京築ふるさとまなびトーク

「なにか質問がありましたら・・・。」

NPO法人 北九州タウンツーリズム:大内田理事の講演の最後、
手をあげたのは、美夜古郷土史学校事務局長の山内先生でした。

次のプログラムでは登壇予定なのに、会場の模様替えの為の
わずかな休憩時間にもかかわらず、
しっかりと大内田さんと名刺の交換までなさってましたヨ。


mandara1.jpg


ステージ上に机と椅子が用意され、
お次は【京築ふるさとまなびトーク】

「ふるさとガイドで京築を元気に!
 まなび、伝え、そしてつながる。」

向かって右端の方から紹介していきましょう。

一番端っこに離れているのが トーク案内役の吹上剛一さん。
(みやこ未来活性化協会)
 fukiage先生といった方がピンとくるかな?

続いて、4名並んでいる登壇者の方たちね。

●みやこ未来活性化協会:清水年秋さん。

●ふるさとガイド認定者:吉武正一さん。

●ふるさとガイド講師:山内公二さん。

●修験めぐり塾事務局:原賀いずみさん。


でも、この4名以外にも、会場内にはまだまだたくさんいらっしゃいました。
4人の方にひととおりお話を聞いた後、会場にマイクを振った吹上さん。

苅田町の○○さん・行橋市の○○さん・築上町の○○さん。
豊前市の○○さん・吉富町の○○さん・上毛町の○○さん。

とても見事な演出で、
「会場全体がひとつになってる」と、感じた瞬間でした。


mandr2.jpg


※「高速道路で京築は変わる」

※「市町村の垣根を取り除く - 京築はひとつ - 豊の国はひとつ」

山内先生の資料の、この言葉に尽きますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2619

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年3月18日 20:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まち歩きのススメ」です。

次のブログ記事は「ふるさとガイドの、ワークショップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04