2012年12月アーカイブ

今年の4月からのラジオ講座でテキストを買ってるのは
この【英会話タイムトライアル】のみです。

平日の夜は聞けたり聞けなかったりで、
土曜日の朝か、日曜日の夜の5回分の再放送を
聞くことが多く、今も台所の掃除をしながらのリスニング。

ttr1.jpg

表紙のイラストの「ヒゲのおじさん」がスティーブ先生。
「お目目クリクリのおねーさん」がジェニーさん。


毎月最終金曜日は英語の歌を使ってのレッスンです。
私もゴガクル仲間も、このコーナーが大好きで・・・。

今月は「蛍の光」の原曲で、カウントダウンに使われる
「AULD LANG SYNE」でした。

ジェニーさんのウクレレとリードに合わせて歌ったあとは、
名曲劇場(Musical Masterpiece Theater)

楽曲の詞を使ってのトレーニングもしっかり組み込まれています。

毎月、本屋さんでテキストを買う前に、後ろからパラパラめくり、
まっさきに「今月の曲」をチェックするクセがついてしまいました(笑)


ttr2.jpg

●年末年始も"Time Trial"!!

1月号のテキストで、とっておきの情報を発見!!

1月1日(火)の午後から夜にかけては、特別編成で、
16:30~18:00まで
Let's sing along! 一挙アンコール放送。

19:00~20:00までは
新春特番 ~電話であなたと英会話~

20:00~22:00までは
アンコール放送 対話カラオケ拡大版など。


4月からの今月の曲がまとめて聞けるなんて・・・。
順番どおりに放送されるのかな?
それともシャッフルされるのかな?

●放送日当日のお楽しみということで。   

義母は車を運転しません。

自転車では怪我をしたので、最近の買い物の足は
「徒歩」か「苅田町内を回るコミュニティバス」か「私たちの車」です。

noukyou1.jpg

幸い、近くに農協の直売所があり、
ここ数日のうちに、お餅やしめ飾りなどは揃えていたそうです。


●この「しめ飾り」は、目がついてたのがカワイくて買ったと言ってました(笑)


義父が、ここ数日入院していたのですが、今日退院しました。

早速、神棚と玄関に、お正月を迎える為の準備をします。


noukyou2.jpg


毎年、機械で3軒分のお餅をついていましたが、今年はパスです。
結婚して以来、こんなことは初めてでした。

ウラジロに、みやこ町犀川の方のお名前が付いていたので、
なんだか嬉しくて、飾り付ける前に写真を撮らせてもらいました。


国府の郷の店内にて。

moti.jpg

向こう側の入口、入ってすぐのところには【お餅】
小ぶりのお鏡餅は、可愛らしくて値段も手頃。
思わず手に取りたくなる、このラベル(笑)


小餅も小家族向けにはこのくらいでよさそう。
3つ、4つ手にしているお客さんもいらっしゃいましたヨ。
店員さんが補充する端から、よく売れてました。

形もいいし。


夫の実家で年に一度、機械で餅つきをしてましたが、
お鏡は丸く整えても、流れてベチャッとなるわ、
小餅もひらべったくなるわ、カッコ悪いの。

【ベテランのかあちゃんたち】との違いですね。


mame.jpg

冷蔵スペースで【黒豆】と【厚焼き玉子】を見つけました。
どちらにも、味工房"かあちゃん"のラベル。
~心を込めて手づくりしてます~


国府の郷 加工部の、ベテランのかあちゃん作とくれば、
おいしいに決まってます!!

●お重や、盛鉢に、いかがですか?


平成24年12月29日(土)

昨日とはうって変わってお天気になりました。
年末の大掃除日和。

ご近所さんも車を洗ったり忙しそうです。

ご心配をおかけしました、我が愛車。
今日は朝から夫がエンジンをかけたところ一発ですんなり。

私に対する嫌がらせか~???
最近、車洗ってやってないから、はぶてたのかも・・・(笑)

kokufu2.jpg


年内に一度、犀川の実家に行っときたいな。
行くとしたら今日しかないか。

お昼ご飯を早めに済ませて、豊津経由で犀川に行こうと決めました。


●第一目標:豊津物産直売所「国府の郷」

●第二目標:ひまわりこども(瓢鰻亭)

●第三目標:犀川の実家

●第四目標:四季犀館


kokufu1.jpg


こちらの店長さんとは、昨年の「産業祭」で四季犀館の店長さんに
紹介してもらって、少しおしゃべりをしたきりで・・・。

改めて、ご挨拶も兼ねて伺いたいと、最近思ってたんです。
駐車場には警備員さんがいて、空いたとこに誘導してくれました。


幹線道路沿いなので、来店客も多いですね。
店内に入って、写真撮影とブログ掲載の許可もいただいて、準備OK!!

