閉講式の扇風機(行橋市民大学)

「閉講式の式典」の開始時間に
間に合うように会場に行ったので、
飛野氏の講演は、廊下からチラッと覗き見(笑)


takada1.jpg


なかなかレトロな扇風機でしょ?
会場内には他にも数台、総動員でフル稼働してました。

【閉講式次第】

1、開式のことば

2、市民憲章唱和

3、学長あいさつ

4、来賓あいさつ及び紹介

5、閉式のことば


takada2.jpg

「来賓のあいさつ」の時、師匠は、
エアコンが効かなかったことを受講生のみなさんに詫びていた
職員と学長の言葉を受けて、こう切り出しました。


"みなさんの(我々の)子供の頃は、
クーラーなどなかったですよね。
暑いのが当たり前だったのです。
その中でみんな勉強をしてきたのです。"

そう、私の子供の頃(昭和40年代)も、そうだった。
夏休み、小学校の校庭でのラジオ体操から帰ってきて、
朝ごはんを食べた後、部屋の窓を開けてただけだった。


扇風機は家に一台あったか、なかったか?


う~んと暑い日、顔を思いっきり扇風機の前に持っていって、
【弱・中・強】とあるデカイ押しボタンの切り替えを、
【強】にして涼んでいたら母から注意されたっけ。

「頭が痛くなるよ。」


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/2914

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年7月 7日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行橋市中央公民館」です。

次のブログ記事は「「風景にきづく 景観にきずく」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04