黒崎井筒屋

翌、1月12日(土)は仕事が休みで、
楽しみにしていた【第2回 日韓青少年音楽交流会】の日です。

ハングル弁論大会の時に会場で、
島田実行委員長からチケット(1、000円)は購入済みでした。

「黒崎ひびしんホール」で15時~17時。
午前中に家事をできるところまで済ませ、
昼食をとり、JRの日豊本線と鹿児島本線で「黒崎」まで・・・。


oritosome2.jpg

初めての場所なので、少し早めに出たのと、
列車の接続が良かったのと、しかも鹿児島本線は快速だったので
1時間位早く黒崎駅に到着しました。

改札を出て、ぐるっと見渡すと左手側には「黒崎井筒屋さん」
垂れ幕には「片岡鶴太郎 織と染 美術展」とあります。

気になるので、フラリと行ってみました。
エスカレーターで6階まで。

●こじんまりとしたギャラリーに、片岡鶴太郎さんの作品。

絵画とはまた違う質感と雰囲気。
お値段もよかったです。

とてもじゃないけど、手が出ないので、
今回は目の保養だけ・・・(笑)


oritosome1.jpg

鶴太郎工房【苺庵】15年の集大成
~鶴太郎が京都・西陣の伝統を表現する締めくくりの彩展~

約30点とありますが、売約済の作品もありましたね。

●十一面観音さんと、七福神さん。
まったくの偶然でしたが、お会いできてよかったです。

記念にだるまさんが描かれたハガキをいただいて帰りました。


1月14日(月・祝)となってます。
明日が最終日ですが、お近くに行かれる方、立ち寄られてはいかがですか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2404

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年1月13日 22:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「communication」です。

次のブログ記事は「皿倉山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04