まずはお店の外観と、この辺りの観光案内を。
お約束の掲示板も、もちろんパシャ。


駐車場のそばには、飲食スペースもあります。
昨日の雨でテーブルも椅子も濡れてたけど・・・。

【豊前国府跡公園】の広々とした風景を眺めながらの
ここでの食事はきっと格別でしょうね。

「気候がよくなってから」にしたほうがよさそうです。


休日が朝から雨だと、洗濯もできないし、気が乗らない。
仕事も終わり、家の大掃除にもとりかからないといけないのに・・・。

mishin2.jpg

年末年始、金融機関のATMも使えないから
用事も今日のうちに片付けておきたいなあ。

そんな、今日に限って、また愛車がご機嫌ナナメで・・・。


仕方がない、車を使わずに済ませるにはどうしたらいいか???

「近くの大学の中にたしかATMがあったよね、歩いていけるし」

行ってみるとキャンパスは工事中で、勝手が違い、わからない!!
新校舎ができ、解体作業の真っ最中のようでした。

「困った。」どうしよう。
「行橋に行って用事を片付けよう!!」


年末の行橋の商店街の様子ってどうだろう。
ついでにチェック。

魚町の交差点の角の【湖月堂さんのディスプレイ】は
しっとりとお正月に変わってましたネ。

【福岡銀行さん】はまだ工事中でしたが、外観は確認できました。


misin1.jpg

せっかくなので、【浅川家具さん】へ。

お母さんにもすっかり顔を覚えてもらいました(笑)

テーブルはこたつに変わってて、
後ろを振り向くと、なんとも味のある足踏み式のレトロなミシン。

てっきりディスプレイだと思ったら、現役で、
お母さんが今でも使ってるんだそうですヨ。


母も編み物や洋裁をしてたから、
「寸法を測って、新聞紙で型紙を起こしてましたね」
「当時は既製服があまりなかったから・・・」

ミシン一台から、話がドンドンはずみます。


「ブログ頑張ってますね~。」

浅川家具さんのブログは、私のツボにぴったりで、毎回楽しみ。
お店のディスプレイも、しっとりとしてて大好きです。

入口にも、すっかり「お正月のムード」がただよっていました。

お雛様の時期には桃の花を活けるのだそうで、
甘~い香りに包まれる店内は、想像しただけで「うっとり」

そんな空間で、好きな本を読んだら、気分いいだろうな。


平成24年12月27日(木)
工場カレンダーに基づき、今日が年内最後の出勤日。

完成品の出荷業務をこなしながら、事務所の大掃除。
お天気が良かったので昼間の暖かいうちに
窓ガラスも一気に片付けましたヨ。

ホースが届かないので、バケツで水をバシャーンとかけて、拭き上げて。
あっ、でも時間切れで食堂の方は水をかけっぱなし(笑)


nenmatu1.jpg


【しめ飾り】はふたつ。
事務所の玄関と、工場の入口と。

カウンターの上には【お鏡餅】

いつもは「榊(さかき)」があがってる神棚には【松竹梅】

●お正月用品の調達は、もちろん町内の農産物直売所。


nenmatu2.jpg

今年は春にベテランの方が定年退職をむかえ、
秋には産休に入った人がいて。

ハローワークに求人を出し、何人かの方がせっかく来てくださったのに
ご縁がなかったみたいで、なかなか続かなくて・・・。


結局ひとり欠員したままで、大忙しの10月~12月でした。

「お先に失礼します。」

「お疲れさまでした。」

「よいお年をお迎えください。」

なにはともあれ・・・なんとか終わって「やれやれ。」です。

とうとう今年もクリスマスツリーを出しませんでした。

我が家のツリーは、結婚してから購入しました。
20年以上は経過してるけど、電球を買い足したり、
茶色く、くすんだ雪は、新しい綿を買ってきたり。

毎年12月に入る前には、押入れから引っ張り出して
飾り付けてたんだけど、二年連続でパスしてしまいました。

cake1.jpg


去年は、そんな浮かれた気分ではなかった。
お先真っ暗で不安だらけで・・・。


今年は、少しだけ回復したけど、まだまだ気が乗らなかった。
仕事が忙しかったものあるけど、ブログや日記に、かまけていたのも事実。


見るに見かねて、夫が二年連続で【ミニツリー】だけ登場させました。
ずっしりと重くておいしい「ベイクドチーズケーキ」も
仕事の後で、買って帰ってくれました。


●来年こそは、パーッと明るく、早めにツリーを引っ張り出そう!!

cake2.jpg

日曜日の【キャッキエラ】さんのコンサートの終了後は、
このツリーの回りで、楽しそうなおしゃべりがいつまでも続いていました。


「あなたは苅田まちづくりカレッジの二年間で何を学びましたか?」と
今年の夏頃に学長から聞かれました。


「いろいろな方と出会えました。」
答えになってないかもしれないけれど・・・。


北村学長・今泉先生・西村先生・Y学級長・同級生や4期生のみなさん。
この日の指揮者の村瀬さんもそうです。

あの授業を受けていたからこそ、
吉田次郎さんのコンサートの時のプログラムに
挟み込まれていたチラシで紹介の記事を書き、
当日会場でお話をすることもできました。


平成24年12月23日(日)の午後は、
小波瀬コミュニティセンターでのコンサートに行ってきました。

Orchestra Mandolino di Chiacchiera
Special concert  キャッキエラ

キャッキエラさんの綴り、こうなのね。知らなかった(笑)

butai.jpg


ステージは2部構成で、1部は舞台の上での演奏。

マンドローネというおっきい楽器を抱きかかえるようにして
演奏していたお二人は、鹿児島本線沿線にお住まいだそうで、
メンバーの中には大分県の方もいらっしゃるそうですヨ。

