2013年10月アーカイブ

三原文化会館にちょっと寄った時、
パンフレットをもらって帰りました。

ykhs1.jpg

平成25年度 行橋市歴史資料館企画展
【在郷町を彩った人々】

"「ゆくはし」は来年、市制60周年の記念の年を迎えます。
そこで、今回の企画展では現在の「ゆくはし」の礎となった
江戸時代の行事や大橋の在郷町の歴史を辿ってみたいと思います。"

                 ~パンフレットより~


開催期間:10月26日(土)~12月8日(日)
会場:行橋市歴史資料館[コスメイト行橋2階](観覧無料)

ykhs2.jpg

なお、11月16日(土) 13時~15時は
[行橋市中央公民館]での記念講演会も予定されています。
講師は行橋市文化財調査委員の永尾正剛(ながおまさのり)氏。
地図を載せておきますので、お間違えのないように。


※お知らせ
ブログのカテゴリーの見直しを行いました。

今まで「日豊線沿線」や「平成筑豊鉄道沿線」に、
放り込んでいた記事を、仕分けしただけですが・・・。


「福岡県行橋市」「行橋市民大学」「ふるさとガイド」
「みやこ町(勝山)」「みやこ町(犀川)」「みやこ町(豊津)」

●「NHK大河ドラマ」というカテゴリーまで、あるんですヨ(笑)

「ふるさと私記」海鳥社
著者の光畑浩治さんは行橋の方です。

kohata1.jpg

先日、偶然ですが、お話をする機会があり、
その時に教えていただきました。

「ふるさとしき」の「しき」はてっきり
「四季」だと思ったのですが「私記」


後日、図書館(の分館)でふと【郷土史コーナー】を見ると、
あったんですね、ちゃんと。めぐり合わせかもしれません。


【行橋】のことを、う~んと身近に感じる本です。
もちろん、京築エリアの他の市町のことも書かれてて・・・。


●この本を読んでからガイドブックを見ると、なおさらよくわかります。

私にとっての「ふるさと」は、
やっぱり(旧)国鉄:田川線時代の犀川駅であり、
硬券の切符や、通学用定期券であり、
体育館の前のお好み焼き屋であり・・・。

kohata2.jpg

この角度からの「馬ケ岳」は、ちょっとおすまししてるみたい。
見慣れている今川土手方向からとは、また違う顔。

近々、この山に登ることになりました。
(お天気しだいですが)


どれどれ、先日の行橋市民大学の資料でちょっと予習と復習を。


とんがってる方が「二の丸」で、平らな方が「本丸」
同じくらいに見えるけど、本丸の方が10M位高いんでしたよね。

体力なし、へっぴり腰、登山初心者。
ああ、見事に三拍子そろってる。。。
果たして大丈夫だろうか(笑)

本丸の中央当たりに、ひょこっと見える1本の木が、
なんだかとってもお茶目です。

"音楽がこころをつなぐまちづくり"
2013 苅田音樂会 

今年も苅田町中央公民館に、
このメンバーが、やって(帰って)来ます。

kma2013.jpg


ギタリストの吉田次郎さんと、ステキな仲間たち。
ベースの坂井紅介さんに、ドラムの村上"ポンタ"秀一さん、
サックスのオレ・マティセンさんに、
ピアノのバーナー・ガーウィックさん。


スペシャルゲストは、マリーンさんで、
司会進行は MC BUTCHさん。


去年のコンサートの様子はこちら


マリーンさんのステージはチャーミングで、
ブッチさんの司会も抱腹絶倒で・・・。

S席:2,500円 A席:2,000円 B席:1,500円
親子席:3,500円(B席のみ)

この価格で、これだけの豪華メンバーのステージ。
はっきり言って「お得です!!」

日時:11月24日(日曜日) 開場14:30 開演15:30

前日の11月23日(土曜日)の夕方には、30分だけですが、
【公開リハーサル】も予定されています。
(16:30~17:00)都合による時間変更あり

kma20131.jpg

"世界で活躍する苅田町出身の音楽家・吉田次郎を中心に
町民が企画、制作、出演までをこなすワンダフルな音楽会。

2回目の今年は出演参加者も増え、内容もグレードアップ。
アマチュアメンバーがトッププロの懐へ本気で飛び込み、
吉田次郎アレンジの洒脱なハーモニーに挑戦します。

さらに今回、苅田町出身のジャズトランペッター高瀬龍一も加わり、
苅田アイデンティティーあふれるクロスカルチャーなステージの予感。

世代を超え、地域を越え、ココロの音をつなぎます。"

