2012年11月アーカイブ

苅田音樂會が土曜日で、次の日の日曜日は八幡で行われた
「ハングル弁論大会」の様子を取材させてもらってはいるのですが・・・。

そちらをスタートさせると、しばらく続きそうなので、
こちらを先に紹介させてくださいね、金先生。

konwakai1.jpg

●北九州文化懇話会 代表世話人:馬渡博親さん

この方とのご縁は、夏に門司港ホテルで行われた
【北九州ワイズメンズクラブの納涼会】でした。

あの時、一緒に紹介していただいた菊池さんとは、
Facebookですっかり仲良くなりました(笑)


10月例会のご案内のハガキの内容もステキだったのですが、
あいにくと都合が悪く参加できなくて・・・。

今日の11月例会は NPOまちネット人ネット九州の
北村速雄会長だったこともあり、初参加です。

知らない人ばかりだろうな~、ドキドキ・ワクワク。


JR日豊本線の上りで、小倉駅へ。
初めての場所なので、少し早めに向かいました。


会場の【毎日新聞西部本社】は、すぐわかったのです。
エレベーターで4階へ、廊下をグルングルン回って
やっとあった401・402号室。

途中ガラス越しに、階下の様子をみることができ、
ちょっと面白かったです、職場見学のようで。

konwakai2.jpg


受付をすませ、馬渡さんと北村会長と話をしながら開始時刻を待ちます。

安東先生や九十九先生、山内先生。
北九州ワイズメンズクラブの田中会長。

知ってる人がいて、心強かったです。


講演の内容は、次回以降ですね。


明日は【みやこNETの大望年会】の日。
最近、勉強会に参加してないので、ちょっぴり肩身が狭いけど、
場所が場所だけに、行かないわけにはいかないでしょう。

「お好み焼き おがた」ですものねえ。

あすの仕事にひびきそうなので、今夜はそろそろ眠るとします。

この場合の「シカイ」は、両方にかけています。

【司会】のMC BUTCHさんと、【視界】今回の私の席。


開場時間は17:30となっていたので、
「直前・直後は入口も受付もごった返してるだろうな~」と
17:45頃行き、受付で当日券を買い求めました。


sikai1.jpg

座席表を見てもピンとこなくて・・・(笑)
「真ん中の列の方がいいよね、やっぱり」とブツブツ言いながら
選んだ席は3段目の、音響さんのすぐ後ろ。
私にはウハウハの、特等席でした。

人の頭も邪魔にならないし、1段目・2段目のお客さんの様子も
バッチリ見えるし、サックスのオレ・マティセンさんの真正面です。
(ちょっと遠かったけど・・・)


司会進行役は B U T C H のブッチさん。
FMラジオをよく聴いていたのでバッチリです。

"カミサマハ ミテイマス。・・・・・"
ホントは続きがあるのですが、ここではやめておきましょう。 

同じくDJのトギーさんとお互いによく間違えられるそうで。
似てるかなあ??? 雰囲気が???


sikai2.jpg


出演者の交代ではセッティングで時間がかかるのですが、
そこはブッチさんの出番で、軽快なおしゃべりで、
お客さんを飽きさせないようにつないでいきます。


メンバー紹介を「ルパン三世」の声でしてくれたり、
「赤ちゃんの声」や「男の人の声」で
クリスマスソングを歌ってくれたり・・・。


開場と開演が各30分ずつ遅れたのは、
あとから聞いた話では出演者の乗った車が
事故渋滞に巻き込まれて、リハーサルが遅れたのだそうで。


だからかな? 
ドラムの音響、本番中に何度か調整している姿が目につきました。


開場前にロビーのソファーでたまたま一緒になった男性は、
北九州市からいらしたそうで、マリーンさんのステージを
とても楽しみにしていました。


一部も二部も大満足のステージで、
この内容で、このお値段、絶~対お得。

しかも、小倉や博多まで行かなくてもいいんです。


次回もまたご案内しますので、お見逃しなく!!