練習は月に1回、みんなで集まって。
でもそれぞれの都合もあり、みんなで合わせるのは大変ですね。

♪ 1st Stage ♪

花・トロイカ・子象の行進・ラルゴ・愛の挨拶
2つのマンドリンのためのソナタ・ジプシー風セレナーデ・序曲二短調。

アンケート用紙に「どれがよかったですか?」という項目があり、
私は「2つのマンドリンのためのソナタ」と書きました。

「この日の為に一所懸命に練習した」というお二人の演奏する姿と
奏でられる音を聴いていたら涙が出そうで、懸命にこらえました。


hall.jpg


休憩を挟んで2部はフルメンバーで舞台の上では無理なので
フロアでの演奏でした。
ステージ上も客席として開放してくださったので、
もちろんそっちに行ってから演奏者と聴衆の両方をチェック!!

椅子も前を向いていたので、各自、左90度回転させます。

移動式のベッドで演奏を聴きにきていた方の為に、
みんなが少~しずつ譲って、2部は最前列で楽しんでもらえました。
上からその様子を見ていたら、さっきこらえた涙があふれてきて・・・。


♪ 2nd Stage ♪

リリー間奏曲・イル ヴォート

【海の組曲】
1楽章:ナイアデスのセレナーデ
2楽章:オンディーヌの踊り
3楽章:シレーネの唄
4楽章:トリトンのフーガ


1st mandorin・2nd mandolin・Dola・Cello・Guitar・Lone
みんなをまとめるのが Conductor の村瀬裕子さん 。

演奏を聴きたかったのもあったけど、
彼女の指揮を見たかったので、
どうしてもこのコンサートには来たかったのです。


始まる前に名刺を渡してご挨拶。
「苅田まちづくりカレッジの時、一度授業を受けました。
ブログにチラシを載せましたが迷惑ではなかったですか?」

喜んでくださってなによりです。
ちゃ~んとレポートも載せましたヨ(笑)


アンコールでは、クリスマスソングのプレゼントもありました。
曲の終盤、転調に合わせて、気分もどんどん盛り上がり、サイコー!!


終了後は、ロビーでの「出演者とお友達やご家族の方との歓談」が
ずいぶん長いこと続いてて、それもまた微笑ましい光景で・・・。

手作りの、とってもあったかいコンサートをどうもありがとうございました。

【京築広域景観の特性】

keikan6.jpg

●北豊連山と豊前海がつながる京築の原風景

"京築地域には、北部から南部にかけて、カルスト大地が広がる平尾台、
九州の修験信仰の中心である霊峰英彦山、犬ケ岳等の山々がつらなる
北豊連山がそびえ、幾筋もの清流が谷筋を形づくり、
遠浅で穏やかな豊前海に流れ込む大地形があります。

こうした大地形が形づくる景観は、京築地域の原風景として、
この地域に暮らす人々の心の中に刻まれています。"


実家から持ってきたアルバムに貼ってある、
保育所の遠足の時の、白黒写真は平尾台。

通勤途中でいつも目にする稜線は、おおらかで、ゆったりしていて、
光の加減でピンク色に見えることもあり、とても神秘的。


みやこ町花熊の馬ヶ岳は、私の中では「ラクダ山」で、
行橋方面からでもあの形はすぐにわかる。


国道10号線から今川に沿って曲がると、なんだかホッとする。
遠足の時、バスがあの角を曲がったら、
「ああ、犀川に帰ってるんだ」って名残惜しかった。

●往来の文化が伝える京築の歴史の景観

●清流が育む京築のなりわい文化の景観


会場に入ると一番前のテーブルに「福岡県都市計画課」の方たち。


都市計画や建築には全然縁がなかった、素人の私。
「ゴミのポイ捨ては絶対しない。」「マイボトル・マイバッグ持参」
このくらいしか思い浮かばないけど、小さいことからコツコツと・・・。


東九州自動車道の工事で、京築地方の景観もだいぶ変わってきました。
父の里の「みやこ町:犀川伊良原」も子どもの頃に親戚の家に遊びに行って
みていた風景とは違ったものになりつつあります。


失われたもの、新しくできるもの。
それも現実・・・。

大幅に遅刻して、会場への入口の扉の前で一度深呼吸。
覚悟を決めて、ノックを二回。「遅くなりました!!」

北村会長が、出入り口に一番近い席に座っており、
手招きをしてくださいました。

場の雰囲気に慣れようと、テーブルの上に配布されていた
資料に目を通します。
地図に写真に会員名簿(平成24年12月20日現在)

meibo.jpg

「地域団体・NPOで知っているところはありますか?」
わかるところに丸をつけて、会議中にこっそり筆談(笑)

