最優秀賞は、この方でした。

今年の弁論者は7名。


タイトルだけでもご紹介したい思います。

①「祝婚歌」

②「私の師匠は"銭湯のアジュンマ"」

③「明日は来るから」

④「運命的な出会い」

⑤「心と言葉」

⑥「韓国語を使う職場で感じること」

⑦「韓日再発見」


benron3.jpg


【審査基準(制限時間 5分以内)】

原稿内容(30点)
表現力(30点)
マナー(30点)
聴衆反応(10点)

※ 5分を過ぎると15秒につき5点減点。

※ 同点の場合は審査委員長が決定する。


benron6.jpg

博多港国際ターミナルにお勤めの、こちらの男性が
今年度の最優秀賞を獲得しました。

●「おじさん、韓国語上手いね。」と声をかけられるのは
ちょっとビミョー。まだ若いのに・・・(笑)

東日本大震災の影響で、韓国人観光客がたくさん減った時期もありましたが、
最近、少しずつお客さまも増えてきているとか。

嬉しいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2296

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2012年12月 7日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「①ハングル弁論の部」です。

次のブログ記事は「②講座間の交流」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04