マンドリン アンサンブル 【キャッキエラ】

イタリア語で【おしゃべり】の意味だそうですヨ。

マンドリンの大っきいのや、小っちゃいのが集まって、
おしゃべりしながら歌ってる感じ???

kiera1.jpg

"あふれる想いをマンドリンの響きにのせて、楽しくおしゃべりしています。
アンサンブルやオーケストラなどいろいろなスタイルを持ち、幅広く活動。

12月23日には、苅田町小波瀬コミュニティセンターで
コンサートを予定しています。
村瀬裕子主宰  "    ~パンフレットより~


実は、苅田まちづくりカレッジ5期生の時に一度授業がありました。
「大人の余暇学」だったと思うのですが、
先輩の4期生の方との合同で、中央公民館の一室でのミニコンサート。


先輩の「Sさんのご主人」がタクトを振った「エーデスワイス」は、
おおらかで、かなりゆったりとしてたので、
今でもしっかり覚えています(笑)


あの時は10人ちょっとだったかな。
今回の「ゆめニティコンサート」の名簿を見たら24名だったので、
フルメンバーですか?と村瀬さんにたずねたら、
50人近くいらっしゃるそうで、
この日は都合がつかなかった方も結構いたみたい。

kiera2.jpg

●「でも12月23日は、ほぼフルメンバーで行います!!」

参加費は嬉しいことに ワンコイン 500円。
当日券(受付)で、入場できます。

「今回はクリスマスソングメドレーでしたけど、
12月23日はいろいろな曲をやりますヨ」


私も行こうと思ってます。

年末前の慌ただしさからのプチ逃避???

日曜日だし、クリスマス前だし、
ご家族連れや、アツアツカップルで、
ほんわかとしたコンサートになりそうですネ。

It will be connected all together in Kanda.

【みんなでつながる ゆめニティーコンサート】

苅田音樂會 ~ Kanda Music Arts 2012 ~


白状すると前売り券を買ってなくて、今日のお昼頃、
「当日券があれば、会場に入ろう!!」と思ったのです。

「今日は飲み会で遅くなるから。」
夫の、その一言が決め手でした(笑)

butch1.jpg

今までに2回、記事を書いていましたね。
「楽器をもって大集合楽団」の募集と、出演メンバーの紹介と・・・。


"「音楽とは人が人に伝えるもの。
一緒に音楽を楽しむことで距離感が縮まるし、
そのことで、人にやさしくなれたり、
家族を大切にできるようになれたりすると思います」

3年前、吉田次郎は故郷でコンサートを始める思いを語った。"


butch2.jpg

"その思いへの共感が少しずつ広がり、今回の、町民参加コンサート
「苅田音樂會」へとつながった。

従来の合唱団、中学校吹奏楽部に加えて、マンドリンのクラブが新たに参加。

さらに初の試みで、広報かんだを通じて
管楽器・打楽器奏者を公募したところ、
65歳から14歳まで18名の応募があった。

個々に音楽への思いを秘めていた人たちが、
世代を超えてつながってきた。

町民による、音楽を活かした、潤いのあるまちづくりへの
扉が開かれたようだ。"

●プログラムの表紙に書かれていた挨拶文が、あまりにも
ステキだったので、そのままそっくり、いただきました。


ブログを休んでまで、集中レッスンしていた
韓国語(ハングル)のタイピング。

なんとか一冊分、終わりそうです。


このテキストは昨年の今頃、受講してた
【みやこ町初級韓国語講座】で使っていました。


週に一回 90分の授業、半年間、たしか皆勤賞だったはず。
でもこれっぽっちの時間で、消化することはまず不可能です。

あとは、自分がどれだけやるか???


usagi2.jpg


この時の先生は、西日本工業大学の留学生の女性でした。
今でも、facebookでつながっています。

テキストの順番に進むんじゃなくて、会話を重視、
実際に韓国に行った時に役に立ちそうなフレーズから教わりました。


質問すると、そこから脱線することも多々あり、
韓国の学校や塾の話だったり、日本との習慣の違いだったり、
そうそう、トッポッキを日本のお餅で作ったら
ドロドロになってしまったとも言ってましたっけ。

usagi1.jpg


付属のCDは、車の中でみっちり聞いてました。
毎日毎日、これでもか、これでもかと。
今でもしつこく聞いてます。


基本母音の発音から始まって、49分7秒。
自宅から会社までは、往復約1時間。

一回通して聞いて、また最初に戻ります。
エンジンを切るときは、たいていフレーズの途中で・・・(笑)


普通だったら、きりのいいとこまで聞くんだろうけど、
朝は特にバタバタしてるので、駐車場に着いたら、即カット!!