【豊の国・海幸山幸ネット】【美夜古郷土史学校】
【NPO法人 プロジェクト・ボダイ】さんは、
まちネット人ネット九州のまちづくり塾の会で
レポート済みです。

【殿川クリーンクラブ】は苅カレOB会の先輩のとこですね。

【くまわり会】は「くまわりファーム」さんでしょ。

【崎山ひまわり会】には、四季犀館ブログでいつもおいしそうな
料理を紹介してくれるyoshitakeさんがいます。

【豊の国みやこ探検隊】のyoshitakeさんは、
みやこ町・築上町のふるさとガイド仲間ですヨ。

【NPO法人 京都ドリーム21】は定石さんのところで、
【NPO法人 クリエイティブ・スローライフ】は井下田さんのとこ。

【京築フィルムコミッション】は村上さんがいつも
Facebookで、いろいろなことを教えてくれます。


sensei.jpg


それでも名前だけわかるけど、内容をしらない団体。
名前さえも知らなかった団体もかなりあります。


まだまだ勉強不足ですので、
これからもご指導の程、よろしくお願いします!!

平成24年度 京築広域景観協議会

●日時:平成24年12月20日(水) 18時~

●場所:築上町文化会館コマーレ 女性ホール

keikan1.jpg


みやこ町勝山で定時まで仕事をし、苅田まで一旦帰宅してから
向かったため、大幅に遅刻してしまいました。。。

少し前に【まちネット人ネット九州】の西村理事から案内があった時は、
こうなることがわかってたので、お断りをしていたのですが、
今日のお昼休み、たまたま別件で北村会長と電話で話した時に、
バタバタ決まり、「遅れてもいいから、いらっしゃい。」と。

関係者のみなさま、ご迷惑をおかけしました。


みち文化と清流文化の連帯が奏でる"豊姫の国"の景観

keikan2.jpg


【豊姫の国】

~ 京築地域は、大陸から技術を持った人たちが移り住み、
豪族たちが活躍していた古代には豊の国と呼ばれていました。

またこの地域にはさまざまな姫にまつわる伝承に彩られた
歴史資源が点在しています。

訪れる人々をもてなし迎え入れる、
穏やかでやさしい景観を形成している京築地域の景観を
象徴的に表現する言葉として"豊姫の国"を
今回のテーマ協定で設定しました。 ~


みなさ~ん、合言葉は【豊姫の国】ですヨ。

年末でみなさんお忙しかったのでしょうか?
参加者少なめでした。

みやこ町からはしっかりいらしてましたネ。
終了後、名刺を交換いたしました。
「猪かあちゃん」のこともチラッと話題に・・・。

今回もしっかり似顔絵持参で
【四季犀館ブログ】ちゃっかりアピールしてきました(笑)

私はしつこい。
掲示板チェックは、まだまだ続きます(笑)

●平成25年1月9日(水)
苅田町北公民館 大ホールにて
【New Year コンサート】 ~入場無料~

kitakou.jpg

響ホール室内合奏団メンバーによる、
クラシック音楽と懐メロ、いいですね~。
残念ながら平日の昼間は仕事で行けないわ。

●もう一件は、2月の行橋。こっちは日曜日。
平成25年2月17日(日)
行橋小学校 体育館 ~入場無料~ 上履持参

syouka1.jpg

"明治、大正、昭和、平成・・・と
時代を超えて歌いつがれたきた童謡・唱歌。

さあ! 思いっきり歌いましょう!!

ピアノ、ヴァイオリンの演奏もお楽しみください。"

♪ み~かんの花が咲いている 思い出の道 丘の道 ♪
二人で向かい合って歌いながら「手遊び」してましたよね?

公共施設に行った時のマイルール ⇒ 掲示板のチェック!!

