「みんな、絵本から」

I love reading books with you, Mammy.

【みんな、絵本から】

柳田邦男:著   石井麻木:写真

1052.jpg

去年の秋、サングレートみやこで行われた
柳田邦男さんの講演会に行きました。

その時に、紹介されていた写真やエピソードがいっぱい詰まった本。
リンボウ先生の講演会のあと「ボストン夫人の本」を探しに行ったはずなのに、
この本を借りて帰りました(笑)

児童文学や、子どもの本に目が向いていたからかな?


~ あとがきより一部引用 ~

「ノーテレビ・デー」の実践。
ノーゲーム、ノーケータイ、ノーネットまでとなると、かなり難しい・・・。
文明の利器に頼りすぎている私たち。

大人が変わらなければ、子どもは変わらない。
大人が変われば、子どもも変わる。


あの日、一番印象に残っているのは、
小児科医での待合室での様子でした。

お母さんたちが授乳しながら赤ちゃんを見ることなく、
携帯電話に熱中していたのだそうです。

「お母さん、わたしを見て!」


1051.jpg


もう一冊、気になった本がありました。

【一生一途に】 竹浪正造 (たけなみまさぞう)
"94歳 正造じいちゃんの戦争体験記と57年間のまんが絵日記"

第一章:終戦。朝鮮半島からの逃避行。

当時の朝鮮半島の地図も載っています。
満州国・ソビエト連邦・蒙古連合自治政府(内蒙古)

昭和20年8月15日。
妊娠8ケ月の奥さん。

汽車で釜山まで行くのも大変だったし、
下関の仙崎港に到着して最寄の駅まで行くのも、
そこから乗り継いで、青森県まで帰るのも大変だったのですね。


戦争のこと、韓国のこと、いろいろ知りたいと思っていた私に、
ピッタリの本で、泣いて、笑って、その後、考えさせられました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2118

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年10月 5日 20:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お酒が好きな「高瀬先生」」です。

次のブログ記事は「苅田山笠:神幸祭」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04