皿倉山

yahatagawa.jpg

●「皿倉山」の由来

その昔、神功皇后がこの山に登って国々を見渡していたところ、
下山の時には夕暮れで夕闇が深まっていたため、
「更に暮れたり」と言われたと伝えられています。

そのため、この一帯が 更暮山 または 更暗山 と
呼ばれたことに由来すると言われています。

 ~北九州市 観光ガイドブック「もりたび」もり情報より~

都市学会の会場でいただいた資料が、こういう時役にたちます(笑)


ハングル弁論大会の会場の最寄駅は「八幡」だったので、
皿倉山が真正面に見えました。
いつかご紹介したいと写真だけずっと残してました。


日韓青少年音楽交流会の会場の最寄駅は「黒崎」です。
駅前から皿倉山をパシャ。


kurosakigawa.jpg

二枚そろって、ここでお見せできてなによりです。

~標高622メートルの山頂まではケーブルカーと
スロープカーで登ることができます。

市内を一望できる夜景が素晴らしく、
「新日本三大夜景」の一つに数えられるほど。

まさに100億ドルの夜景というキャッチコピーに
ふさわしい眺望です。~

これもお土産でいただいた【北九州市花咲きかるた】という
冊子より説明文を引用しました。

夜だけでなく、昼間もおすすめです。
防寒対策はしっかりと・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2405

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年1月13日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒崎井筒屋」です。

次のブログ記事は「「島田さん」と「高田さん」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04