昨日もしっかり、カメラ持参。
他の人たちから「ヘンな人~」と思われてたりして・・・。

poster1.jpg

【イザベラ・ア・カペラ】チャリティーコンサート。
2013年1月20日(日)
サン・グレートみやこホール

協賛に「みやこ町国際交流協会」の名前を見つけたのでパシャ。


もう1枚は【伊良原小学校・中学校】

poster2.jpg

安藤忠雄氏設計の新校舎の完成、待ち遠しいですね。

「この国の明日を決める一票です。」

A4サイズの封筒の中に入っていたパンフレットより。

senkyo2.jpg

テレビでは各局が選挙速報の特別番組を放送中。
明日の朝には、全国の結果がわかることでしょう。

私も含め、この国(日本)で暮らす人たちが、
今回の選挙でどういう判断をしたか。


ここ福岡県の選挙区は11区。

①区・・・福岡市東区、博多区

②区・・・福岡市中央区、南区、城南区

③区・・・福岡市早良区、西区、糸島市

④区・・・宗像市、古賀市、福津市、糟屋郡

⑤区・・・筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、朝倉市、筑紫郡、朝倉郡

⑥区・・・久留米市、大川市、小郡市、うきは市、三井郡、三瀦郡

⑦区・・・大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、みやま市、八女郡

⑧区・・・直方市、飯塚市、中間市、宮若市、嘉麻市、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡

⑨区・・・北九州市若松区、八幡東区、八幡西区、戸畑区

⑩区・・・北九州市門司区、小倉北区、小倉南区

⑪区・・・田川市、行橋市、豊前市、田川郡、京都郡、築上郡


senkyo1.jpg


ここ数年の我が家は「無事に年が越せるだろうか?」という不安の連続でした。
リーマンショック以降は、とくに著しく・・・。

決して贅沢をしているわけでもないのに、
心細くて体調が悪くてもすぐに病院にはかかれない状況で・・・。

先週の姜尚中さんの講演会の中に「所得格差」の話もありました。
親の所得で、子どもの進路が決まってしまう「今の世の中」


●すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

「健康で、文化的な、最低限度の生活」
それさえも保証されていないような気がします。

明日からの日本、さて、どうなることやら。

「協働のまちづくり」

苅田まちづくりカレッジの今年の春の北村学長の授業のテーマでしたね。
配布された資料から、レポートした記憶があります。


hojyokinn1.jpg

最新号(12/10)の「広報かんだ」より。

表紙は「町内の小学校に夢先生がやってきた!」
"11月12日から14日にかけて、町内小学校で
5年生を対象にした「夢の授業」が開かれ、
元サッカー日本代表選手などが教壇に経ちました。

「夢の教室」は現役のJリーグ選手などが「夢先生」として
自らの体験をもとに「夢を持つことの大切さ」を
子供たちに伝える事業です。"


●11月12日:片島小学校、白川小学校・馬場小学校
フリースタイルフットボールのWasseさん

●11月13日:苅田小学校
元サッカー日本代表の都築龍太さん

●11月14日:苅田小学校
シンクロナイズドスイミング北京オリンピック出場の石黒由美子さん

子供たち、しっかり「夢を持つことの大切さ」を教わったことでしょう。

hojyokinn2.jpg

17ページに載っていた、
平成24年度「苅田町協働のまちづくり事業」
補助金交付団体一覧。
活動概要は長いので、団体名と代表者名だけ、ご紹介。


①里作りの会 結の杜・・・村上 良美

②今古賀ふれあいスポーツクラブ・・・野口 時晴

③はくせんやさい畑・・・松崎 博己

④民話紙芝居「地童座」・・・山路みゆき

⑤二崎志津摩桜保存会・・・田渕力三郎

⑥新津地域夏まつり実行委員会・・・梅田 俊明

⑦苅田まちづくりカレッジOB会・・・三角 主計

山路さんは苅カレの2期生で、梅田さんはOB会の副会長で
三角さんはOB会の会長です。


●苅田まちづくりカレッジの卒業生、各方面で大活躍中!!

"中国の人はよほど成語や成句が好きなようです。
なかでも、歴史に由来を持つ「故事成語」が、
とりわけお気に入りと見えます。

寸鉄人をさす警句も、真綿に針をくるんだ揶揄(やゆ)の言も、
みなこの故事成語を用いて発せられます。

それだけに、その源である「成語故事」も好んで読まれます。"


koji1.jpg

CDブック 上野恵司 著 【中国成語故事】
~やさしい読解と応用練習~ の 「はじめに」部分より引用。

あれ、故事成語? 成語故事? 
文章をそのまま写したので、どちらも間違いではないはず。

CD付なので今、車の中で通勤時間を利用して聞いています。
数字はバッチシ。いー、ある、さん、すー・・・。
今までに出てきたことのない単語やフレーズはやっぱり無理。

ピンイン付きの漢文と日本語訳、語句、語法、練習問題までついています。
図書館で見かけて何気なく手にとったけど、大正解でした。


koji2.jpg


みやこ町の初級中国語講座を受けていた頃に仕入れた【中日辞典】
ワンコイン100円(プラス消費税)でしたが、
中身の充実ぶりはすごいです。
発音の基礎や中国語音節表、巻末には「簡単な会話集」まで載っています。

今は店頭では見かけなくなったので、あの時買ってて、これも正解。

中国語熱に再スイッチが入ったのは、もちろん、あの【大望年会】の日で、
新極真会の奥村さんの影響です(笑)

今は【平成筑豊鉄道】だけれど、前身は国鉄:田川線。
実家の最寄りの駅は【犀川駅】徒歩約5分。

dousoukai1.jpg

私の学生時代は、こんなに立派な、きれいな駅舎ではなかった。
まっすぐの道が犀川のメインストリートで、お店屋さんが並んでて・・・。

先日久~しぶりに歩いてみたけど、ちょっと寂しい。
かかりつけだったimane医院も更地になってしまってるし。


udo商店は、よくお使いに行ってたっけ。
あの頃は玉子のパックがなくて、おばちゃんが新聞紙に5個並べて、
パパっと包んでくれたのだけど、いつも見とれてました。

写真館と床屋さんの間の細い道は、横が小さい川(溝?)で
反対側が田んぼで、蛇が出るのが怖かった。


doousoukai2.jpg

「同窓会のハガキが届いてるから」と実家から連絡があったけど、
なかなか行けなくて、もらって帰ったのは「みやこNETの大望年会」の日。

"私たちが犀川中学校を卒業して早30年もすぎさりました。
これまで卒業してから一度も?同窓会を行っていませんでした。

折り合って同郷で育ち同じ中学で学んだ絆を大切にしたく
初めての同窓会を開催したくご案内いたします。"


