うずめのきもち

うずめさんとの出会いは、約2年前:ブログの講習会でした。
場所はここ、犀川駅の二階の「月曜日の文章力講座の日」

【伊良っしゃい・夢水車】のタイトルで、
伊良原のことを時々教えてくださいます。

いちばん覚えてるのは、火事があった日のこと。
みんなで炊き出しをしていましたよね。

uzume4.jpg

この日の昼食は「うずめの会」さんによる
犀川の旬の食材たっぷりの昼食バイキング。

おいしそうなお料理がズラッと並んだ写真は、
井上町長の3月9日(当日)のブログの記事でチェック済みのはず。

盛り付ける器もシャレてるでしょ?
厚みもあって、いい感じでした。


uzume3.jpg


お箸の袋には、こう書かれています。

"箸は甘味・苦味・渋味を噛むもの"

"田舎の手料理しかできませんが精一杯の気持ちを
お届けできればと思っています。

伊良原のおいしい水・米・自然を
お感じ下さればしあわせです・・・うずめ。" 


 
折り紙で作られたケースの爪楊枝も
お箸の袋に、ちょこんとセットされていて・・・。

駅弁についているような取っ手付きの容器のお茶も
各人にひとつずつ用意してくださってました。

このラベルが、またすごく良くて。


「うずめのきもち 寒茶」
冬の茶葉は芽立ちのために たっぷり栄養を蓄えています。
一枚一枚丁寧に摘み 蒸した素朴なお茶です。

手づくり茶   うずめの会

食後、食器とお茶の容器をゴミ袋に捨てようとしていた方に、
「よろしければ、お茶のおかわりを入れてお使いください」と
さりげなくうながしていた、うずめの会のお母さん。

朝早くから準備が大変でしたね。
ごちそうさまでした!!


おなかペコペコだったので、おにぎりを4つ
先に食べ、他のおかずがあまり入らなかったのは、
ちょっと失敗だったかも(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2609

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年3月16日 23:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京築神楽 (けいちくかぐら)」です。

次のブログ記事は「まち歩きのススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04