桜の名所:足立山麓

「足立の山から文化の風を」

あまり詳しく知らないので、以前いただいて帰った
【足立山麓文化村】のパンフレットより紹介していきましょう。

adati3.jpg

「狛犬」じゃなくって、「いのしし」なのがわかりますか(笑)

■和気清麻呂と妙見神社

足立山は、怪僧道鏡の天皇家乗っ取りに身を挺して戦った
和気清麻呂の伝説の地としても有名です。

宇佐神宮へ御神託を伺う途中、道鏡の追っ手に襲われ、
足の腱を傷つけられた清麻呂は、竹和山の冷泉に浸ったところ、
たちどころに傷が癒えたと伝わっています。

以後、竹和山は足立山と呼ばれるようになりました。

(へえ~、もともとは竹和山っていう名前だったんだ。)

adati4.jpg


■足立公園

平尾台から門司の風師山に至る一帯は、北九州国定公園に指定されています。

足立山は、その南側にあり、都心に近い森林公園として市民に親しまれています。

(あちこちで「猪に注意」の看板を見かけました。)


山麓には、小笠原藩の菩提寺である広寿山福聚寺や圓通寺、
和気清麻呂ゆかりの妙見神社、葛原八幡神社、
桜の名所として知られる森林公園・平和公園・安部山公園等があります。

足立山に連なる小文字山では毎年、8月13日夜のお盆の迎火として
小文字焼きがおこなわれています。

(「大」の字じゃなくって、ここでは「小」の字なのです。)


そして、調べたかった【中津街道】の説明もありました。

■中津街道(豊前の街道)

江戸時代、小倉城下から足立山麓を経て中津城下へと続く道は
中津街道と呼ばれ、豊前の2つの拠点を結ぶ主要道でした。

足立山麓には、国道10号沿いに中津街道が残り、
かつての面影を今に伝えています。


「歴史とロマンの街道」たどってみたくなったでしょ?
一気には無理なので、そのうちまた少しずつ・・・。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2647

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年3月26日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北九州の、足立山」です。

次のブログ記事は「目印の「掲示板」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04