●2013年1月3日(木) 京都ホテルでの初めての同窓会

幹事のみなさん、大変でしたね。
masaeda君から電話があったのは、このことだったのですね。

会費 8,000円は、かなり痛いけど、出席で返事を出しました。

みんなの顔を見て、すぐにわかるかな?
楽しみでもあり、不安でもあり・・・。


「人権メッセージ2012」にご参加いただき誠にありがとうございます。
このイベントは、「人権週間」事業の一環として、毎年開催しております。

本日は、小中学校の児童・生徒の皆さんの人権作品や、
姜尚中(かんさんじゅん)さんの講演会など、
人権に対する熱いメッセージを皆様にお届けいたします。

人権について今一度考えていただくきっかけになれば幸いに存じます。

        ~ パンフレットより 苅田町・苅田町教育委員会 ~

kang1.jpg


●第1部 小中学生人権作品表彰式

1、主催者あいさつ

2、町長表彰(ポスター、標語、作文)

3、福岡法務局行橋支局賞・行橋人権擁護委員協議会長賞表彰(作文)

4、作文朗読


みやこ町は、先週でしたね。
私の住む「苅田町」は今日(12月9日)でした。


会場の【苅田町中央公民館】は、
【苅田まちづくりカレッジ】で通い慣れたキャンパス(?)です。


●第2部 人権講演会 「続・悩む力」

kang2.jpg

講師のプロフィールをパンフレットからご紹介。

1950年生まれなので、私よりも15歳上ですね。
熊本県で生まれ育ったことは、「母 ~オモニ~」を読んだので知っていました。
本当は他の本も読んでおきたかったのですが、この1冊だけで精一杯で・・・。


嫌な言葉・・・と前置きした上で、
「カエルの子はカエル」
「出る杭は打たれる」
「お里が知れてる」

どれも確かに「無限の可能性を否定する」ひびきがあります。

【どの国に、どの時代に、どの親に生まれてきたか?】

日本という国に、戦後20年経った年に、
犀川(現:みやこ町)に住む両親のもとに生まれてきた私。

お受験とは無縁の、のどかな田舎町の
40人学級での小・中学校時代。


「オバマ大統領の3つのハンデ」や
映画「おくりびと」にも触れながらの講演は、
予定時間ピッタリ:90分。


【人間は自分次第!!】
【無限の可能性】というフレーズをいただき、
背中を押してもらった気分です。


食べても太らない体質のようで、メタボとは無縁のスリムなBODY。
やわらかい物腰と、やさしい声で癒された、姜尚中さんの講演会でした。


「ちょっと釜山(プサン)へ行ってきます。」と
言えたら、どんなにいいだろう(笑)

軍資金が必要だわね。
あっ、パスポートも再取得しなきゃ。


pusan4.jpg

ここ福岡からは、釜山はとっても身近な海外。

国内旅行よりも、費用も時間もお得かも?

グルメにショッピングに観光。
元気をもらって帰れそうな、活気あふれる、おとなりさん。

博多港からは高速船。

下関からは連絡船。

●北九州空港からは、1日2往復 片道50分の定期便が就航中。
日帰りも不可能ではない(強行スケジュール?)

pusan3.jpg

ヨーロッパの言葉ではなく、アジアの言葉を学ぼうと思ったのも、
九州(福岡県)に住んでいるからという理由から。


一番必要だと思ったし、韓国のことも中国のことも、
もっともっと知らなければいけないと今でも思っています。

ハングル弁論大会の受賞者の景品は、たしか韓国旅行のチケットでしたヨ。
あなたも来年、挑戦してみませんか???

「チャーリーさん」からコメントが入っていたのは、
仕事帰りにもらって帰ったチラシをもとに、
JAの感謝祭の記事を書いた時で、ハングル弁論大会の前でした。

あっ、「足立sunnyさん」じゃないですヨ。
関東のカレは、あいかわらず洋書関係のブログが忙しいようで、
ゴガクルの日記も、たま~にしか更新されてません(笑)

「チャーリーさん」の本名は高田さん。
FMキタキューのパーソナリティーもしています。
西日本工業大学の大学祭で、惜しくもハズしてしまった
「ギターのカレ」です。


simada2.jpg


受付でプログラムと一緒にいただいた、このパンフレット。
「あれ、この日、このタイトル、なんか記憶にある・・・。」

●平成25年1月12日(土) 15時~17時

黒崎ひびしんホール・担当:島田さん


「ああっ、チャーリーさんのコメントの人だ!!」

第二部の、講座間交流の審査委員長でした。
日韓交流連絡会会長:島田 清さん

ものすごい偶然に、一番驚いたのは私です。


講評のあとで、ちゃっかり【日韓青少年音楽交流会】のこともPRなさってました。
"音楽は世界の共通語!
音楽を通じて草の根交流の輪を広げよう!"


simada.jpg


「チケットを持ってる」というので、その場で1枚、買い求めました。
入場料:大人1、000円。
交通費の方が高くついちゃうけど(笑)


名刺を交換して、高田さんのお話もして・・・。

帰宅後、チャーリーさんから頂いていた名刺を引っ張り出して、
お礼と報告の電話を入れた彼も驚いてました。


●ご縁に、感謝!!

