宇留津の「須佐神社」

さて、ここで問題です。
和光展の会場の、コスメイト行橋を出たあと、私のとった行動は?

①そのまま買い物をして帰宅。

②思いつくままフラッとドライブ。


って、タイトルに答えが出てるじゃん(笑)

せっかくなので、築上町宇留津(うるづ)まで車を走らせました。

uruzu1.jpg


築城駅の先、「東八田交差点」から左折して、海側へ。
中津方面からだと、築上町役場前の信号を右折するのがベストです。

資料がないかなと【築上町ふるさとガイド】研修の時の
プリントをあさっていたら、山内先生が用意してくださってた
ちょうどいいのが見つかりました。


"鬱蒼(うっそう)と繁る森林の中に社(やしろ)が鎮座し、
境内の楠の大木が歴史を感じさせる。

横には稲荷(いなり)大明神が祀られており、
他にも石の祠(ほこら)の中には当地方では珍しい
線刻一石宝筐印塔(ほうきょういんとう)の供養塔などがある。

刻まれているのは地蔵尊であろうか。
地元の人々の素朴な信仰を感じる。"


uruzu2.jpg

手前にある【塩田沼(えんたぬま)】の碑と案内板に見覚えがあり、
「あ~っ、ここ、来たことがある!!」


●ふるさとガイドの研修で、バスで山内先生やfukiageさん、
トラさんたちと一緒に回った場所でした。

「あの時は駐車場で、京築観光バスの社長と立ち話をしていて、
境内まで入っていかなかったしなあ」と、
車を降りながら、ひとりで苦笑い・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2441

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年1月25日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「夢現さん」 と 「幽玄さん」」です。

次のブログ記事は「行橋まち探検」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04