日曜日に、金先生のところの【ハングル弁論大会】に行くと決めていたので、
それまでに、このテキストをなんとか終わらせておきたくて・・・。

ギリギリで、間に合いました。

私は決してJAの回し者ではありませんが・・・。

今日の仕事の帰り、買い物の為に寄った「ふれあい市場」で
チラシが目についたので、いちどはやり過ごしたのですが、
やっぱり気になって1枚もらって帰りました。

JA農産物直売所 【第3回 秋の収穫 感謝祭】

ja451.jpg

福岡県内には45箇所のJA農産物直売所があるのですね。

アンケートに答えて
福岡のお米「金のめし丸」元気つくし5kgをGETしなきゃ(笑)


初めて行くお店じゃなくて、いつも利用してるとこだから書きやすいし。

ja452.jpg

100名様か~、競争率高そう!!

ここのところ、自分のブログは休んでましたが、みなさんの記事は読んでいました。
(と言っても、井上町長と猪かあちゃんの記事だけですが・・・)

「続けることが大切なんです。」とfukiage先生から教わりました。
ブログのいいとこって「蓄積」なのだと。
これは日記でもそうですね。

ツイッターやFacebookは最新の情報は手に入るけど、
あっという間に流れていってしまう。

みんながもっともっと記事を書いてくれると、いいのになあ。
このままではきっと読者が離れていってしまいますヨ~。

と、ちょっと離れたとこからの視線で
「四季犀館ブログ」をみての感想です。

平成24年11月18日(日)晴れ

「雲隠れ宣言」をした手前、バツが悪いのですが、
朝から嬉しいことがあったので、ご報告にやってきました。


みやこ町では産業祭の日曜日、今日は朝からお天気でよかったですね。

●この日は決まって、私の住む町では「町内一斉の環境美化の日」
朝8時から町民総出で家の周りや道路などの草むしりや掃除をします。

ちなみに「春の環境美化の日」は、毎年「母の日」と重なります。

akinobika1.jpg


9時からは「花いっぱい運動」として、
西日本工業大学の駐輪場の横、給水塔のところに
みんなでお花を植えると回覧板が回ってきてたので、
行ってみたらまだちょっと早くて・・・。


●大学の駐車場付近で、アレっと思った、
今までの環境美化の日には見られなかった光景。


学生さんと、先生と、ご近所の方たちが一緒に歩道の清掃をしていました。
それだけでも嬉しかったのに、先生のひとりに見覚えが・・・。

今年のはじめ、京都ホテルでの「日中友好協会」の新年会に
留学生のみなさんと一緒にきていた
学務部:学生課の井上先生でした。
あの時、名刺を頂いていたので、今、引っ張り出して確認しました(笑)


実は、先週の土曜日、キャンパス内にちらっとおじゃました時に、
バッタリ会い、北村会長と一緒に挨拶をしたばかりでした。

これは「是非ともブログで紹介したい」と思ったので、
自宅にカメラを取りに帰り、撮影と掲載の許可を頂いたので、
やっぱり「その日のうちに載せないと失礼」ですものね。


akinobika2.jpg


このあたりも高齢化が進み、なかなか手が回らなかったところに、
嬉しい助っ人の登場です。

防犯パトロールの時も、「西工大ニコニコ隊」のみなさんが、
一緒に見回りしてくれたりもするんですよ。

【dictionary】
名詞:辞書、辞典 ⇒ encyclopedia.

an English-Japanese dictionary 英和辞典

a dictionary of place names 地名辞典

use a dictionary 辞書を使う

consult a dictionary 辞書を引く

Look up this word in the dictionary.
この語を辞書を引いて調べなさい。


waei1.jpg


二年前の春、苅田まちづくりカレッジ入学に合わせて、やり直し英語もスタートしました。
学生時代に使っていた辞書は、行方不明で・・・。

「姉のところの子どものお古」で、しばらく様子をみよう。
「新品同様の一冊」が、手に入りました(笑)


まだ合併して「みやこ町」になる前の、
「犀川町立犀川小学校」の卒業記念の文字もクッキリ。

イラストや例文が、ものすごくわかりやすくて重宝しています。
語学仲間から【英英辞典】を勧められたこともありますが、
私にはレベルが高すぎると思い、いまだにこれを愛用しています。