休憩を挟んでの、第2部は「講座間の交流」

4チームが出場しました。

●「歌・世界に一つだけの花」・・・クラブチャンミ

tyannmi.jpg

スマップの、あの名曲を韓国語で。
おそろいのチャンミの造花がまた、可愛らしくって。


●「コント・握手、サイン、そしてハグ ケンチャナヨ」・・・メファ(梅花)クラブ

ヨン様もどきに変装して、サインを求められる熟年男性。
女性陣も迫真の演技で、だいぶ練習をされたようです。
ゲラゲラ笑いながら見てました。


konto.jpg


●「歌・K-POP」・・・下関中等教育学校
元気ハツラツ、制服姿の女子学生のダンスは注目度NO.1
このままデビューしても大丈夫かも???

●「寸劇・浦島太郎」・・・山口県立大学

♪むっかし、むかし、うらしまは~♪
男性:「うらしまは。」 女性:「うらしまは。」

場面が変わるタイミングでの、この掛け声とアクション。

なんともいえない、ほのぼのとした男女のコンビでの寸劇、サイコー!!

浦島太郎のおふたりが「アリラン賞」を獲得しました。

今年の弁論者は7名。


タイトルだけでもご紹介したい思います。

①「祝婚歌」

②「私の師匠は"銭湯のアジュンマ"」

③「明日は来るから」

④「運命的な出会い」

⑤「心と言葉」

⑥「韓国語を使う職場で感じること」

⑦「韓日再発見」


benron3.jpg


【審査基準(制限時間 5分以内)】

原稿内容(30点)
表現力(30点)
マナー(30点)
聴衆反応(10点)

※ 5分を過ぎると15秒につき5点減点。

※ 同点の場合は審査委員長が決定する。


benron6.jpg

博多港国際ターミナルにお勤めの、こちらの男性が
今年度の最優秀賞を獲得しました。

●「おじさん、韓国語上手いね。」と声をかけられるのは
ちょっとビミョー。まだ若いのに・・・(笑)

東日本大震災の影響で、韓国人観光客がたくさん減った時期もありましたが、
最近、少しずつお客さまも増えてきているとか。

嬉しいですね。

【第11回北九州ハングル弁論大会】は、1部と2部に分かれています。
昨年のプログラムを見ても同じです。

tika.jpg


13:30 主催者側挨拶 :実行委員長 金 桂満
      来賓・審査員紹介
      審査基準説明

13:45 第1部 ハングル弁論

14:40 休憩

14:50 第2部 講座間の交流

15:40 全体講評
      成績発表および表彰式

16:00 お楽しみ抽選会

16:15 閉会宣言 実行副委員長 朱 文洪


●大会終了後に来賓・出場者・実行委員全員で記念撮影を行う。

ouenndann.jpg


応援団もスタンバイ OK!!

さあ、ピリリと張り詰めた雰囲気の中、ハングル弁論のスタートです。

トップバッターの 다카마쓰 유키오씨 화이팅!!(ファイティン:ファイト!!)

金先生、関係者のみなさま、大変長らくお待たせしました。

やっと、11月25日に北九州市八幡東区で行われた
【第11回北九州ハングル弁論大会】のレポートにとりかかります。

benron1.jpg

「JR鹿児島本線の快速って、八幡駅にとまるよね、きっと。」

西小倉駅で乗り換える時に、ひとりでブツブツ言いながら、
でも自信がなくて、「とまらなかったらどうしよう。」

八幡駅で降りるのは、どれくらいぶりだろう。


高校生の時、天文部のみんなと、
桃園のプラネタリウムに行った時以来かもしれない。


あの時は、そのあと路面電車で移動して、
今は「到津の森公園」となってる「いとうづゆうえん」に行って
みんなで遊んで帰ったような記憶が、かすかに・・・。


弁論大会の場所は、八幡東生涯学習センター講堂。
初めての場所なので、この日も少~し早めに
自宅でお昼ご飯を済ませて会場に向かいました。


benron2.jpg


小倉北区白銀の韓国料理店【和央】での勉強会で、
2回ご一緒したhayashiさんがスーツ姿でお手伝いしていました。

いつもラフな格好しか見てなかったから、
声をかけられてもわからなかった。失礼!!(笑)