                  ~パンフレットより~

今週の火曜日(10/22)から今日(10/26)まで、
三人の候補者が「この町の将来」の為に、
アツイアツイ戦いを繰り広げています。

matisen1.jpg


こちらにはこなかったけど、2つの台風の影響で、
雨の日が続き、候補者はもちろん、
ご家族や支援者も大変だったと思います。


京築(築上郡)の上毛町は、その日の内に新町長が決定しましたね。


matisen2.jpg


「恵まれている」と、よく言われます。

空港があり、大企業の工場もあり、ゴミ袋も配布されている。
買い物する場所も多く、コニュニティバスも運行してるし・・・。

あっ、でも、駅の評判はよくないかも(笑)
 
立派になって使い勝手が悪い「苅田駅」と、
駅周辺も含め、危険で不便な「小波瀬西工大前駅」


●さあ、明日は投票日。

この町の住人は、果たしてどういう判断を下すのだろう。
即日開票なので、深夜前には「舵取り役」が決まります。


10月最終金曜日。
新講座がスタートして、はや1ヶ月。
みなさんついていけてますか~?
来週は(多分)今週の再放送ですヨ。


cdr.jpg


ラジオ講座の放送時間がバラバラなので、
外出しても大丈夫なように、数日前、
ちょっとだけ学習環境を改善しました。


●アンコール講座は11時からなので、ちょっと中途半端。
しかも1日に1回しかない。
聞き逃したらアウトです。
(基礎英語や英会話タイムトライアルは1日3回放送されるのに・・・)


french.jpg

でもテキストが1冊にまとまってるし(ズシッと重くてちょっとプレッシャー)
過去(前年分以前)の再放送なので、講師の声にも内容にも、
なじみがあるので、これに決めました。(テキスト代も安上がりだし)

毎週「初級編」と「応用編」と混在してるけど、
来年の春までは「初級編にだけ」ついていけたら上出来です。
ただでさえ、欲張りすぎてるんだし・・・(笑)


平成25年10月23日(水) 18:00~
特定非営利活動法人【まちネット人ネット九州】の
理事・監事会。みんなが顔をそろえるのは久しぶり。


そろそろ、また動き出しますよ~。

まちづくり塾&新年会の日にちの打ち合わせや、
これから各地で開催されるイベント情報の交換 などなど。


●行橋市出身の九十九真一さんの絵画展が
11月28・29・30日と、北九州の
「市立130銀行ギャラリー」で開催されること。

●ワイズメンズクラブの例会が
11月8日(金)苅田町のスカイホテル苅田で
「3クラブ合同」で行われること。 


godoreikai.jpg


福岡中央・博多オーシャン・北九州の3クラブの
メンバーとゲストで何人くらいになるんだろう???


【北九州ワイズメンズクラブ】の田中会長は当NPOの会員です。
ペンネーム:宮川詩麻さん エッセイスト・小説家

著書の「小説 田原淳(すなお) いのちの光」は、
心臓ペースメーカーの父と言われる田原氏の
生涯をテーマにした小説です。

著作の映画化の話もあるようですヨ。
作詞家としても活躍されてて、憧れるなあ。


この10月からスタートしたテレビ講座
【しごとの基礎英語】NHK Eテレ(教育テレビ)
平日 夜22時50分~23時までの10分間の番組です。

(再放送は月曜深夜1時25分~2時5分:前週の4回分)
録画をするなら、こちらがオススメかも。

その番組の講師が、大西泰斗先生。

majikaru1.jpg

「ハートで感じる英文法」「英語はこころ」
やりなおし英語で、図書館で本を手当たり次第に借りまくっていた時期に、
大西先生の本に出会って、すっかりファンに・・・。

ゴガクル1年生の3学期、ちょうど「3か月トピック英会話」で
【ハートで話そう! マジカル英語塾】が放送(再放送)されたので、
いいタイミングで勉強することができました。

当時の日記にも、ちゃんと証拠が残ってますヨ。

majikaru2.jpg

いま放送中の【しごとの基礎英語】のテキストは準備してないけれど、
あちらこちらに、この時教わったことが出てくるのです。

●例えば、プレゼンテーションが終わったとき、
会場からの質問を受けるとするとします。
さあ、あなただったら、どちらを使う?