といっても、最近ずっと使ってなくて。
きのう almost という単語を使った文で
【ゴガクルのおぼえた日記】を書いたら、
お友達から質問が入ってたので、調べるために引っ張り出しました。

waei2.jpg


電子辞書は持っていません。


紙の辞書を開くと、目的の単語以外も気になって、
ドツボにはまってしまうのは毎度のことで・・・。

「だんだん~になってきた」
「It's getting  + 形容詞」


It's getting interesting.
だんだんおもしろくなってきましたね。

It's getting difficult.
だんだん難しくなってきましたね。

ブログと同時進行していた、語学の勉強ですが、
だんだんおもしろく、かつ、難しくなってきました。


しばらく、勉強の方に身をいれたいと思っています。
ブログは、イベントに参加した時のレポートくらいになるかもしれません。

そもそも欲張りすぎました。
仕事に家事に日記にブログにfacebook.
ここらで、再度、優先順位の見直しです。

这 是 我 的 名片。
ジョーシー ウオ ダ ミンピエン。
これは私の名刺です。

カタカナはあくまでも発音の目安です。
日本語に置き換えられない音の多いこと。


中国語は漢字1文字が1音節。
発音はローマ字で表記し、声調記号(1~4パターンの高低アクセント)が
ついて、あの独特なリズムとなります。


tetyou1.jpg


手表・・・ショウビアオ・・・腕時計

手机・・・ショウジー・・・携帯電話

眼镜・・・イェンジン・・・メガネ

电脑・・・ディエンナオ・・・コンピューター


「名刺」の部分を入れ替えるだけで、5つの例文ができますヨ。


私の名刺入れは某缶コーヒーの懸賞の勝利品。
純金名刺も2枚作ることができたので、夫のを作ってもらいました。

ちょうど1年前、「まちネット人ネット九州」の名刺を持つようになってから
この名刺入れを強引に取り上げました。
せっせとシールを集めて、懸賞に応募したのは私ですから・・・(笑)


手帳もかわいいでしょ?
ゆめタウンの文房具屋さんのワゴンセールで、
ものすごく安く手に入れました。

最近、ずいぶん先の予定まで埋まるようになって、
頭の中では管理できなくなったので、手帳が必需品。
開くたびに水森亜土さんのキュートなイラストに、にんまりしてます。


tetyou2.jpg


「まちづくり通信:第三号」が出来上がり、先週末発送準備を行いました。
会員の方のお手元には、そろそろ届くころだと思います。


新入会員の紹介の欄で、韓国語の金先生のお名前を見つけました。
嬉しいですね。
今月の終わりには、ハングルの弁論大会の会場におじゃまする予定です。
金先生は、ずっと、この大会の実行委員長をなさっています。


【事務局からのお知らせ】

●会員随時募集中!!

会員特典・・・北村会長や理事のみなさんと遊びながら、いろいろなことを学べます。
私を見てたらわかるでしょ(笑)

この1年、いろいろなイベントに参加して、その都度、ここでレポートしてきました。

苅田町で開催された全国女性町長サミット・
日中友好協会の講演会・北九州ワイズメンズクラブの例会・
京築各地での【まちづくり塾】

年会費:個人4、000円 ・団体 10、000円(入会金なし)
決して損はさせません!! おつりが帰ってくる程の内容です。

平成24年11月14日(水)午後6時より
苅田町中央公民館での【苅カレOB役員会】に出席しました。

おっと、でも大幅に遅刻しました。
定時で仕事を終わらせて向かっても、まず間に合わない・・・。

obkai72.jpg

前月に続いて2回目です。
5期生、連絡網すらできていない状況が続いています。

卒業式のあと、総会でお会いしたきりとなっている同級生のみなさん。
新年会を1月に行うそうですヨ~。


公民館の館長さんと、OB会の会長の三角さん。
1期生の堀さん、司会進行の西村先生。
あと、お名前を知らない女性の先輩が2人いらっしゃいました。


【苅田まちづくりカレッジ】の今年は、ちょっと例外。
毎年、新入生を募集していたのを見送り、
内容の見直しを行っている最中です。

そこにOB会が関与できないか?
前回の会議で、そんな話をしたばかりでした。

obkai71.jpg


●平成25年度は、土曜日ではなく平日の夜に移行することも
決定したようで、カリキュラムの検討も次回のテーマです。

リンボウ名誉学長の講演や、まちづくりコンテストは絶対外せない。
もっともっと魅力的な【苅田まちづくりカレッジ】になるように、
OB会のメンバー、今までの経験と知識をフル稼働させて、
平成25年度の計画を練り上げていきます。

決定次第、広報での告知(募集)となります。
多分、来年の2月くらいかな?


もちろん、ここでも、報告する予定です。
どうぞお楽しみに!!

