠かせない【辛亥革命】
名前は聞いたことあるけど、よく知らない。

「ラスト・エンペラー」の栄光にとどめを刺した男・・・孫文
~ 1人の男が、中国 4000年の歴史を変えた ~


小林よしのりさんの新ゴーマニズム宣言も
今回初めて読みました。

言論・思想界に地殻変動を引き起こし(?)
いろいろと波紋を呼んでいるようですが、「興味深い」

ここまで書くには取材だけでも大変だろうし、
それなりの覚悟があってのことだと思う。


いずれにしても、自分だったら見逃していた分野の
本やビデオを教えてくれたtaijiさんに感謝です!!

【77記念講演会のご案内】が数日前、郵便受けに入っていました。

「まちネット人ネット九州」の北村会長と
いっしょに参加した親睦会の様子はレポート済みですね。

その時に知り合った
【行橋京都日中友好協会】からの、嬉しいハガキです。


春にも「潮干狩り」の案内をいただいていたけれど、
都合が悪くて参加できませんでした。

77kinen.jpg


先ほど 「参加します!!」 との連絡を入れ、
「ブログで他の方にもお知らせしても構いませんか」とたずねたところ
「差し支えありませんヨ」とのことでしたので、お言葉に甘えて・・・。


今週の土曜日の午後。ちょうど七夕の日ですね。
あっ、それでタイトルが "77" なんだ。
気付くのが遅すぎる・・・・って(笑)

場所は「まちネット人ネット九州」の【まちづくり塾】の会場でもあった
【行橋コミュニティーセンター】 JRの高架の下、デオデオのまん前です。

参加費:なんと無料。
みなさま、どうぞお気軽に。

滅多にないチャンスだと思います!!


●今年は【日中国交正常化40周年】という節目の年です。

「知らない」 から 「よくわからない」

専門家の先生のお話で、
お隣の国 「中国」 のこと、一緒に学ぼうではありませんか。

苅田まちづくりカレッジの会場は、
基本的には「中央公民館」なのですが、
この日(6/23)は夕方から【くるみ割り人形】の公演が
予定されていたため「三原文化会館」で行われました。


mihara2.jpg


公共施設に行くと、ぐるっと見回します。
ポスターや掲示板、パンフレット・・・。

会場の壁に貼られていたポスターをパシャ。
篠笛の【狩野泰一さん】のコンサートが戸畑で行われます。

●【篠笛】と【和太鼓】と【ピアノ】


私がリーガロイヤルホテルで聴いた時は
【篠笛】と【古筝】と【ピアノ】だったけど、
また違った感じで観客を魅了しそうですね。

mihara1.jpg


カレッジのスタッフの方から「卒業式の時の写真」を、いただきました。

"郵送するよりも、お会いした時に渡そうと思って・・・"

いっせいに送ってしまえば楽なのに、さりげない気配りが嬉しいです。
3ケ月遅れとなりましたが、改めてあの日のことを思い出しました。

吉広町長と副町長、教育委員会の石村教育長。
北村学長にY学級長に、卒業制作にむけて一緒に頑張ったみなさん。


毎回きっちり参加してたので、ひとりだけ【皆勤賞】でした。
それだけ「ひま人」だった証拠かしらん???

●さあ、おまちかね。

名誉学長の【林望先生】の講演会は9月29日 (土) の予定。
ポスターも出来たって言ってたから、そろそろあちこちで
目にすることもあるかもしれませんね。

広報かんだで告知を見かけたら、詳しくご案内できると思います。
お楽しみに!!

"一流の打者でさえ十回に七回は失敗する。
でも、「失敗が怖い」と打席から逃げる選手がいる?
人生で唯一の失敗は「失敗すらできないこと」。
大丈夫。
人生は負けないようにできている。"


苅田まちづくりカレッジで6月23日の先生だった、
岡本広治 (おかもとこうじ) さんから教えてもらった言葉です。

video1.jpg


【北九州市民ひまわり駅伝】

授業の始まりは、このDVDを見ました。
今年の5月に行われた小倉城周辺での駅伝大会。
今年で12回をむかえたそうで・・・。

"広報なし、口コミだけで約3,000人が参加しました。

9時から16時まで。
1人で走ってもいいし、歩いてもいいし、
何人かでリレーしてもいい。

参加費:各チーム 10,000円
各チームからボランティアを募ることで
「みんなが実行委員」となります。"


障がいのある人と、健常者が同じコースを走ります。

大人と子どもも、同じコースを走ります。

ドラえもんや、キャラクターの着ぐるみで身を固めた人も
動くだけでも暑苦しいだろうに、
一緒に走ってイベントを盛り上げます。

video2.jpg


ご当地ヒーロー【環境戦士アースマン】

いろいろなイベントの会場で大活躍。

こどもたちも、こういうところから環境問題に関心を持ってくれるはず。
今回の北九州の決断を、市民の方たちはどのようにとらえているんだろう?


北九州市と苅田町は「となり同士」なのに、
ここでも無関心気味の私「自分のとこじゃないから・・・」

"毎回、毎年、日々、同じことの繰り返しは、
楽だけど、楽しくなくなり、衰退へと向かっている。
少しの変化で満足する。"

●岡本さんから【名言】をたくさん教わって帰りました。


このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04