Do you have a question?
質問ありますか?

Do you have any questions?
質問あるかな?(なんでもいいんだよ、何か質問は?)

■any のイメージは「選択の自由」

anyone(誰でも),anybody(誰でも),
anywhere(どこでも),anytime(いつでも)
すべて「どれでもいいよ」ってことなのです。

         ~マジカル英語塾 Unit5「 冠詞類を征服しよう」より ~

野田兼司さんの著書のご紹介。

noda3.jpg

数字の桁数の数え方。

いち じゅう ひゃく せん 
まん じゅうまん ひゃくまん せんまん
いちおく じゅうおく ひゃくおく せんおく ・・・

このへんになると我々庶民には縁のない数で。

24桁の数字 わかりやすいように四桁ずつ区切ってみました。
カンマをつけるのは3桁ずつですね。

3974 2525 1465 1846 2095 2961

397,425,251,465,184,620,952,961

億 の上が 兆 で
兆 の上が 京 で
京 の上が 垓 。


で、この本のタイトル【参千垓の謎】
さんぜん きゅうひゃく ななじゅう よん がい・・・と続きます。

"企業が土壌汚染を起こすサスペンス小説"

"どこまでがノンフィクションで、
 どこからがフィクションなのか?"

noda4.jpg

「読書の楽しさを伝え、災害の多発する時代にどう生きるかも考えてほしい。
 小説続編を書く体力はないが、来る日まで平凡な日々を楽しみたい」

               ~前回に引き続き 新聞記事より抜粋~

  

二日続けて、行橋市民大学講座を受講。

金曜日は【男の美学・女の美学講座】です。
木曜日は【歴史ロマン探訪講座】で、
水曜日は【健康ライフ講座】となっております。

noda1.jpg

「方丈記」~無常の美学~ のタイトルで
小説家の野田兼司(のだけんし)さんからたっぷり120分。

聴講生として行橋市民大学の講座に参加していたら、
高田先生から「講演を・・・」と口説かれたって(笑)

●当日の毎日新聞(京築版)にも、ご本人の紹介記事が出ていましたね。
野田さんは「みやこ町」の方なのです。


聴講生は、この日も会場いっぱい、
用意していた資料も足りなくて、あとから追加してました。


よどみなくスラスラと読み上げられる、あの有名な出だし部分。
学生の頃、国語の先生から暗記させられましたっけ。


"ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、
 久しくとどまりたる例(ためし)なし。
 
 世の中にある、人と栖(すみか)と、又かくのごとし。"


noda2.jpg

「死を目の前にし、作品に込められた無常観が身に迫った。」

「その中で喜びを見出し、限られた命を楽しむことにも気づいた。」

                   ~新聞記事より抜粋~


終了後、ご本人と少しだけお話しする時間がありました。
来月、がんの再手術をなさるという。

辞退されずに、この日の講演に向けて準備を進め、
無事に終えた野田さん、どうもありがとうございました。


手術の成功をお祈りします。

市民大学の講座を受けるために、
行橋中央公民館まで行ったので、
【コスメイト行橋】まで足をのばしました。

二階には【行橋市歴史資料館】があります。
資料館の館長は、先日の講師の山中英彦さん。

paneru1.jpg

一階の入り口の目の前、ロビーにて、
山内公二先生の「新・京築風土記」
連載200回記念パネル展が行われていました。

2009年6月6日付の第1回の記事から
2013年10月11日付の第200回の記事まで、
順番にズラズラズラ~っと並んでいて壮観です!!

paneru2.jpg

"京築の文化、伝統、祭り、風景、人・・・。
記事の1行1文を追いながら、遠い歴史に思いをはせ、
地域の誇りを改めて体感してくだされば幸いです。"

     ~「ご来場の皆様へ」のあいさつ文より~


来館された方々が足をとめて、第1回目から順番に、
ひとつひとつの記事をていねいに読まれていました。


山内先生、おめでとうございます。
これからもお元気で、是非とも250回、
いえいえ300回と続けてください!!