学習の狙い【学んだことの集大成を町民に公表】

●問題発見力(気づく力・問題意識・関心の有無)
 個人の経験・学習力・総合力が生きる

●問題解決力(アイディア・まとめる能力)

●コミュニケーション力(発表・表現技術)
 わかりやすさ・発声


私は、この3番目が昔から大の苦手で・・・(笑)

matome1.jpg


1.事前に知っておくこと(基本的なこと)
提出期日・提出形式・発表形式・取り組みスタイル・過去の評価テーマ


2.取り組みの原則

①期限内に完成すること。

②みんなで力を合わせること。

③公表できること。

④法律・財源・実現期限の取り扱い
(議論の余地有り・合理的な理由無視)


3.取り組みの手順

①テーマの選定

②作業仮説の設定

③調査・分析

④結果の考察

⑤まとめ

⑥発表


これらの内容をひとつひとつ詳しく説明しながらの授業は
途中で上着を脱ぎ、予定時間を10分もオーバーするほどでした。


matome2.jpg

この日の「お礼の言葉」を述べた6期生の方と、
すっかり意気投合した学長。

私が先週、2ヶ所も「議会報告会」に行ったのは、
この下調べの意味もありました。

「苅田町民は、どんなことに不満を持っているのだろう。」
「6期生の方たちは、どんなテーマを選ぶのだろう。」


次回みなさんに会うのは「卒業コンテスト」の日です。
もちろん私も会場に行きます!!

平成24年11月10日(土)

いつもは苅田町中央公民館ですが、
今日は三原文化会館での苅田まちづくりカレッジ。
6期生の方たちに混ざって受講してきました。

北村学長の授業を受けられる、滅多にない機会ですから。

nerai.jpg

私たち5期生は、入学式と卒業式くらいしか会えなくて、
「もっともっとみんなに教えてあげたいんや」と、いうのが学長の口癖でした。

6期生の方たちは、春と秋に1回ずつ授業が組まれてて、本当にうらやましい!!

去年のちょうど今頃、私たちは西村先生から同じ内容の授業を受けました。
「まちづくりコンテスト」にむけて。

●1年半学んできて、卒業するためには避けて通れない「儀式」
グループ分けは、どうやら次回になりそうです。


mihara.jpg

30分位早めに会場に着いたら、花壇にお花を植えている方たちがいました。
学長、「写真を撮りたいから・・・」と気さくに近づき、声をかけ、
おしゃべりしながら、問題点をしっかりと聞き出します(笑)


5期生の、卒業制作で同じグループだったikedaさんも作業中で、
あいかわらずお忙しそうで、でも、お元気そうでなによりでした。

【麦の穂さん】と【スローラボさん】

門司(もんじ)さんと、吹上さん。
共に、この四季犀館ブログのメンバーでもあり、
まちづくりの仲間です。

お二人は同性の私から見ても、とても魅力的で・・・。
お料理上手でセンスが良くて、ほんわかしてて・・・。

lip.jpg

11月3日に参加した【みやこスタイル】の会場となった
【麦の穂さん】で見かけたお二人の商品のディスプレイが
どちらも素敵だったので、カメラにおさめて帰りました。

スローラボさんの商品は、入口付近のテーブルの上。
吹上さんが一点一点ていねいに作ったミツロウリップクリームや、
アロママッサージオイル、バスソルト、ハーブ塩。


この日はテスター(試用見本)も、ちゃ~んと準備されてました。
若いのに気配りがすごいのです、彼女。


bread.jpg


麦の穂ママのパンは、奥のピアノの上。
カゴの下に敷かれたクロスも、なんだかいいカンジ。
終了後、私もしっかり次の日の朝食用にと買い求めました。


家電量販店に勤務していた頃、短い期間でしたが、
レジ回りのコーナー(理美容品)を担当していました。


一番お客さまの目に付くところで、
バレンタインや、母の日、父の日、敬老の日、クリスマス。
それぞれの好適品を、一角にまとめてディスプレイするのは、
楽しくもあり、難しくもありました。


お二人のように、センスがない私にとっては・・・ね(笑)

中断してしまった「みやこスタイル」の話に戻りましょうか。

日にちが経ってるので、かなりアヤシクなってきつつあります(笑)

1191.jpg


北海道は雪のことを考えないといけないし、
沖縄は台風の通り道なので、風のことを考えないといけない。

風を面で受けない ⇒ 球体がベストなのでそうで・・・。

【メンテナンス】が大変だともおっしゃってました。

予算・もし、なにかあったら誰が責任をとるのか?
ツリーハウスを創るのも、いろいろ大変みたいです。


九州の南、たしか鹿児島でのエピソードだったと思うのですが、
地域の人たちから見たら「よそ者がやってきて、なにかしてる。」
と捉えられてたのが、地区の運動会に参加してから、
グッと親密になれたそうです。

