森鴎外:生誕150周年。

"時空(とき)を超えて、文豪と出会う。"


先日いただいた資料には、
【森鴎外と安国寺】という章もあり、菊池先生のお話も・・・。

ougai1.jpg

【森鴎外】 本名:森林太郎

明治32(1899)年6月、陸軍第12師団軍医部長に補任され、
明治35(1902)年3月までの約2年10ケ月を小倉で過ごした。

小倉時代の鴎外は、軍務と文筆活動のほか九州の歴史地誌にも
強い関心を示しており、調査記録した文章を地元紙に寄稿している。

                      ~ 以下、省略 ~


●今年は、その、鴎外さんの「生誕150年」

節目の年に、小倉に着任した日~離任した日にピッタリ合わせて
記念事業がいろいろと計画されているんですね。

ougai2.jpg


鍛治町にある、森鴎外旧居には、
「北九州市の文化財を守る会」の事務局もあります。


小倉三部作ってご存知?
情けないことに、私は知りませんでした(笑)

「鶏」・「独身」・「二人の友」
この機会に覚えましょう!!


「舞姫」はタイトルだけは知ってる。
吉田拓郎さんが歌ってた、
同名の曲はしっかり歌詞まで覚えてるのだけど・・・。


学生時代、ラジオから聴こえてきたのにひかれて
一生懸命、歌詞を書き留めました。


♪ 舞姫 君は手足が  舞姫 そう折れるまで
  踊りつづけるつもりだね~ ♪ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2054

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年9月16日 19:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松本清張記念館:企画展」です。

次のブログ記事は「紫川10橋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04