行橋市民大学の講座を受けさせてもらいました。

ご存知でしたか?
一般からでも受付で住所と名前を書き、
受講料(資料代)100円払うと参加できるんですヨ。

さすがに次回の「研修視察」にはついていけないけれど・・・。


umaga1.jpg

【歴史ロマン探訪講座】第2回目
講師は行橋市歴史資料館の山中英彦館長で、
講演のタイトルが「官兵衛、又兵衛、忠興と馬ケ岳城」だったのです。

名前だけしか出ていない三人のフルネームをここで確認しましょうか。

●官兵衛・・・黒田官兵衛

●又兵衛・・・後藤又兵衛

●忠興・・・細川忠興

この三人と、馬ケ岳
資料はA3サイズ4枚、写真も交えての約2時間の講義は、
「みっちり、どっしり、大満足」の内容でした。

umaga2.jpg


開講式の時よりも多かったような気がします。
150人以上はいますね。


終了後、本講座受講生のみの説明があった時は、
前の方の席が半分くらい埋まってた状態だったので、
うしろのほうの席の人たちは私と同じように
一般から聴講に来た方たちだったようです。


来年の大河ドラマでにわかにスポットを浴びている「馬ケ岳」
学生時代は田川線の車窓からいつも見ていた。

職場は勝山だったので、そっち方面からだと
本丸に隠れて二の丸の方が見えなかった。


とんがってる方が「二の丸」で、
平らな方が「本丸」で・・・。

同じくらいの高さに見えるけど、
本丸の方が10mくらい高いそうで、
その事実を今日初めて知ったという・・・(笑)


コスメイト行橋2階にある行橋市歴史資料館では、
来年の1月から1年間かけて、
展示物を時折入れ替えながらですが、
「軍師官兵衛」関連の常設展示を予定しているそうです。
そちらも楽しみ!!


ホントは昨日ご紹介する予定でしたが、
やなせさんの訃報が飛び込んできたので、
1日ずれてしまいました。

46ji1.jpg

西日本工業大学 大学祭 
平成25年11月2日~4日 おばせキャンパスにて開催

【第46回 美夜古祭】祭大級~46時中盛り上がれ!~

毎年、実行委員会の方たちがタイムテーブルを同封した
案内を届けてくださいます。


46ji2.jpg

初日は13時~20時 LIVEフォークやキャンドルナイト

二日目は名物のプロコンサート(お笑いライブ)
今年のゲストは【流れ星&どぶろっく】ですね。
12時からで入場無料!!
(野外メインステージ 雨天時は総合体育館2階)


最終日はビンゴ大会にダンスショーに花火。
ほかにも楽しい企画が盛りだくさん。

去年は「沖縄エイサー」を見に行ったら
九十九先生がいらしてビックリしたっけ。

「FMきたきゅう」でパーソナリティーをしている
(ギターの)チャーリーさんとの出会いもありました。


そういえば、今年も来るって言ってたなあ。
11月3日かな? 11月4日かな?

「やなせたかしさん」の訃報を
テレビのニュースで知りました。

anpan.jpg

ずいぶん前に、UFOキャッチャーで夫がGETした
「アンパンマン」と「バイキンマン」

二度の引越しにもしっかりくっついてきて、
今の家では電話機の前にちょこんと並んで吊り下がってます。
こうして見ると、だいぶ汚れてるなあ。


baikin.jpg


「ジャムおじさん」に「食パンマン」に「ドキンちゃん」・・・。


イライラしてても、目が合うとニッコリしてしまう
やなせたかしさんの生み出したキャラクターたちとストーリーに
どれほど癒され、また教えられたことか。

どうもありがとうございました。
合掌。

町内にある公園で、名前だけは知っていたのですが、
行ったことはなく、たまたま通りがかったのでパシャ。

sinkai1.jpg


平日のお昼頃で、まだ暑い時だったので、
だ~れもいませんでした。

「へえ、ここは広域避難場所なんだ」

そうそう、自分が住んでいる場所の避難場所、
きちんと把握していますか?

