「国際交流ってなんだろう?」

アサジさんがレポートしてくださったのは、こちらですね。

kokusai.jpg

先週の水曜日、仕事のあとで、苅田町中央公民館で行われた
「苅カレOB会」の定例会に出席したあと、ロビーで見かけて、
気になったのでチラシをもらって帰っていました。

昨日は、あいにくと出勤日で行けなかったのですが、
こんなに早く、当日の様子がわかるなんて・・・。
四季犀館ブログって、やっぱりスゴイです!!
アサジさん、ありがとうございます。


【国際交流ってなんだろう?】 ~私たちにできることから始めよう~

プログラムは全4回。

◆趣旨・目的

「考え・学び・育み・楽しみ」ながら国際交流を理解する。

地域の中でできることを実践し、多文化共生や
異文化理解につながることを目指します。


「苅田つながる国際交流の会」のことは時々、町の広報誌でみかけます。
「みやこ町国際交流協会」の方たちとは、
イベントでご一緒したりしてるのですっかり仲良しです。

「豊津寺子屋の長野会長」も、いらっしゃいますし、
そもそも、国際交流協会のことを教えてくれたのは
ブログ仲間の「トラさん」なのですから・・・(笑)


先日のコンサートで、宮村みつおさんは「アリラン」を歌って
韓国とのこと、沖縄の飛行場のことなど、話してくださいました。


宮村さんの韓国語歴は、私など足元にも及ばないくらいで、
いただいた名刺にもハングル表記があります。

●「アジアは、ひとつ」だと、私も思います。


今は中国とも韓国とも、しっくりといってない状態ですが、
国はどうあれ、友人とのお付き合いは、今までどおりのはずで・・・。

お互いの国への観光客が減っているという話は、悲しいですね。

マスコミの報道にまどわされないように、しっかりと、
真実を知らなければいけない、それが今です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2150

コメント(2)

今晩はeveryday coolです。
《マスコミの報道にまどわされないように、しっかりと、 真実を知らなければいけない、それが今です。》が1番難しいことです。TVの報道、全国紙の報道、一般週刊誌はあてにならない(興味本位でかいている)でも、真実を知ることが大切です。中国のチベット自治区では1年半で30名以上の若者が中国政府に抗議して焼身自殺をしている事実、チベットの僧侶が、山越えして他国へ越境している時、中国政府はまるでウサギ狩りしていかのように銃殺しています。これはヨーロッパの記者が目撃し、報道していますが日本の一般報道はなされていません。

 私は、アルジャジーラのNEWS、他国の報道TVNEWS、ジャーナリストが書いた機関紙を
読んでいますが、それでも真実の追及は難しいですね。今、シリアでは虐殺が起こっていると思いすが、この事実はかなりの年月がたたないと、報道されないでしょうね。ポルポト政権がなん百万人もの自国民を虐殺したの事実は、今頃になって明らかになりつつあります。
第二次大戦中にカチンの森大虐殺もしかりです。
思いつくままに書きました。参考にならないと思いますが。


コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年10月14日 20:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「後藤さん」と「井上さん」」です。

次のブログ記事は「ゆめニティーコンサート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04