なんでも運動会の時間に、作業を中断して、
みんなで作業着のままヘルメット姿で参加したところ、
年配者ばかりだったので、たいそう喜ばれたとか。

これって「人の気持ち」ですよね。


1192.jpg


この二人、だれと、だ~れだ?
ツリーハウスクリエーターの小林さんと、行橋の定石さん。
開始前に挨拶をしていたので、びっくりしました。
以前、ご一緒したことがあったそうです。


ツリーハウスって【秘密基地】みたいで
大人も子供も、きっとワクワク。

みやこ町にあるといいのにな。
「鐙畑」とか「伊良原」とか「帆柱」とかに・・・。


公共施設に行った時のお約束 ⇒ 
ポスターや掲示板やチラシのチェック(笑)


昨夜も1時間近く遅刻して「議会報告会」に行ったくせに、
会場で受付を済ませる前に、ぐる~っと見回します。

階段の脇、目立つ場所に、このポスターが貼られていました。

少し前に広報誌のちいさな告知で見かけていたので、
この日の午後は「これに行く!!」と、もうすでに決めています。


omoni.jpg

人権メッセージ2012


【続・悩む力】
姜尚中人権講演会

かんさんじゅん氏 (Kang Sang-jung)は、
東京大学大学院情報学環教授です。


著書はいろいろあるのですが、
「悩む力」「日朝関係の克服」「ニッポン・サバイバル」
「姜尚中の政治学入門」「在日」「母 -オモニ-」などなど・・・。

●日時: 2012年12月9日(日)
     第1部は13:15~ですが、
     【講演会は第2部】なので14:30~16:00

●会場: 苅田中央公民館 大ホール (入場無料)


今、韓国語を勉強しています。
言葉だけでなく、その国の歴史や文化も含めて知りたいと思うのです。

この夏から師匠に誘われて行くようになった勉強会でも
毎回いろいろなことを教わって帰ります。

図書館で「在日」という本を手にして、
その場でひととおり読んでみたのですが、
その時の私には重たくて、借りてまでは帰れませんでした。

講演会の日まで、まだ時間があるので、今度は逃げないで読破しよう!!

苅田町の議員は16人。
二日間に渡って、4つの会場での「議会報告会」が行われました。


gikai3.jpg

●これも議会改革のひとつです。

9月定例会では、一般質問全日程(3日間)を夜間議会として行っています。
平日の昼間だと、働いている方は傍聴できない。

「昨夜行ったからもういいかな?」とも思いましたが、行ってきました。
でも、ちょっぴりズルして、質疑応答と意見交換のある後半のみ(笑)

今日の会場では、驚くほど参加者が少なかったのが、とても残念。
PR不足は否めません。


私が見かけたのも、議会だよりの中でチラッとだけでしたもの。
苅田町のホームページにも告知はあったようなのですが・・・。

町内会の会長さん、しっかり災害対策のことなどを質問してました。

「駅のこと」で、なにかバトルがあるかと内心期待してましたが、
なんということもなく・・・肩透かしをくらった気分。

gikai4.jpg

議会のことに関心を持つようになったのは、
私にとってこの「四季犀館ブログ」の影響がかなり大きい。

井上幸春町長のブログと、それに対するみなさんのコメント。
議会の様子もライブ映像で見られるとのことで、
みやこ町の方が、ここよりも情報公開は進んでいます。


なにはともあれ、二日間、議員のみなさん、お疲れさまでした。

二日ともご一緒した方、一方の会場だけだった方、
残念ながら二日ともご縁がなかった方。

●今後とも、お手柔らかにお願いします。

来て! 聴いて!! 話して!!
「初」議会報告会開催!!

先日、町の広報誌と一緒に配布されていた
「議会だより NO.113」にそんな告知があり
ちょっと気になって今晩行ってきました。

IMG_1290.jpg

●11月5日(月)は、三原文化会館と西部公民館。

●11月6日(火)は、小波瀬コミュニティセンターと北公民館。


町内各地から人が集まるのは「三原文化会館」かな・・・と。

こちらにいないメンバーは、西部公民館だったのね。

gikai1.jpg

「質疑応答と、意見交換」もっともっと時間があればよかったのに・・・。

【駅】のことも気になるし、明日は地元の方にも顔を出してみようかな?