先週の台風では、北公民館に自主避難されている方を
NHKのニュースで見ましたネ。

私の暮らすエリアでは、
てっきり地域(区)の公民館だと思っていたけど、
小高いところにある【コニュニティセンター】の方でした。


そこの隣の【西日本工業大学】も高台にあるため、
災害時の避難場所に活用するなど、
町と協力関係を深める「包括的連携協力に関する協定」を結んだと、
きのう届いた広報誌を読み知りました。

sinkai2.jpg


自分の住む町のことでも、知らないことがまだまだたくさん。

「大学の図書館も利用できればいいのにな~」と思っていたら、
「一般でも受付を通して入館でき、閲覧のみ可能」だと
フリーペーパーに出ていたので、早速行って、
おまけに食堂で定食まで食べて帰りました。

アサジさんのブログの「留学生の交流会」が行われた会場ですヨ(笑)

この町の図書館は、昨日まで蔵書整理で休館でした。

借りていた本の返却日が長くなったのはラッキーだったけど、
別の本のことを調べたりできなくて、やっぱり不便。

休み明けの今日、早速、近くの公民館(図書館の分館)に
行って来ました。

welc2.jpg

二階の図書館で、約1時間かけて、これから2週間読む本を選び、
一階のロビーの椅子にちょっと腰をおろして、早速パラパラ。

ホールでは、なにやらイベントの準備中。

【ウェルカム!かんだ 国際交流ひろば】でした。

「こんにちは」と声をかけられたので会釈すると、
苅カレでいつもお世話になっている職員さん。

午後から予定が入っていたので、参加できませんでしたが、
写真だけ撮らせてもらいました。

welc1.jpg

ホワイトボードには世界地図。

壁面には「タイ」と「韓国」
それぞれの面積や、お料理を紹介した模造紙も貼られています。

どれどれ、タイのお料理は「トムヤムクン」「パッタイ」「グリーンカレー」
韓国は「サムゲタン」「チヂミ」「タッカルビ」「ムッ」

次回は10月20日 【第5回交流会 日本を知ろう!苅田を知ろう!】
日帰りバス旅行(日本を知る旅)で、国東半島まで行く予定ですね。


座禅体験なども組み込まれていて、楽しそ~。

開講式は約30分。
そのあと休憩を少しとり、合同講座のスタート。

休憩時間に、とてもいい写真が撮れました。

nagomi3.jpg


西日本工業大学非常勤講師:岡田清隆氏 
(アートディレクター、イラストレーター)
福岡県立京都高等学校の美術の先生でもありますね。

「なごみの美夜古心(みやこごころ)~古代から明日を学ぶ」
実は私、予定があったので、岡田先生の講座は受けてないのです。。。
なので、昨日から少しずつ、こちらの本を読んでいます。


nagomi2.jpg


『豊の玉姫 御伽草子』
TOYONO TAMAHIME OTOGI ZOUSHI

巻末の参考文献の数の多さ。
京築の地名があちらこちらに登場し、
方言も心地よく、リズムに乗ってスラスラと読めます。

初対面でしたが、はにかみつつ、
とてもステキな笑顔で対応してくださった岡田先生。
どうもありがとうございました。

またどこかでバッタリ会ったら、是非お話を聞かせてください。


会場に着いたのが9時40分くらいでした。

顔見知りの方に声をかけ、高田先生にご挨拶と
写真撮影の許可をいただこうとしたところに
北村会長が到着(本日の来賓)
タイミング良過ぎです。

sewayaku.jpg

開会の言葉、受講生紹介、事務局員紹介・・・
式典はおごそかに進みます。

苅田まちづくりカレッジの今年度の入学者は十数名でしたから、
規模がまったく違いますね。

全員起立しての「行橋市民憲章の唱和」もありました。


sksyouwa.jpg

「本日は、まことにおめでとうございます。
(中略)
 どうですか、ここで学んで、はいサヨウナラではなくて、
 同窓会をつくってみてはいかがですか?」 

  ~来賓の挨拶より~


今までなかったのが不思議なくらい「ステキな提案」です。
「苅カレOB会との交流」も不可能ではないかも???

