「ライブの魔力」

最初、タイトルを「ライブの魅力」にしようと思いましたが、
【魔力】の方がピッタリだなと。


魅力・・・人の心をひきつける一種のふしぎな力。

魔力・・・①ふしぎなことをおこす力。 魔法の力。
      ②人の心をまよわすふしぎな力。

   ~ 旺文社 標準 国語辞典 ~

staf1.jpg


結婚するまで「犀川」に住んでいた私が、初めて行ったコンサートは、
働き出して最初の年、福岡サンパレスでの長渕剛の【HUNGRY】


田川線は2時間に1本ペースで、しゅうれつ(最終)の時間も早くて・・・
こういうのに出かけるとなると、やっぱり車でないと不便。

行橋や小倉だったら、まだしも、
博多となると 「行って帰るまで」 が、また大変。

一人で行ったコンサートは、興奮の連続で。

【明日に向かって】という曲があるのですが、
終わるようなそぶりをしながら、ガツンとやってくれるし。

レコードで聞いていたアルバムの楽曲とは、違ったアレンジ。


夫はイーグルスの【ホテルカリフォルニア】が好きでよく聴くのですが、
やっぱりライブバージョンの方が楽しい。
イントロが始まると歓声が上がるし、エンディングもピタッとカッコイイ。


ライブの魅力って、そこだと思う。
その時集まった人たちと空間。
それを感じ取って演奏するミュージシャン。


始まる前の、どこか張り詰めた冷ややかな会場に、
人が少しずつ入っていき、おもいおもいに開演時間を待ち、
ドキドキしながらのオープニング。

休憩時間は、あったりなかったり。
曲だけでなく、合間のおしゃべりも楽しくて盛り上がり、
そろそろラスト・・・アンコールはあるのかな?


終演後の、ほんわかとした会場と、名残惜しいセット。


数年後、文通で仲良くなった山口県のお友達と一緒に行くようになりました。

「ひまわりを持ったキュートなイラスト」は、彼女のオリジナル。
切り取って谷おりするとちょこんと立つんです(笑)

こうしてよく、お茶目なハガキをくれてたんですヨ。

「山口県」と「佐賀県」は、人数が少なかったので
「福岡県」のメンバーと一緒に集まって、活動してました。


残念ながら結成から5年後の2001年、
解散という形で幕を閉じましたが、
立ち上げから解散まで面倒を見てくれた
当時のデスクマネージャーのFさんには、
大変お世話になりました。


●福岡での初顔合わせの日、わざわざ来てくださったんですヨ~。


博多駅での待ち合わせ、10人ちょっといたかな。
喫茶店に場所を移して、自己紹介したり、剛談義をしたり・・・。


伝説のライブハウス【照和】の前で写真も撮ってもらいました。
ミーハー丸出しでしょ(笑)

10月20日は、みやこ町でもコンサートがあります。
遠くに行かなくても、地元でスバラシイ音楽を聴くことができる
この機会を逃してはもったいない!!

私も午後から犀川に行きます。
フードコート近辺に出没予定。


始まる前のドキドキと、終わってからのシアワセを共に味わいましょう!!
会場でお待ちしています。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2167

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年10月19日 20:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「沖縄からわかる世界」」です。

次のブログ記事は「フードコートのお手伝い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04