初回から、この大会の実行委員長をなさってる金先生の【ご挨拶】は、
ゴガクルの日記で全文、紹介しています。

●勉強仲間には、是非読んでもらいたかったので。

受付には昨年のプログラムもあったので、そちらも買い求めました。


日記の次の日のページには10回大会の【ご挨拶】も載せています。
よろしければ、合わせてお読みください。


当日のこぼれ話を、もうひとつ。

「お好み焼き おがた」での大望年会。
私はお酒を飲まないので、お二人を送って帰る段取りでした。

もちろん町内の奥村さんのところが先です。
車内でね、こう、声をかけてくださったんです。

「時間が許すようでしたら、お茶を飲んでいってください。」

もうかなり遅い時間でしたが、しっかりとお言葉に甘えました。

niji3.jpg

お座敷の仏壇にお参りし、フスマに書かれた作品を拝見し、
おこたに入って、ご家族のみなさんとご挨拶をし、
今までのこと、これからのこと、いろいろと聞かせてもらうことに・・・。

資料としてお手製のファイルと立派な冊子を2冊いただきました。

●骨髄バンクチャリティー
第9会オープントーナメント
全世界空手道選手権大会の本には、長渕剛氏のメッセージや、
全国の道場案内も載っていてサイコー!!

お手製のファイルには新聞や雑誌の記事がてんこ盛り。
昨日は、双子のお兄さんの海外出張レポートをみっちりと読みました。

niji4.jpg


今すぐというのは無理かもしれないけれど、
中国語や韓国語の勉強をこれからも続けて、勉強仲間も巻き込んで(?)
「日中友好」のお手伝いができればいいな~と、改めて思いました。

平成24年11月30日(金) 
【みやこNET 大望年会】
あいかわらず、レポートが早い猪かあちゃんと、井上幸春町長。

fukiageさんてば、変換間違いしてるぅ。
「忘年会が望年会になってる」・・・と真っ先に思いましたが、
これは意図的でしたね(笑)

どれどれ、会費は1、000円ね。
会場は「お好み焼き おがた」
お友達を誘ってもOKみたい。


そこでピンとひらめいて、早速2人に声をかけました。

新極真会の奥村啓治さんと、北村先生。

niji2.jpg

奥村さんが犀川に帰ってきてることはFacebookでやりとりしていたので、
知っていましたが、まだ直接お会いしたことはありませんでした。

【色紙を頂いてたので、そのお礼に招待したらどうだろう???】

中国に行ってしまう前に、どうしてもお話を聞きたい!!

1年半以上前に、新聞の記事を読んだあとブログの記事を書いた、
あの時の思いを実現させるのは今しかない!!

●思い込みが激しいでしょ(笑)

ものすごく厚かましいお願いにもかかわらず、承諾してくださいました。

niji1.jpg


今年の1月、京都ホテルでの「日中友好協会」のイベントで、
関係者の方や、西日本工業大学の井上先生を紹介して下さったのは北村先生。

この2人をどうしても、引き合わせたい。
みやこ町で頑張ってる人たちを見てもらいたい。
母にもまだ、ちゃんと紹介してなかったし・・・。

ということで、北村先生も誘ったところ、OKの返事をいただきました。


幹事役のfukiageさんと、料理の準備で人数を把握しておかなければいけない
猪かあちゃんにだけ、こっそり連絡して、あとの皆さんには内緒。。。


●みやこNET 大望年会当日の、サプライズ。

それにしてもすごいメンバーが揃ってましたね~。


講演の後は、食事をしながらの歓談タイム。
ちょっと小ぶりの、おいしそうなお弁当。
最近はボリュームがあるのよりも、こっちの方が好き。

otemoto1.jpg

お茶と、缶ビール(350ml)もついていました。

あちらこちらで、おしゃべりが弾んでいます。


otemoto2.jpg

食事が終わって、閉会になり、
みなさんが帰り支度をしているにもかかわらず、
こちらのおふたりはまだ、なにやら話し足りない様子(笑)


【まちネット人ネット九州】の安東理事と、山内先生でした。

八幡は、わかる。 広畑ってどこだろう???

●北九州文化懇話会 平成24年11月例会

北村会長の講演のタイトルは
【非計画的都市と計画的都市づくり】
 ~工業都市広畑と八幡~

ご自分で作成されたスライド(パワーポイント)約40枚を
パソコンの操作をしながらの約1時間の講演。


hirohata3.jpg

最初は自己紹介のページから。

工学博士 北村速雄(1941年生)
NPO法人 まちネット人ネット九州代表
九州都市学会会長・苅田まちづくりカレッジ学長 etc...

「まちづくり40年・奉仕が続く」

研究の目的、言葉の意味、銑鋼一貫製鐵所分布。

トニーガルニエさんって言われてもわからない。。。

hirohata4.jpg


【計画的都市】
将来の町の変化を予測し、それに対応したまちを
事前に準備すること・・・姫路市広畑
調査・長期   財政・法制


【非計画的都市】
場当たり的で将来のことより、
直近の現状解決を優先・・・北九州市八幡
短期・限定   財政困窮

ありゃ~、八幡は、悪い例だったのね。
今回は時間が足りなくて、広畑の説明だけで終わったので、
またいつか続きがあるのではないかと期待しています。


それでも時間オーバーで、馬渡さんからチラチラ睨まれていたみたい(笑)


このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04