7月13日(土) 苅田まちづくりカレッジ
まちづくり学③の授業は、「周辺と市の社会教育の現状とニーズを学ぶ」

行橋市民大学の事務局の方が、境界線を越えて、
この【行橋市民大学】のことを苅田町でいろいろと教えてくださいました。


1010y.jpg

そのご縁もあり、今日は私が行橋市民大学の
平成25年度後期:開講式へ。

「健康ライフ講座」「歴史ロマン探訪講座」
「男の美学・女の美学」3コースの受講生は計149名。


1010o.jpg

ひとりずつ名前を呼ばれ、その場で返事をして立ち上がります。
同じ苗字の男性と女性は、もしかしてご夫婦での受講かな?
共通の話題で、夕食時の会話もはずみそうですネ。

嬉しいことがありました。
苅田まちづくりカレッジの同級生(matsuyamaさん)と会場でバッタリ!!


彼は、先日、みやこ町で行われた講演会にも行って勉強してきたとか。
在学中も熱心な方でしたが「かわってないな~」とニンマリ。


一般教養③【前期学習の終了にあたってみんなで語り合おう】

日程:平成25年10月9日(水) 19:00~

場所:苅田町中央公民館 第5研修室

講師:苅田まちづくりカレッジ 学長 北村速雄氏

zo2.jpg

苅田まちづくりカレッジ 7期生の授業を
一緒に受けてきました。


「今日は、学長としてではなく、
 まちづくりの専門家として みなさんと話をしたいのです。」
授業の始めに、そう切り出し、上着を脱ぎ、ネクタイをほどいた北村会長。


だからなのですね。
今日の資料がNPO法人まちネット人ネット九州代表
(福岡・北九州まちづくりアドバーザー)となっていたのは・・・。


zo1.jpg


ホワイトボードにサラサラと象の絵を描き、
いろんなとこに触れてみたら、どんな感想を持つ?


"一年時は理解度に重点、二年最後は関心度に重点。"

【学生の特権】をフルに活用するべきだと教わりました。

【町を知る方法】も教わりました。

文献調査としては・・・統計資料、空中写真、地図もある
映像・音響調査は・・・ビデオや写真、口述、音楽 etc...
実態調査もありますね・・・町並み、土地利用、施設風習


二年間のうちの1/4を経過した時点での今日の授業。
今までの内容に対する意見や、入学した時のみなさんの思い、
いろいろな話を聞かせてもらいました。


●「ここで学んだことを、家族や地域の人に還元することを期待しています。」


そう、だから私は、ここで学んだことを独り占めしないで、
このブログを通じてみなさんにも知ってもらいたいのです。


多分、今、台風がいちばん北部九州に近いところにある。
万一の停電に備えて、ラジオを2台準備。


itoi1.jpg

といっても、これらは、毎日ラジオ講座を聞くのに使ってる(笑)
黒い方は、夫が学生時代から使っていたもの。
小さい方は「草むしりのお供に」と、持って出るラジオ。

夕方からはテレビをずっと見てました。
北九州・福岡・熊本・佐賀・大分・宮崎・・・
九州の各県の放送局からの中継映像。

その中に混じって、災害時の心得などのコーナーがあり、
アナウンサーが合羽を着て強烈な雨風を体験していました。

「イトイヨウジ」 アナウンサー
「あれっ、どこかで聞いたことある名前だ」

声を聞いて、もしやと思い、ラジオ講座のテキストをひっくり返しました。

itoi2.jpg


今年の4月から9月まで半年間、毎週日曜日に聞いていた
【英語で読む村上春樹】 THE ELEPHANT VANISHES

出演:沼野充義(東京大学文学部教授)
Matthew Chozick(テンプル大学講師)

英文朗読:Eric Loren(俳優)
原文朗読:糸井羊司(NHKアナウンサー)

ラジオのみなので、ご本人を見たこともなかったのですが、
彼の「名前」と「声」に反応した自分にビックリ。

●ちょっぴり嬉しい出来事でした。


 

出先でちょっと気になってもらって帰っていた1枚のチラシ。

【第31回 まちづくり標語懸賞募集 応募要領】
そのテーマが ~人にやさしいまちづくり~

主催:まちづくり月間全国的行事実行委員会
後援:国土交通省


hyougo1.jpg


"我が国は、すでに人口減少社会・超高齢社会となっており、
まちづくりにおいても、高齢者が自立して暮らしていける環境、
子育て世帯が安心して子どもを産み、
育てられる環境の整備が不可欠となっています。