平成24年11月3日 文化の日(土曜日)

みやこ町の山の上のパン工房「麦の穂」さんご夫婦と、
「スローラボ」の吹上さんご夫婦は大忙しでしたね。

"みやこに住む。みやこで働く。"

●午前中は【里山学校2012:6回目】
「ハーブ&アロマでリラックス講座」

●午後は【みやこスタイルカフェ】
「ツリーハウスのある暮らし」


tree1.jpg


仕事が休みの土曜日、午前中は家事にあて、
午後からの【みやこスタイルカフェ】にのみ参加しました。

参加料:¥1,000
飲み物と、ピザと、ロールケーキ付。

ログハウスの室内でいただく「おやつ」に大満足!!


私がこのイベントを知ったのは、みやこ町の広報
【みやこっちゃ10月号】でした。

前回開催された「みやこスタイル」と同じ欄にあり、
うっかりすると読み飛ばしそうな告知でしたが、
講師の方のお名前を見た瞬間、
「絶~対、行きたい!!」と思いました。


tree2.jpg

ツリーハウス・クリエイター: 小林崇さん

ツリーハウスの第一人者。

テーブルの上に置かれていた本をお借りして、
厚かましくも読ませてもらい、
その上、本の表と裏まで写真に撮るという・・・(笑)

出版された直後に、こちらのご主人が買い求めたという一冊でした。


沖縄から北海道、カンボジア、オレゴン州。
神奈川・京都・茨城・鹿児島・・・。

各地のツリーハウスの写真をスライドでみながら、
それぞれにまつわるエピソードを話してくださった小林さん。
男の子3人のお父さんなのだそうで、
子供たちにとってはカッコイイ【自慢のおとうさん】ですね。

この日も最初から最後まで、背筋がピンと伸びたまま、
姿勢がものすごくよくって、
猫背でふにゃふにゃの私とは大違いでした。

【衝動 ~4の5の言わずに弾けちゃえ~】

♪ 1・2・3の 2の4の5
  3.1.2の4の 2の4の5 ♪
この通りに指を動かして遊んでませんでしたか?

今年の西日本工業大学の大学祭のタイトルから
久しぶりにこのフレーズを思い出しました。

eisa1.jpg


日豊本線:小波瀬西工大前駅下車 
すぐ目の前が大学です。
ぐる~っと橋を渡って線路の向こう側が「小波瀬病院」

「駅の向こうとこっち、両方から利用できたらいいのに。」
苅カレ5期生、私たちのグループが選んだテーマがこれでした。


大学にわりと近い地域では、毎年、大学祭の実行委員会の方たちが
手紙を持って一件一件回っているんですヨ。
我が家にも。


中には挨拶文とタイムスケジュールとビンゴカードが入ってました。
平成24年11月2日 ~ 11月4日

●11月3日(土・祝) お笑いLIVE・・・スギちゃん、三拍子

●11月4日(日)   トークショー・・・DAIGO

詳細はホームページへ。


タイムスケジュールから【沖縄エイサー】の時間帯に合わせて
ちょっと遊びに行くことに。


eisa2.jpg

11月3日 18:15 ~ 18:45 沖縄エイサー
大学の、沖縄県人会の方たちによるステージでした。

●ギターを持って登場した男性がやけに気になって、
大学の先生かなと思っていたら、
FMキタキューのパーソナリティーの方でした。

番組がご縁で、今日はこちらに来たとのことで、
三線とギターの共演です。

1曲目は見事にスベってしまいましたね(笑)
惜しいなあ、ギターも歌も、お上手なのに・・・。


エイサーは、ステージの上だけでなく手前にも二列。
キビキビとした動きは、見ていてとても気持ちがよく、
「イーヤーサーサー」の掛け声(?)では、【行橋のシーサー館】での
ミヤギマモルさんのライブを思い出したり。


ステージの後、一声かけようとそばに行ったら、
なんと九十九先生がいらっしゃいました。
先週の土曜日の、シンポジウムの司会進行の方ね。


「僕は、彼ら (沖縄県人会)の顧問です。」
「北村先生もそうでしたよね?」
「はい、約30年つとめられて・・・僕が引き継ぎました。」

 
宮村みつおさんと北村先生も、もちろんお付き合いがあり、
ほうら、また「あっちとこっちがつながった。」

私はしつこい(笑)
最後の最後に、もう一本。

kakuuti2.jpg

●「角打ち」とは、酒屋の店先で飲むこと。
これって当たり前のことだと思ってたけど、北九州スタイル???

