「官兵衛、又兵衛、忠興と馬ケ岳城」

行橋市民大学の講座を受けさせてもらいました。

ご存知でしたか?
一般からでも受付で住所と名前を書き、
受講料(資料代)100円払うと参加できるんですヨ。

さすがに次回の「研修視察」にはついていけないけれど・・・。


umaga1.jpg

【歴史ロマン探訪講座】第2回目
講師は行橋市歴史資料館の山中英彦館長で、
講演のタイトルが「官兵衛、又兵衛、忠興と馬ケ岳城」だったのです。

名前だけしか出ていない三人のフルネームをここで確認しましょうか。

●官兵衛・・・黒田官兵衛

●又兵衛・・・後藤又兵衛

●忠興・・・細川忠興

この三人と、馬ケ岳
資料はA3サイズ4枚、写真も交えての約2時間の講義は、
「みっちり、どっしり、大満足」の内容でした。

umaga2.jpg


開講式の時よりも多かったような気がします。
150人以上はいますね。


終了後、本講座受講生のみの説明があった時は、
前の方の席が半分くらい埋まってた状態だったので、
うしろのほうの席の人たちは私と同じように
一般から聴講に来た方たちだったようです。


来年の大河ドラマでにわかにスポットを浴びている「馬ケ岳」
学生時代は田川線の車窓からいつも見ていた。

職場は勝山だったので、そっち方面からだと
本丸に隠れて二の丸の方が見えなかった。


とんがってる方が「二の丸」で、
平らな方が「本丸」で・・・。

同じくらいの高さに見えるけど、
本丸の方が10mくらい高いそうで、
その事実を今日初めて知ったという・・・(笑)


コスメイト行橋2階にある行橋市歴史資料館では、
来年の1月から1年間かけて、
展示物を時折入れ替えながらですが、
「軍師官兵衛」関連の常設展示を予定しているそうです。
そちらも楽しみ!!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikisaikan.info/mtos/mt-tb.cgi/3190

コメントする

このブログ記事について

このページは、剛のファンが2013年10月17日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第46回美夜古祭 (大学祭)」です。

次のブログ記事は「コスメイトで「パネル展」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04