特に、高齢者が、できるだけ長く心身ともに健やかな生活を送るためには、
充実した公共交通やインフラを活用しながら、
ゆっくりとまち歩きを楽しめるような、
また地域のコニュニティ活動などに参加し、
生きがいを感じながら安心して暮らせるような
「人にやさしいまちづくり」が必要です。

このため、人にやさしいまちづくりについての合言葉を募集します。"

[①一般の部]と[②児童・生徒の部(中学生以下)]があります。

12月31日まで、まだまだたっぷり時間があるので、
秋の夜長に、ちょっと考えて、いいのが思い浮かんだら、
是非投稿しませんか?

●そもそも「まちづくり」ってなんだろう???


苅田まちづくりカレッジで教わったことを、
思い出すところからのスタートです。


hyougo2.jpg


参考までに直近の3回のテーマと特選作品はと言えば・・・。

第30回 ~歩いて暮らせるまちづくり~
①すぐそばに 暮らしの引き出しそろう町
②笑顔と暮らし 歩いて揃う僕のまち


第29回 ~地域で支える安全で安心なまち~
①安心が 窓から見える 僕の町
②ぼくのまち ほこれる住みよさ 二重丸 支える土台は 安全安心


第28回 ~新たな担い手たちが共に造り育てるまち~
①私達、作っちゃいます、私町
②みんなでつくろう やさしい町 楽しい町 大好きな町

う~ん、考えれば考えるほど、奥が深い。。。


昨日が雨だったので、心配でしたが、
日中暑いくらいでしたネ。

さあ、今日は苅田山笠の大きな見せ場!!


買い物に行ったりですっかり出遅れ、
会場の苅田町役場駐車場に着いたら、
宇原神社のお神輿は、ご出立(しゅったつ)済でした。。。

yobaru1.jpg

北のいちばん遠いところは、雨窪(あまくぼ)
南は、与原(よばる)かな? 尾倉(おぐら)かな?

くじ引きで決まっていたという組み合わせで、
突き当てが始まり、ドーンと衝突したあとは
紙吹雪がヒラヒラ舞うわ、白煙はモクモク上がるわ。
ドライアイスをこっそり仕込んでたんですかぁ。

yobaru2.jpg

苅カレOB会のメンバーも、各区の法被を着て大活躍していましたヨ。
夫の同級生も、あちこちにいるし。

年長者がいて、私たちの世代がいて、若い人たちと子どもたち。
「お祭りって、やっぱりいいなあ。」

お財布は置いて行ったので、
「今日のおみやげ」は数枚の写真と、
夫のカバンにくっついてきた2枚の紙吹雪でした。

あんなに暑かった夏も終わり、過ごしやすい気候となりました。


京築地方、週末ごとに各地でイベントやお祭りがあり、
とても全部にはいけない状況ですが、
ありがたいことにブログ仲間の記事や、
フェースブックのおともだちからの写真で
行った気になれてホクホク。


ギブアンドテイク、こちらからもお返ししなければ・・・ね(笑)


ukidono2.jpg

10月の第1日曜日と言えば・・・これは外せません。
【苅田山笠 神幸祭】

9月22日の深夜の鉦卸しから始まり
~ 連歌奉納祭 ~ 灯山 ~ 汐かき(幟山) ~ 神幸山(岩山)

今日10月5日(土)は夕方、JR苅田の駅前に数基の山が。
そして明日10月6日(日)は、苅田町役場の駐車場
(浮殿の地[神事場])に岩山が集合します。

浮殿神社の階段からだと、全体像がつかめますヨ。


今年は苅カレの同級生:田舎爺さんが当場なので、
詳しくレポートしてくれています。

鉦卸し(かねおろし)

資料によると室町時代から続く宇原神社のお祭りで、
大正時代の白黒の写真も残っています。
(苅田町合併50周年記念誌より)


ukidono1.jpg


気がかりなのは、今日と明日のお天気ですが、
「土砂降りでも強行」した年もありましたから、多分、大丈夫かと。

絵本 クーボウ うちゅうのねいろ

昨日1枚のチラシをいただきました。
NPOこころの声を伝えよう実行委員会の方からです。

kubou1.jpg


"ぼくはクーボウ 
 いつでも どこでも
 ぼくはいるよ・・・"