夫の父は現役時代、日豊線通勤だったのですが、
「ともだ」でいつも角打ちして帰っていたと義母がよく話してます。


【北九州角打ち文化研究会(角文研)】というのは、
「角打ちをこよなく愛する者たちの集まり」なのだそうで、
こちらの会長さんとは一度だけお会いしました。


みやこ町犀川崎山の【林平作酒造さんの蔵開きの日】のイベントで。
その後、Facebookでもお付き合いが始まり、今も続いています。
この方の写真と、それに添えられてる文章がなんとも風流で、私好みなのです。


kakuuti1.jpg


●「じんだ煮」とは言ってなかったなあ、我が家では。
「魚のぬかみそ炊き」は父が好きだったので、母がよく作ってました。
私はいまだに、苦手なのですが・・・。


Eテレの英語講座【トラッドジャパン】で確か「タイ」の時に、
「タイのタイ」「ぬかみそ炊き」のこと、おしゃべりしたっけな。


この日、北九州ならではの料理ということで、
小倉リーセントホテルさんが用意してくださったのは、
この「じんだ煮」と「小倉名物焼きうどん」でした。


グリーンピースを散らすだけで、グッと美味しそうですネ。

やっと、ここまでたどり着きました。
先週の土曜日、帰宅してから始まったレポート、長かった~。

宴会場に入る前も、入ってからも、何人かの方とお話を・・・。
名刺がわりの【A4サイズの似顔絵】どこにいっても大ウケです(笑)


18時からの予定でしたが、みなさんの集合状況から判断して、
少しだけ繰り上がっての「懇親会のスタート」です。


enkai1.jpg


乾杯の音頭は「近畿都市学会 会長:山田浩之氏」
(京都大学名誉教授・経済学博士)
ご本人は「この中で一番年長者だから。」とおっしゃってましたが・・・。


開会の前に、北村先生が紹介してくださった方でした。
いただいた名刺に【市民大学院(文化政策・まちづくり大学校)教授】とあったので、
そのことについても、いろいろと教えてもらうこともできました。

「北村先生も苅田まちづくりカレッジの学長なんですよ。
 私はそこの5期生として2年間、学びました。」

enkai2.jpg


各テーブルを囲んでの「カンパ~イ!!」のあとは、
あちらこちらで賑やかに、楽しそうに歓談が始まりました。

ほんの少しだけその場にいて、まだまだ名残惜しかったけど
雨の中、JR西小倉駅まで歩いて行きました。


お土産の「ド派手なブルーの北九州の袋に入った資料」の、重たかったこと。
帰りが少し遅くなるといってた夫は、まだ帰り着いていません。
ラッキー!! ギリギリセーフです。

授賞式のあとに予定されていたのは「日本都市学会総会」
さすがに部外者の私が会場内にいるのは非常識なので、
机の上の荷物をバタバタとトートバッグに押し込んで退場。

出がけに北村先生にひとこと
「このあと懇親会の写真を少し撮らせてもらって帰ります。」


「ロビーで総会が終わるまで待とうかな~」とも思いましたが、
せっかくなので会場の【小倉リーセントホテル】に先に行き、
みなさんを待ち伏せすることにしました(笑)


risent1.jpg


日が短くなってきたので、暗くなる前に外観の写真も撮っときたかったし・・・。

西日本工業大学:小倉キャンパス本館から歩いて数分もかからない場所でした。
【大学院・地域連携センター】の横ですね。
こちらの写真を撮っておかなかったのは、ちょっと失敗。


私は行かなかったけど、日曜日の【研究発表Ⅱ】の会場でした。


プログラムには、研究発表のタイトルと発表者も載っていて、
土曜日の【研究発表Ⅰ】は小倉キャンパス本館で行われたのですが、
「行政・政策」「交通」「災害・環境」

10月28日(日)は「まちづくり」「都市社会」「産業」

「まちづくり」には、九十九先生と西村先生の名前が。

「都市社会」には、安東先生と北村先生の名前も。

「産業」にも、九十九先生の名前がありました。

●【まちネット人ネット九州】のメンバー、すごいでしょ。

安東先生が「明日も来るの?」って帰り際に言ってたのは
「研究発表も聞きに来るの?」の意味だったのね。

risent2.jpg


懇親会の会場となる宴会場は、準備の真っ最中でした。

ホテルって、若い頃の「お友達の結婚式」くらいしか縁がなかったけど、
昨年の今頃から、わりとあちらこちらに出向くようになりました。

ホテルのロビーって、ゴージャスで気分がいいです(笑)

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04