「日本語擬態語辞典」

北九州市小倉北区まで行く予定があったので、
早めに家を出て、前から行きたかったところに行ってきました。

五味太郎作品展 GOMI TARO EXHIBITION

【絵本の時間】 THE DAYS OF PICTURE BOOK


gitaigo2.jpg


場所は小倉城そばの、北九州市立文学館。
ちょうど「わっしょい百万夏まつり」に当たりました(笑)
今夜の花火大会に向けて、屋台のみなさん、準備が忙しそうでしたヨ。


観覧料:一般500円、中高生200円、小学生100円
一階の企画展だけでなく、二階の常設展示もしっかり見ました。


会場には絵本の原画が約120点。

真ん中には靴を脱いで上がれるようにマットが敷かれていて、
五味太郎さんの本を自由に手にとって読むことができます。

展示を一通り、ぐるっと見て、おもしろそうな本をパラパラとめくり、
もう一度、最初から一点ずつじっくりと見てから出口へ。


二階も見ごたえがありました。
松本清張記念館は、清張さんの作品だけですが、
ここには北九州にゆかりのある方たちの資料がびっしり。
何人か気になる方もいらして、ホントは引き出しの中の資料まで
読みたかったのですが、またの機会に・・・ということで。

gitaigo1.jpg


一階に降り、入り口近くのミュージアムグッズと、
五味太郎さんの本やポストカードを販売しているブースに立ち寄り、
今日の記念にと、自分用に本を一冊買い求めました。


【日本語擬態語辞典】


「あつあつ」 「あっぷあっぷ」から ・・・「わざわざ」 「わんわん」までの
単語を、英語と日本語でしかもユニークなイラスト入り。
楽しみながら勉強できそうだな~と、一目ぼれです。

「appu appu 」

Describes someone floundering in water and almost drowning.
Also used to describe someone in trouble of difficulty.
In deep water.

おぼれかけて、もがいているさま。
とても困って苦しんでいる様子にも用いる。


ねっ、面白そうでしょ???

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/1917

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年8月 5日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏祭り、盛り上がりました!!」です。

次のブログ記事は「「祈り」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04