絵:つくも しんいち
文:やまもと まこと

「クーボウ」ってなんだろう、気になるなあ。

この絵本の完成披露ミニライブの案内でした。
10月20日(日曜日) 
①14:00~ と  ②17:00~ の二回。


下の方に予約票があり、そこにはこう書かれています。


◎全国の幼稚園・保育園ほか100ケ所に寄贈いたします。
 子どもたちの情操にお役立てください。

◎寄贈先のご紹介を承ります。
NPOまでお問い合わせください。

この本に触れた人みんなが幸せな気分になれますように。
                       by 剛のファン

kubou2.jpg

彼女とのご縁は、7月に行った映画の上映会
【INORI  ~サムシンググレートとの対話~】
この日のことも、映画のことも、ブログでレポート済みですね。

チケットの半券は、この日の記念にと、
帰りに買って帰った【アンコールまいにちドイツ語】の
テキストの「しおり」として使っています。

マルセイバターサンドの箱から切り抜いたものも、
しおりがわり。


これは北海道のお友達に、初めて宅急便で品物を送り、
お返しにといただいた記念だから、残しておきたくて。

どちらも、わたしにとっては大切なたからもの。


ふとした拍子に目に入るだけで、
あの時のやりとりを思い出し、
ふんわりと幸せな気分になれるアイテムです。

アレックス・カー氏の講演会で小倉に行った時に、
会場でいただいたので、ご紹介。

kaizoku1.jpg

第2回 神田紅独演会

創作講談「出光佐三物語」~門司から世界へ~

古典講談 女たちの忠臣蔵
     『南部坂雪の別れ』


平成25年11月21日(水曜日)
昼の部 14:00開演 (開場13:30)
夜の部 18:30開演 (開場18:00)

北九州芸術劇場 中劇場(リバーウォーク北九州6F)
全席自由 一般3,000円 学生1,500円

【海賊と呼ばれた男】出光佐三氏
"福岡県宗像市で生まれた出光佐三は、士魂商才(武士道的経営)を
貫き通した出光興産の創業者。

1911(明治44)年に門司で「出光商会」をスタート、
その人生が始まります。

日本、世界を舞台に生きた佐三の言葉は名言となり、
その生涯は多くの人々の心を捉えます。

「海賊とよばれた男」で更に日本中で注目される中、
今こそ、その志を伝えたい!"    
             ~パンフレットより引用~


kaizoku2.jpg


先週の日曜日に、京築フェスタが行われた「レトロ中央広場」の
近くには「出光美術館」があります。

このエリアで私が最近気になっているのが、「旧大連航路上屋」
「関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)」の
道を挟んで向かいにある建物。

このパンフレットにはGrand Open とあります。
回廊にはベンチが置かれ、海を眺めることができそうだし、
館内には<松永文庫展示室>も設置されているみたいです。

後期講座がスタートしたため、脱線してしまいましたが、
苅田まちづくりカレッジ、次回のご案内を・・・。

次回も、今回と同じ【公開講座】ですので、
どなたでも「事前申し込みなし」で、参加OKです。


平日の19時からなのですが、ご都合がつくようでしたら
苅田町中央公民館:第5研修室まで、お越しください。

10091.jpg


日時:平成25年10月9日(水曜日) 19時~約2時間
講師:苅田まちづくりカレッジ学長
演題:前期を終えてまちづくりについて語り合おう


在校生は、この春に入学して約半年。
数回の授業を受けてきました。

10092.jpg

「このあたりで学長・アドバイザー・苅カレOB・在校生で、
今までのことや、これからのことを考えよう」という内容です。


私たちの時は、入学式と卒業式の時しか、学長の話をきけなかったのに、
6期生、7期生の方たちがうらやましいな。

そうそう、林望名誉学長のブログが更新されてました。
あの次の日、京築地方のあちこちに出没なさっていたようですヨ。
もしかしたら、リンボウ先生を見かけた方、いらっしゃいますか?

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04