「出光佐三物語」~門司から世界へ~

アレックス・カー氏の講演会で小倉に行った時に、
会場でいただいたので、ご紹介。

kaizoku1.jpg

第2回 神田紅独演会

創作講談「出光佐三物語」~門司から世界へ~

古典講談 女たちの忠臣蔵
     『南部坂雪の別れ』


平成25年11月21日(水曜日)
昼の部 14:00開演 (開場13:30)
夜の部 18:30開演 (開場18:00)

北九州芸術劇場 中劇場(リバーウォーク北九州6F)
全席自由 一般3,000円 学生1,500円

【海賊と呼ばれた男】出光佐三氏
"福岡県宗像市で生まれた出光佐三は、士魂商才(武士道的経営)を
貫き通した出光興産の創業者。

1911(明治44)年に門司で「出光商会」をスタート、
その人生が始まります。

日本、世界を舞台に生きた佐三の言葉は名言となり、
その生涯は多くの人々の心を捉えます。

「海賊とよばれた男」で更に日本中で注目される中、
今こそ、その志を伝えたい!"    
             ~パンフレットより引用~


kaizoku2.jpg


先週の日曜日に、京築フェスタが行われた「レトロ中央広場」の
近くには「出光美術館」があります。

このエリアで私が最近気になっているのが、「旧大連航路上屋」
「関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)」の
道を挟んで向かいにある建物。

このパンフレットにはGrand Open とあります。
回廊にはベンチが置かれ、海を眺めることができそうだし、
館内には<松永文庫展示室>も設置されているみたいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/3148

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年10月 2日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次回のご案内」です。

次のブログ記事は「「クーボウ うちゅうのねいろ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04